医学科Medicine

産科婦人科学

沿革

加藤宏一教授、小林充尚教授

本講座の始まりは、初代教授の加藤先生が本校に着任された昭和49年4月とされており、当初は加藤先生と、同じ千葉大学出身で後の分娩部教授の小林充尚先生(当時助教授)、助手の牧村紀子先生(後に講師、日大薬学科)の3名が発足時のスタッフであった。当時はまだ教官棟・病院等が建設中であり、病院が正式に開院したのが、昭和53年12月と記録されている。これに前後する形で、新たに永田一郎先生(当時講師、後の2代教授、千葉大)、関 克義先生(講師、、後に千葉大学教授、千葉大)石田雅巳先生(講師、日本医大)、黒田浩一先生(後に分娩部講師、東京医歯大)が着任され、続いて助手として中島先生(東京医歯大)須永 光先生(日本医大、後に海上自衛隊医官)、高橋興一先生(杏林大)が加わっている。昭和54年6月以降には、上里忠司先生(助手、現在愛和病院長、岩手医大)、百瀬(助手、埼玉医大)と小職(順天堂大)が入局している。昭和55年4月には、全国国立大学附属病院で最初の分娩部が設立され、小林教授、黒田講師が就任された。さらに翌年以降は、菊池義公先生(講師、その後3代教授、千葉大)、故木澤 功先生(助手、後に講師、千葉大)、大森景文先生(助手、千葉大)の先生方などが加わり、短期間の間に充実した臨床講座の陣容となった。また技官として平田純子先生(現指定講師、東邦大薬学部)と三井千栄子先生(昭和大薬学部)が着任するなど、医局の方々は幅広い世代であったが、医師たる幹部自衛官(自衛隊医官)を育成するという明確な目標に対し、非常に新鮮かつ大きなやりがいを感じ、皆仲が良く、活気に満ちた医局であったと記憶している。当時、年間分娩数が1,000件を超える年もあって、非常に多忙であったが、研究面では、(1)分娩発来機序の分子機構、(2)卵巣癌の新規治療戦略、(3)臨床超音波診断、などの分野が大きく進展した。また市川秀志先生(千葉大)が短期間入局した。

加藤宏一教授

加藤宏一教授

産科婦人科学講座 開講10周年記念

産科婦人科学講座 開講10周年記念

永田一郎教授

永田教授が在籍ざれたこの期間は、本講座の診療・研究・教育が大きく飛躍した時期であった。臨床では、(1)産婦人科手術の定型化、(2)体外受精・胚移植(IVF-ET)の開始、(3)腹腔鏡下手術の導入、(4)卵巣癌治療の個別化と基礎研究、(5)性器脱の病態と手術など、産婦人科領域のほとんどの分野を含み、各医局員がそれぞれの分野で成果をあげた。手術では広汎子宮全摘術や帝王切開などの開腹手術における「腹膜無縫合」術式の安全性と汎用性を本邦で確立した業績は特記される。当時学会等ではやや批判的な意見もあったが、その後多くの施設による追試がなされ、今日では広く普及している。研究では、成熟女性のQOLを低下させる「子宮内膜症の発症機序」をテーマの一つとして検討を進めた結果、IVF-ETの成果や腹腔鏡下手術の向上とともに、本疾患の背景には生殖免疫学という新たな研究分野が広がるに到った。この間、産科婦人科および分娩部の医局では、数名の退職者に代って若手医師として豊泉 長先生(助手、埼玉医大)、高野政志先生(現講師、次期病院腫瘍化学療法部長、新潟大)、松田秀雄先生(講師、現開業、山形大)、田中壮一郎先生(助教、現開業、独協医大)が入局するとともに,初めてのUC転官として分娩部に喜多恒和先生(4期、現奈良県立病院部長)、笹 秀典先生(6期、現准教授)が着任した。初代研究科(大学院)では4期の石川尚顕・今泉英司の両先生が来られ、以後毎年のように卒業生が研究を開始し、医局員の世代交代とともに、お互い切磋琢磨する活発な医局になった。またこの時期に、防衛医大で最初のIVF-ETによる妊娠・分娩が成功し、以後の先端生殖医療の研究に貢献した。これは牧村・片山(非常勤講師)・小職・三井のスタッフとともに、研究科(水本賀文・徳岡 晋・村上充剛の先生方)の協力の成果であった。婦人科腫瘍の研究では、戸出健彦先生(講師、現他勤務、千葉大)が入局され、スタッフと研究科(石井賢治・工藤一弥・藤井和之の先生方)の協力により、特に卵巣癌の基礎研究で大きな成果を挙げた。一方、小林教授の分娩部では、最新の超音波診断による周産期のME研究がスタッフと研究科(吉田 純先生など)によって活発に展開された。また武藤伸二郎先生(講師、現他勤務、岩手医大)が着任された。講座における学会開催では永田教授がエンドメトリオ-シス研究会、日本産婦人科手術学会、第100回日産婦関東連合学会(関東連合)などの多くの学術集会を主催した。特にミレニウム(2000年)の第100回関東連合は20世紀の総括と21世紀への期待を込めた学会として今でも多くの先生方の記憶に残っている。

