医学科Medicine

医用工学

  • 2017.05.08 ホームページを更新しました
  • 石原教授が筆頭著者の発表“Possibility of transrectal photoacoustic imaging-guided biopsy for detection of prostate cancer”が、SPIE PHOTONICS WEST BIOS 2017において、SENO MEDICAL BEST PAPER AWARD FINALISTに選ばれました。

光技術の医療応用

  • 1. 光と生体の相互作用の利用(光音響イメージング研究)
  • 2. 光の波長特性を利用(治療)
  • 3. 光の波長特性を利用(診断)

再生医療のための医工連携研究

医療機器保守点検のガイドライン策定の普及に向けた諸課題の調査研究

【厚生労働科学研究費補助金(地域医療基盤開発推進研究事業) (H26-医療‐指定‐032)】
この研究では、全ての医療機関で使用できる医療機器の保守点検ガイドライン策定と、保守点検用教材を利用したガイドライン普及を研究目的としています。

  • これまでに、輸液ポンプの保守点検ガイドライン普及のための研修用教材を作成・公開しています。
  • さらに、総務省行政評価局から発表された「医療安全対策に関する行政評価・監視結果報告書(平成25年8月)」のうち、保守点検が必要と考えられる医療機器の中から喫緊にガイドラインの作成が必要な医療機器を選定し、各医療機器について関連学会の動向も含めて広範囲に調査を行い、安全使用に関するガイドライン(案)を作成・公開しています。

モットー

  • 1. 臨床に貢献する研究
  • 2. 世界に通じる研究
  • 3. 研究連携強化
第1学年 情報技術の様子

第1学年 情報技術の様子

医学科第1学年に対する情報技術、第3学年に対する機能医学系(医用工学)の講義および実習、ならびに看護学科における情報リテラシーを担当している。教育の目的は、高度な情報技術や医用技術・医療機器を臨床の現場で有効かつ安全に使用するための基礎知識を習得させ、併せて基盤となる診療科横断的な科学知識を身に付けさせることにある。医学教育モデル・コア・カリキュラムに従い、情報リテラシー、医療における安全性確保、コミュニケーションとチーム医療、課題探求・解決の基本事項について講義している。個体の構成と機能、電磁波・超音波に対する生体の反応について講義し、医療機器を用いた診断と治療について基本的診療知識を講義している。また、近年の医学研究の発展に合わせて再生医学、生体組織工学、遺伝子工学や光医学・光生物学などの最先端領域についても講義している。さらに、東海大学医学部外科学系整形外科学教授・佐藤正人先生(12期・非常勤講師)、防衛医科大学校防衛医学研究センター異常環境衛生研究部門教授・藤田真敬先生(13期)、陸上自衛隊幹部学校・中岸義典先生(17期・兼務講師)、自衛隊横須賀病院医局長兼内科長・北垣学先生(19期・兼務講師)や獨協医科大学基本医学情報教育部門教授・情報基盤センター長・坂田信裕先生(招聘講師)、防衛医科大学校病院医療情報部副部長・脇坂仁先生に講師を依頼し、高い専門性を持つ立場から先端的な医用工学・情報技術についての講義も行っている。
機能医学系(医用工学)実習では、実際に臨床現場で使用されている超音波診断装置、心電計、ペースメーカーや血流計などの医療機器を医学生のうちから積極的に使用し、適切な医療機器や医用材料を用いた確実性の高い診断と高精度の治療への意識を高く持つよう指導している。さらに、講座内で行っている最先端研究の一部を実習に取り入れ、医学生に対する生命医学研究マインドの醸成だけでなく、探求心と知的好奇心を持つよう指導している。

スタッフ

研究補助 兼 シニアアドバイザー

辻田 和宏

研究補助

谷川 待子
真弓 芳稲
濱  宗子

事務職員

田村 良子

医学研究科生

精  きぐな (産科婦人科学)
新地 祐介 (泌尿器科学)

