医学科Medicine

泌尿器科学

沿革

昭和52年7月泌尿器科学講座が開設され、同年12月病院泌尿器科が開設され、中村宏先生が初代教授・診療部長兼任で赴任された。その後平成10年4月からは早川正道先生、平成20年4月からは浅野友彦先生が教授と診療部長兼任で着任し、現在に至っている。スタッフの移動としては、宮嶋哲助教は慶應義塾大学病院泌尿器科講師、瀬田香織助教は輸血血液浄化療法部助教、木村文宏講師は西埼玉中央病院泌尿器科部長、住友誠准教授は愛知医科大学泌尿器科学講座に教授として転出している。現在のスタッフは、以下伊藤敬一准教授、瀬口健至講師、堀口明男講師、朝隈純一講師、佐藤全伯指定講師、黒田健司指定講師、田崎新資助教からなっている。

教育の概要

平成18年度からカリキュラムの改訂があり、腎臓内科、小児科、薬理学講座、生理学講座、病理学講座、放射線科学講座、輸血血液浄化療法部とともに腎・尿路系の講義を行っている。平成24年度からは、自衛隊所属の卒業生にも兼務講師として医学科の講義をお願いしている。講義は、コア・カリキュラムに従って行っているが、特に泌尿器科領域のcommon diseaseである尿路結石症、前立腺肥大症、排尿障害について重点を置いて教育を行っている。また、緊急対応が必要な精巣捻転症、結石による疝痛発作、重症尿路感染症に関しては、迅速に診断を行い、正しく処置が行える、あるいは直ちに泌尿器科にコンサルトをするべきかを判断できるようになることを目標としている。現在の研修システムにおいては、BSLでしか泌尿器科疾患を経験する機会がないので、学生に積極的に診療に参加させ、スタッフ、専修医がマンツーマンで指導に当たっている。卒後教育では、原則としてほとんどの手術で専修医が術者を担当し、なるべく多くの手術症例を経験ができるようにしている。また、当院では経験できないような症例も経験できるように、西埼玉中央病院、埼玉医大国際医療センター、栃木県立がんセンター、(旧)清瀬小児病院において部外研修を行っている。

研究の要約

腎細胞癌の病理組織型は淡明細胞癌が最も多いが、非淡明細胞癌(乳頭状、嫌色素性)も約15%程度存在する。しかしながら、症例数が少なく、転移を有する非淡明型腎細胞癌に対する治療法に関する十分なエビデンスに乏しい。防衛医科大学校泌尿器科学講座が主任研究者として多施設共同研究を行い、まず全国から病理スライドを集めてcentral pathologist により病理組織学的診断を確定するところから研究を進めている。非淡明細胞癌として病理組織学的診断を受けた症例の中には、他の病理組織診断に覆る症例もあり、今後新たな問題点が浮き彫りになる可能性が出てきている。
先進医療として腎細胞癌に対するラジオ波焼灼療法を行っているが、時に不完全焼灼により局所再発がみられることがあるため、マウス皮下腫瘍モデルを用いてそのメカニズムの解明と焼灼効果を高める方法について検討を行っている。
メタボリック症候群では、レプチンやアディポネクチンなどのアディポサイトカインの分泌異常が見られるが、肥満と関連性の高い腎細胞癌患者において検討を加えた結果、血清レプチン濃度の高い患者では静脈内浸潤をきたす傾向が強く、血清アディポネクチン濃度が低い患者では遠隔転移をきたしやすいことを示した。また、前立腺癌、尿路上皮癌組織において脂肪酸合成酵素の発現を免疫組織学的に検討した結果、脂肪酸合成酵素を高発現しているものは悪性度が高いことが明らかになった。
小胞体ストレス誘導、蛋白ユビキチン化、ヒストンアセチル化という新しい視点からの癌に対する新規治療法に精力的に取り組んでおり、HDAC阻害薬とプロテアーゼ阻害薬との組み合わせで著明な抗腫瘍効果が得られることが明らかとなり、現在臨床応用の道を模索している
ラットの水腎症モデルを用いて閉塞性腎症における尿細管細胞のアポトーシス、間質の線維化が起こるメカニズムの解明とその治療薬の開発を行っている。
医用工学講座と共同で、再生医療の一環として、患者から採取した少量の頬粘膜から尿道粘膜組織を再生し、患者の尿道再建術に用いるプロジェクトが進行中である。
また、スタッフ、研究科学生が、米国ニューヨークのコーネル大学や独国デュッセルドルフのハインリッヒ・ハイネ大学に留学し、新たな知見や実験手技などを取得して帰国してきている。

PAGE TOP
防衛医科大学校病院 防衛医学研究センター English