永田一郎教授

永田一郎教授

永田一郎教授退官記念誌

小林充尚教授

菊池義公教授

菊池教授のご専門は婦人科腫瘍学であり、就任後もこの方面の更なる充実を計られたが、他方では埼玉県西部地区における地域医療ニーズを踏まえて周産期医療の充実と院内の改革を実行された。それまで院内では、未熟児室(準NICU)を含む小児科病棟は6階、分娩室を含む産科病棟は4階と分かれており、リスクのある新生児の管理に支障をきたしていた。そこで産科病棟の新生児室を2つに分け、一方を人工呼吸器の管理も可能な設備を置いて未熟児室を整備した。この改革によって人工呼吸器を必要とするハイリスク新生児等も正常新生児もともに一元的に運営することができるようになった。またUC転官で工藤一弥先生(9期、現他勤務)が着任し、研究科には佐々木直樹・川上裕一の先生が来られた。一方がん治療に関しては、より優れた化学慮療法の確立を目指す「多施設臨床研究」が活発になり、当科もJCOG・JGOG等の研究グループに積極的に参加した。

菊池義公教授

菊池義公教授退官記念誌

菊池義公教授退官記念誌

古谷健一教授

1 沖縄県立北部病院への医師派遣(平成18年5月~平成19年3月)
平成16年前後から、新臨床研修医制度の影響もあって全国の特に公立病院における産婦人科医の不足が顕著になり、多くの自治体病院で産婦人科が休診に追い込まれる事態になっていた。そうした中、沖縄県名護市にある県立北部病院で産婦人科医が全員退職した結果、年間約1,000件の分娩がある県北部の中核病院の支援に防衛医大から約1年間を通じて1名の産婦人科師を交代で派遣した案件である。事の経緯は多分に政治的な背景もあり、詳細は述べないが、実際に名護市を訪れてみると、病院には小児科医とともに立派なNICUがありながら、分娩中止によって稼働しておらず、当時の知事とお話する中でも触れた「地域医療における産婦人科医の重要性」を再確認することができた。また学校長・副校長をはじめ、内局や沖縄防衛局の多くの方々に大変お世話になったが、特に当時の早川副校長および原衛生官のお2人が現地の琉球大学や県立病院へのご挨拶の際にご一緒いただいたことは深く感謝している。一方、実際に派遣された一人の医師ができることには限りがあったが、院内や地域からの産婦人科コンサルトと、派遣医師が講師以上のスペシャリストであったことから、病院内外での講演会・教育セミナー等を通じて専門性高い医学・医療情報をお話させていただき、多少なりともお役に立てたのではないかと自負している。そして何よりも貴重であったことは、沖縄地元の方と医療を通じて交流する機会を得られたことと共に、このミッション終了後、各方面から高いご評価を賜り、防衛省・自衛隊の一員として任務を果たすことができた事と感じている。

2 福島県竹田総合病院への医官派遣(会津若松市:平成20年4月~6月)
前述の沖縄派遣が終了した翌年、今度は福島県の周産期医療の困難な状況から、会津若松市にある地域周産期センターの総合病院に産婦人科専修医を1名派遣することになった。これは前述の臨床研究制度の変化に加えて、ある福島県立病院で生じたハリリスク妊婦の死亡案件に伴う周産期医療の危機的状況が背景にあった。事前に訪問した施設では、年間約1,000件の分娩を扱いながら、人員不足にあって広い福島県内の西部を担当する基幹病院としての役割が困難な状況であり、派遣は大変喜ばれた。この様に、防衛医大産科婦人科からの2度の医師派遣という支援活動は、今日の東日本大震災後の東北地域への支援活動の「魁(さきがけ)」として、関連学会をはじめ多くの産婦人科医から高く評価されており、防衛省・自衛隊に属する防衛医大の一つの役割を果たした事案として、講座の記憶に留めたいと考えている。