競争的研究資金

研究成果公表サイト

厚生労働科学研究委託費「革新的がん医療実用化研究事業」(H26‐革新的がん‐一般‐114)における研究成果を公表しております。

2017年

2016年

  • K. Sei, M. Fujita, S. Okawa, T. Hirasawa, T. Kushibiki, H. Sasa, K. Furuya, M. Ishihara, “Appropriate timing of blood sampling for blood gas analysis in the ventilated rabbit,” Journal of Surgical Research, 206(2), 325-336 (2016)
  • 石原美弥, “生体組織を対象とした光音響イメージングの原理とその応用,” 応用物理, 85(3), 186-192 (2016).
  • A. Horiguchi, K. Tsujita, K. Irisawa, T. Kasamatsu, K. Hirota, M. Kawaguchi, M. Shinchi, K. Ito, T. Asano, H. Shinmoto, H. Tsuda, M. Ishihara, “A pilot study of photoacoustic imaging system for improved real-time visualization of neurovascular bundle during radical prostatectomy,” Prostate, 76(3), 307-315 (2016).
  • 櫛引俊宏, 大川晋平, 平沢 壮, 石原美弥, “オプトジェネティクスの医療応用,” 日本レーザー医学会誌, 36, 482-488 (2016).
  • M. Ishihara, A. Horiguchi, H. Shinmoto, H. Tsuda, K. Irisawa, T. Wada, T. Asano, “Comparison of transrectal photoacoustic, Doppler, and magnetic resonance imaging for prostate cancer detection,“ Proceedings of SPIE, 9708, 970852 (2016) (SENO MEDICAL BEST PAPER AWARD FINALIST).
  • T. Hirasawa, S. Okawa, R. J. Iwatate, M. Kamiya, Y. Urano, M. Ishihara, “Effect of reference spectra in spectral fitting to discriminate enzyme-activatable photoacoustic probe from intrinsic optical absorbers,” Proceedings of SPIE, 9708, 970834 (2016).
  • S. Okawa, T. Hirasawa, R. Sato, T. Kushibiki, M. Ishihara, T. Teranishi, “Effects of the optical properties of gold nanoparticls on photoacoustic signals,” Proceedings of SPIE, 9708, 970836 (2016).

2015年

  • T. Ukai, M. Sato, M. Ishihara, M. Yokoyama, T. Takagaki, G. Mitani, Y. Tani, T. Yamashita, Y. Imai, J. Mochida, “Usefulness of using laser-induced photoacoustic measurement and 3.0 Tesla MRI to assess knee cartilage damage: a comparison study,” Arthritis Research and Therapy, 17, 383 (2015).
  • T. Kushibiki, Y. Tu, A. Abu-Yousif, T. Hasan, “Photodynamic activation as a molecular switch to promote osteoblast cell differentiation via AP-1 activation,” Scientific Reports, 5, 13114 (2015).
  • T. Kushibiki, S. Okawa, T. Hirasawa, M. Ishihara, “Optogenetic control of insulin secretion by pancreatic beta-cells in vitro and in vivo,” Gene Therapy, 22, 553-559 (2015).
  • T. Kushibiki, T. Hirasawa, S. Okawa, M. Ishihara, “Low reactive level laser therapy for mesenchymal stromal cells therapies,” Stem Cells International, Article ID 974864 (2015).
  • 櫛引俊宏, “オプトジェネティクスを用いた膵beta細胞からのインスリン分泌制御,” 実験医学, 33, 3079-3083 (2015).
  • 櫛引俊宏, 大川晋平, 平沢 壮, 石原美弥, “オプトジェネティクスによる疾病治療への展望,” 光アライアンス, 26, 33-37 (2015).
  • 櫛引俊宏, “レーザー光が働きかける細胞機能,” 日本IVF学会誌, 18, 16-23 (2015).
  • T. Hirasawa, S. Okawa, M. Kamiya, Y. Urano, M. Ishihara, “Photoacoustic imaging of small organic molecule-based photoacoustic probe in subcutaneous tumor using P(VDF-TrFE) acoustic sensor,” Proceedings of SPIE, 9323, 93233C (2015).
  • S. Okawa, T. Hirasawa, T. Kushibiki, M. Ishihara, “Image reconstruction of the absorption coefficients with l1-norm minimization from photoacoustic measurements,” Quantitative Imaging in Medicine and Surgery, 5(1), 78-85 (2015).
  • S. Okawa, T. Hirasawa, T. Kushibiki, M. Ishihara, “Influence of the light propagation models on a linearized photoacoustic image reconstruction of the light absorption coefficient,” Proceedings of SPIE, 9323, 93231X (2015).

