看護学科Nursing

成人看護学

沿革

成人講座 前列左から椙田、村田、伴、永井   後列左から小林、大和、髙橋、若林、村上

 成人看護学講座は、村田洋章教授、伴佳子准教授、永井菜穂子講師、椙田広明学内講師、高橋はるな助教、大和広美助教、若林千春助教、村上希助教、小林成光助教の9名の教官で構成されています。
 医療のグローバル化、超高齢社会、医療のIT化と、看護を取り巻く環境はダイナミックに変化を続けています。そのため、成人看護学分野では臨床現場の最新の知識・技術を教育に反映すべく、防衛医科大学校病院看護部と協働し、より質の高い看護実践、教育、研究の連携に取り組んでいます。

教育の概要

 成人看護学を通じ、学生は社会を支える世代である成人期(15-64歳)にあたる人々の、健康生活を支援する看護援助のあり方と実際を学びます。看護学教育の中で最も実習時間数の多い、看護学教育の柱となる領域です。
 1年次には、「成人看護学概論」で成人期の発達段階や発達課題、社会を支える世代のヘルスプロモーション活動、基礎看護学を展開させた学問としての位置づけを学びます。
 2年次には、「成人看護援助論Ⅰ」で、健康が危機的状態に陥っている患者・家族への看護支援や、慢性疾患と共生する必要のある患者・家族への看護支援を代表的な疾患を通して学んでいきます。「成人看護援助論Ⅱ」では、理論や知識を実習あるいは臨床現場でスムーズに活用できるようリアリティな事例を通して看護アセスメント能力や計画立案力を学生自らがアクティブに能力を向上させ、基礎看護学領域で学んだ看護技術を患者・家族の状況に合わせ活用できることを目指します。
 3年次では、防衛医科大学校病院や自衛隊中央病院等に入院されている患者さんを対象に「成人看護学実習(約6週間)」で、今までの学びを実際の臨床現場で統合していきます。また、「緩和ケア論」等の選択科目で、希望者にはさらに学びを深めることができる体制を整えています。
 特に3年時の病院実習は、本大学校の関連病院である防衛医科大学校病院及び自衛隊中央病院の病棟において少人数グループ制で行い、臨床指導者と教員によるきめ細やかな指導を受けることができる環境下にあります。実習中の学生支援方針は「経験型実習教育」を導入し、ヒューマンケアリングが実践できる学生の育成を目指しています。「経験型実習教育」とは、双方向の成長を目指す実習教育の方法論で、学習者自らが意味づける「経験」は、専門職がそのキャリアを通じて成長し続ける土台になるものです。今まで学習した理論と知識を統合し、患者さんの個別性に合わせたケアを提供できる知力と技術を備えた人材の育成を目標に、看護部の臨床指導者と密な協力体制を構築しています。

研究の要約

 村田教授は、人工呼吸器装着患者さんの安楽な看護ケアに関する研究、術前ストレス対処力と術後せん妄との関連検証研究、せん妄アセスメントツールの日本語版の信頼性・妥当性の検証等を中心に行っています。また、最近は、日本の集中治療領域に入室されている患者さんの睡眠状況を把握するための質問紙(質問紙:5問のVisual Analogue Scale) の信頼性・妥当性の検証を行っています。Bedsideで日々奮闘されている看護師のケアをどうにか可視化したいと考え研究しています。
 伴准教授は、がん看護専門看護師としての知識と経験を踏まえ、がん患者・家族のQOLの向上に関する研究を行っています。文部科学省の基盤研究(C)の代表研究者として、一般病院看護師による終末期がん患者の治療選択・療養場所選択の支援やスピリチュアルケアなどの実践を推進するシステムの構築を目指しています。
 永井講師は、健康支援・看護教育に関する研究を専門としています。現在、文部科学省の若手研究(B)の研究者として、子育てと介護のダブルケアをしている看護師の健康に関する研究に意欲的に取り組んでいます。また、基盤研究(C)の共同研究者として「妥当性および信頼性の高い看護技術演習ルーブリックの特徴分析」の研究も行っています。
 椙田学内講師は防衛医科大学校病院血液浄化療法部と連携し、血液透析導入目的で入院する患者が退院後に安定した透析生活が送れるための導入教育として、身体組成分析などのデータを活用し医療者と共同目標を持つことの有効性について検証する研究を文部科学省の基盤研究(C)の代表研究者として推進しています。
 高橋助教は、伴准教授の基盤研究(C)の分担者として活動しています。
 大和助教は、看護教育に関する研究を行っています。さらに現在、「妥当性および信頼性の高い看護技術演習ルーブリックの特徴分析」文部科学省の基盤研究(C)の共同研究者として、看護教育研究に取り組んでいます。
 若林助教は、単身赴任者に対する職場のソーシャル・サポート、生活習慣病予防に関する研究に取り組んでいます。
 村上助教は、慢性腎臓病患者の看護に関する研究を行っています。
小林助教は、がん看護専門看護師であり、がん患者の仕事や経済的問題を含む社会的苦痛への支援プログラムの開発や、終末期がん患者の症状マネジメントや看護支援に関する研究を行っています。文部科学省の若手研究の代表研究者、基盤研究(C)の共同研究者として研究を行っています。

PAGE TOP
防衛医科大学校病院 防衛医学研究センター English