3 分娩部の廃止
昭和55年に初代小林充尚教授によってスタートした病院分娩部は、当時の黒田講師、武藤講師、喜多助手、笹助手のスタッフによって一時は分娩数1,000件を超えていたが、医療環境の変化に伴い平成19年に廃止となった。これは菊池教授の時代に決定されていたようで、今日の周産期医療の厳しい現状をみると現在も継続していればと誠に残念な気持ちである。

4 UC転官および卒業生による講座スタッフの充実
前述した様に、永田教授時代および小林教授時代に、喜多先生(4期)および笹先生(6期)がUC転官で分娩部スタッフとして着任した。喜多先生は婦人科腫瘍学を、笹先生は超音波診断学と細胞診を専門として、診療・研究・教育に尽力され、多くの後輩卒業生が産婦人科を専攻することに貢献された。菊池教授時代には工藤先生(9期)がUC転官し、婦人科腫瘍部門の充実が図られた。古谷の教授就任後は、婦人科腫瘍を専門とする佐々木先生(17期)および宮本守員先生(27期)がスタッフとして着任し、若手医師への教育・研究に貢献している。また一時期外部に転出されて再び講座の講師として着任された防衛医大OBの吉田 純先生(10期:周産期医学・超音波診断学)と後藤友子先生(15期:婦人科腫瘍学)を含めると、現在の産科婦人科学講座は、古谷と高野先生以外のスタッフはすべて防衛医大OBとなっており、今後は卒業生の役割が非常に重要となっている。

5 学会開催とその意義
これまでに下記に示す5件の全国的な学術集会を当講座が主催して開催した。現在さらに2015年3月に開催予定の学会1件も誠意準備している。これら学術集会の名称と内容をみると、婦人科手術関係(腹腔鏡下手術および女性骨盤底手術)、女性心身医学、周産期・新生児医学、栄養代謝、乳腺疾患、と開催学会が幅広い学術領域に及んでいることがわかる。これには古谷が日頃より意識して若手医師に望んでいる「幅広い産婦人科医療に邁進して欲しい」という願いが込められている。その背景としては、全国的な産婦人科医の減少と医師偏在・医療格差が認められている現在、防衛医大の卒業生は、災害医療を含めて専門性を生かしながらも複数のsub-specialty分野における活躍を大いに期待されているからに他ならない。実際、古谷は産婦人科医として基本である日本産科婦人科学会認定の産婦人科専門医の他に、①婦人科腫瘍、②周産期、③生殖医学の3大領域の専門医資格を有し、さらに包括的ながん治療・内視鏡手術技術認定・女性心身医療の専門医資格も保持している。これは防衛医大の施設認定条件としても重要であると共に、若手医師にも少なくとも複数の専門医の取得を望んでいる。こうした意見は今日やや否定的な傾向もあるが、分かりやすい例としては、国際語として「英語」を学習することは当然であるが、世界中どこでも英語で通用するとは限らない。いわゆる従来のドイツ語・フランス語等の「第2外国語・第3外国語」の位置付である。従って、産婦人科を中心としながらも幅広い領域の学術集会を今後も開催したいと考えている。各学会の詳しいプログラムはすべてWeb上で閲覧可能となっているので、ご関心のある方はご供覧いただきたい。

a. 第17回 吊り上げ手術研究会:平成18年5月26日 、大宮ソニックシティー
腹腔鏡下手術における術野の確保には、①気腹法(腹腔内に二酸化炭素ガスを注入する)と②腹壁吊り上げ法(器具を用いて腹壁を拳上)があり、①は簡便ながら皮下気腫・気体塞栓症などのリスクがあり、後者の視野はやや不利ながら安全性は高いとされている。本研究会の会員の約70%は消化器外科医であるが、麻酔科と共同で研究した麻酔下における両者の循環・呼吸機能からの検討結果を会長講演として発表し、好評を得た。

b. 第12回 日本女性骨盤底医学会:平成22年5月29~30日、大宮ソニックシティー
近年、高齢者社会を迎え、中高年女性に多い子宮脱等の骨盤内臓脱(Pelvic Organ Prolapse:POP)や排尿障害に対する社会的関心が高まっている。このような分野は産婦人科・泌尿器科と一部の骨盤外科が協力する必要があり、欧米では既に独立した診療科に発展し、30年以上の歴史があるが、本邦での認知性は十分とは言えない。そこで本学会では米国から本分野の次世代リーダーである2名の友人を招聘した。1名はShobeiri准教授(Oklahoma大)、もう一人は日系3系のDouglas Miyazaki部長(Forsyth Medical Center、North Carolina)である。Shobeiri氏は日本滞在の経歴から日本語が堪能であり、D.Miyazaki氏とは以前米国の学会で知己得た。実はD.Miyazaki氏のご尊父のFled Miyazaki先生(米国POP治療のパイオニアの一人、Miya-hook考案者)は、米国婦人科手術学会(SGS)名誉会員である永田先生と旧知の間柄であることも偶然判明し、そのご縁に感謝している。