2014年

  • N. Otani, M. Ishihara, K. Nakai, M. Fujita, K. Wada, K. Mori, “Uncooled infrared camera for the noninvasive visualization of the vascular flow in an anastomotic vessel during neurological surgery: technical note,” Neurologia medico-chirurgica, 54(6), 502-506 (2014).
  • N. Otani, M. Ishihara, M. Fujita, K. Wada, K. Mori, “Noninvasive thermographic visualization of the extent of carotid plaque distribution during carotid endarterectomy using an uncooled infrared camera,” Surgical Neurology International, 5, 144 (2014).
  • T. Kushibiki, S. Okawa, T. Hirasawa, M. Ishihara, “Optogenetics: Novel tools for controlling mammalian cell functions with light,” International Journal of Photoenergy, Article ID 895039 (2014).
  • 櫛引俊宏, 平沢 壮, 大川晋平, 石原美弥, “低出力レーザーの生体作用,” 日本レーザー医学会誌, 34, 384-393 (2014).
  • 櫛引俊宏, 大川晋平, 平沢 壮, 石原美弥, “オプトジェネティクス(光遺伝学)による細胞機能制御,” 日本レーザー医学会誌, 34, 394-401 (2014).
  • T. Hirasawa, S. Okawa, M. Fujita, T. Kushibiki, M. Ishihara, “Quantification of optical attenuation coefficient based on continuous wavelet transform of photoacoustic signals measured by a focused broadband acoustic sensor,” Proceedings of SPIE, 8943, 89435Z (2014).
  • 大川晋平, 平沢 壮, 櫛引俊宏, 石原美弥, “光音響計測による生体内光学特性値分布の定量的イメージング,” 日本レーザー医学会誌, 35(2), 140-150 (2014).
  • S. Okawa, T. Ikehara, I. Oda, Y. Yamada, “Reconstruction of localized fluorescent target from multi-view continuous-wave surface images of small animal with lp sparsity regularization,” Biomedical Optics Express, 5(6), 1839-1860 (2014).
  • S. Okawa, T. Hirasawa, T. Kushibiki, M. Ishihara, “Reconstruction of the optical absorption coefficient from photoacoustic signals measured by scanning coaxial probe with regularization methods,” Proceedings of SPIE, 8943, 89433W (2014).

2013年

  • T. Kushibiki, T. Hirasawa, S. Okawa, M. Ishihara, “Responses of cancer cells induced by photodynamic therapy,” Journal of Healthcare Engineering, 4, 87-108 (2013).
  • T. Kushibiki, T. Hirasawa, S. Okawa, M. Ishihara, “Regulation of miRNA expression by low-level laser therapy (LLLT) and photodynamic therapy (PDT),” International Journal of Molecular Sciences, 14, 13542-13558 (2013).
  • T. Kushibiki, T. Hirasawa, S. Okawa, M. Ishihara, “Blue laser irradiation generates intracellular reactive oxygen species in various types of cells,” Photomedicine and Laser Surgery, 31, 95-104 (2013).
  • T. Kushibiki, T. Hirasawa, S. Okawa, M. Ishihara, “Immunological aspects of photodynamic therapy,” Trends in Photochemistry and Photobiology, 15, 1-16 (2013).
  • T. Kushibiki, M. Ishihara, “Photoacoustic imaging for cancer diagnosis,” Journal of Analytical Oncology, 2, 81-97 (2013).
  • 櫛引俊宏, 石原美弥, “細胞観察のための光音響イメージング顕微鏡,” 日本レーザー医学会誌, 33, 392-398 (2013).
  • 櫛引俊宏, 石原美弥, “癌診断のための光音響イメージング技術,” レーザー研究, 41, 606-612 (2013).
  • T. Hirasawa, M. Fujita, S. Okawa, T. Kushibiki, M. Ishihara, “Quantification of effective attenuation coefficients using continuous wavelet transform of photoacoustic signals,” Applied Optics, 52, 8562-8571 (2013).
  • T. Hirasawa, M. Fujita, S. Okawa, T. Kushibiki, M. Ishihara, “Improvement in quantifying optical absorption coefficients based on continuous wavelet-transform by correcting distortions in temporal photoacoustic waveforms,” Proceedings of SPIE, 8581, 85814J (2013).
  • S. Okawa, T. Hirasawa, T. Kushibiki, M. Ishihara, “Numerical evaluation of linearized image reconstruction based on finite element method for biomedical photoacoustic imaging,” Optical Review, 20(5), 442-451 (2013).
  • S. Okawa, T. Hirasawa, T. Kushibiki, M. Ishihara, “Reconstruction of the optical properties of inhomogeneous medium from photoacoustic signal with lp sparsity regularization,” Proceedings of SPIE, 8581, 858135 (2013).

2012年

  • 櫛引俊宏, 平沢 壮, 大川晋平, 石原美弥, “低出力レーザーにより引き起こされる生体作用,” 防衛医科大学校雑誌, 37, 267-279 (2012).
  • T. Hirasawa, M. Ishihara, K. Tsujita, K. Hirota, K. Irisawa, M. Kitagaki, M. Fujita, M. Kikuchi, “Continuous wavelet-transform analysis of photoacoustic signal waveform to determine optical absorption coefficient,” Proceedings of SPIE, 8223, 822333 (2012).
  • S. Okawa, Y. Endo, Y. Hoshi, Y. Yamada, “Reduction of Poisson noise in measured time-resolved data for time-domain diffuse optical tomography,” Medical and Biological Engineering and Computing, 50(1), 69-78 (2012).
PAGE TOP
防衛医科大学校病院 防衛医学研究センター English