c. 第39回 日本女性心身医学会:平成22年8月6~7日、大宮ソニックシティー
小職は以前より分娩発来機序や卵巣黄体に深く関与する視床下部ホルモンの「Oxytocin(OT)」に関心を寄せ、OTおよびOT受容体(OTR)遺伝子発現機構の研究を行っていたが、同じ中枢神経系ではあるが精神医学や臨床心理に関する知識は乏しかった。ところが最近、OTやOTRのノックアウトマウスの研究から、OTは単に妊娠・分娩を含む生殖内分泌学とは別に、母性行動や集団生活能力、さらには最近注目されるAD/HD(多動症等)や自閉症との密接な関連性が示唆されるようになってきた。そこで本学会では、OTと並んで重要な視床下部ホルモンであるArg-Vasopressin(AVP)の専門家であり、OT-AVP系のノックアウトマウスの研究の第一人者である尾仲達史教授(自治医大生理学)に特別講演をご依頼し、最新の分子生物学研究と精神医学との接点をお話しいただき、会員一同深い感銘を受けた。尾仲教授とは、偶然であるが「Oxytocin:Cellular and Molecular Approaches in Medicine and Research、Plenum Press、1995」にそれぞれ著者として執筆していることを会の直前に知り、お互いにご縁深いと感じた。また教育講演として野村總一郎病院長、招聘講演として伊藤裕久教授(横浜商科大)にそれぞれご講演いただいきた。

d. 第22回 腎と妊娠研究会:平成24年2月25日、東京国際交流館・プラザ平成
主として妊娠高血圧症候群(PIH)の病態生理を産婦人科と腎臓内科が交互に会長を務める研究会で、規模は小さいながら内容的には専門性が非常に高いのが特徴である。PIHの原因の一部にはFlt-1等の可溶性サイトカイン受容体との関連性が示唆されているが、不詳の点も多い。そうした観点から、本会の特別講演には、人為的に標的抗原に対する抗体産生を調整して、可溶性受容体を網羅的に検出する手法「EXPOCシステム:液性因子の高効率生体内機能解析法」を開発した、協和発酵キリン(株)研究本部バイオ医薬研究所の大島 毅先生に、特許が関係する中での微妙な時期に講演をいただいた。従って、講演内容のコピーはおろか質疑応答も後見室での討論も会社から許可されないというデリケートな内容ながら、大学とはレベルの違いを感じさせる企業研究に触れる貴重な機会として、参加者からは極めて高いご評価をいただいいた。一般には秘匿されている内容を小職が知るに到った経緯は、これも偶然ながら、経産省主導でクローズ形式のNEDO/JBiCプロジェクト全体会議の席であった。本プロジェクトに数年前から防衛医大産婦人科が参画していたことから(全国で参加できる産婦人科は2大学のみ)、この画期的成果に触れ、その場で講演をご依頼した。現在、本システムは特許を取得され、今後はこれまで原因不詳であった多くの可溶性受容体が関与する慢性炎症疾患や難治性疾患の診断と治療に大きく貢献するものと感じており、良い機会に学術集会を担当できたと感じている。

e. 第37回日本産科婦人科栄養・代謝研究会:平成25年8月29~30日、大宮ソニックシティー
本会は女性の栄養・代謝研究を中心に運営され、産婦人科領域でも長い歴史を誇り内容も専門性が高く海外からの参加者もいる学術集会である。今回はテーマを「鉄(Fe):Feの起源と代謝をめぐる新展開」とした。鉄(Fe)はありふれた素材で「妊婦貧血」等のイメージから「何を今さら」といった印象だが、良く考えてみると、Feは生体の弱アルカリ性の環境下ではFe2+とFe3+との間で電子を容易に受け渡すという性質から「酸化還元反応」を触媒する際に重要な性質を有しており、多くの生物種は地球に豊富に存在するFeを上手に利用して進化したとされている。またFeは大気中の酸素(O2)と反応して産生されるフリーラジカルは、遺伝子・タンパク質などに障害を与えるという細胞毒性も有しており、この有用性と有害性のバランスを正確に調整する必要性があり、最近ではFe代謝をめぐる新規遺伝子(Hepcidin 、Hephaestin、Ferroportin-1、Hemojyuvelin等))が発見されている。ところで、2010年小惑星探査機「HAYABUSA」がITOKAWAから持ち帰ったサンプルの解析結果が2011年Science誌に掲載され、私たちの体内に当たり前の様に存在するFeという元素は、実は地球に存在する経緯を含め、その起源は太陽系を含む壮大な歴史を考えなければならないことを示唆している。こうした観点から、特別講演として宮本英昭先生(東京大学准教授:固体惑星科学)に「鉄-138億年の宇宙誌」というタイトルでご講演をいただいた。宮本先生はHAYABUSAの画像処理班に関係し、宇宙におけるFeの元素としての意義と生命誕生との関連を、大変貴重で大きな「イリジウム含有隕石」を持参されて講演し、多くの参加者からは驚きの声が上がった。またFe代謝の新規調節因子Hepcidinについて素晴らしい業績をあげられている川端 浩先生(京都大学大学院、血液・腫瘍内科学講師)に、「新規Fe代謝因子の研究と今後の展開」としてご講演をいただいた。この様に、「鉄(Fe)代謝」という一見地味なテーマであったが、「宇宙論から遺伝子までを巻き込む、きわめて壮大な姿」が垣間見え、今後の栄養・代謝研究の研究について大きな知的好奇心を刺激された学術集会となった。

f. 第21回日本産婦人科乳腺医学会:平成27年3月1日、東京大学伊藤国際学術研究センター
最近、女性における乳癌罹患率は上昇し、成人の5大癌にも含まれている一方、乳癌スクリーニングや術後ホホルモン療法中の対応には婦人科的なアプローチを含めて、乳癌治療における産婦人科医の役割も期待させている。従って、治療の中心は乳腺外科であるが、本会では化学療法・卵巣癌との関連性や骨転移における対応など、多くの診療科が連携する「チーム医療」をテーマのコンセプトとした。特別講演には渡辺慎哉教授(NEDO/JBiCプロジェクトリーダー・福島医大教授)に難治性乳癌の新規分子マーカーに関してご講演をお願いしており、その内容が期待される。また教育講演として本学病態病理学講座の津田 均教授にお話を伺う予定である。


6 他の大学および医療施設における卒業生の活躍
本校の卒業生はとても優秀かつ勤勉であり、種々の事情によって防衛医大や自衛隊を離れた後も講座として交流と親睦を重ねている。小職はそのすべてを十分に把握しているとは言えないが、今回は全国の大学・病院勤務等で活躍している1期~24期までの主な諸氏を記述したい(敬称略)。

a. 横山康宏(3期):元岐阜大学准教授、現岐阜県立総合医療センター産婦人科部長
b. 喜多恒和(4期):元帝京大学准教授、現奈良県立病院産婦人科部長
c. 今泉英司(4期):愛和病院副院長(川越市)
d. 壽円裕康(4期):杉山病院産婦人科医長(東京)
e. 小林久晃(5期):国立病院機構・西埼玉中央病院産科部長
f. 石井賢治(8期):国立病院機構・西埼玉中央病院婦人科部長
g. 星原孝幸(8期):人吉総合病院産婦人科医長(熊本県)
h. 工藤一弥(9期):北多摩総合医療センター婦人科部長
i. 小松要介(10期):米国Grifols Inc.部長 (North Carolina, USA)
j. 片岡良孝(11期):国立病院機構・西埼玉中央病院婦人科医長
k. 鍔本浩志(11期):兵庫医科大学産婦人科講師
l. 村山敬彦(14期):埼玉医大総合医療センター産婦人科講師
m. 山中郁仁(14期):小樽協会病院産婦人科部長
n. 中田英之(16期):練馬総合病院産婦人科医長
o. 濱田佳伸(16期):獨協医科大学越谷病院産婦人科講師
p. 藤井和之(16期):瀬戸病院産婦人科医長
q. 斎藤恵子(18期):国立病院機構・西埼玉中央病院婦人科医長
r. 今井加納子(19期):入間ハート病院
s. 岡本三四郎(20期):癌研有明病院婦人科腫瘍科
t. 坂口健一郎(20期):聖マリアンナ医科大学産婦人科助教
u. 吉田昌史(22期):国立循環器病センター周産期部門
v. 長谷川ゆり(22期):長崎大学医学部産婦人科学助教(医局長)
w. 田中雅子(22期):大阪市立大学医学部産婦人科助教
x. 鈴木嘉穂(23期):神戸大学医学部産婦人科学助教
y. 吉川智之(24期):筑波大学医学系産婦人科学助教

古谷賢一教授

古谷健一教授

県立中部病院関係者・衛生官と共に

第12回日本女性骨盤底医学会

第22回 腎と妊娠研究会

PAGE TOP
防衛医科大学校病院 防衛医学研究センター English