防衛医科大学校についてAbout us

設立目的・沿革

設立の目的

医師である幹部自衛官となるべき者を養成し、かつ、自衛隊医官に対して自衛隊の任務遂行に必要な医学についての高度の理論、応用についての知識と、これらに関する研究能力を修得させるほか、臨床についての教育訓練を行うことを目的として設立されたものであります。

防衛医科大学校の沿革

1973年11月 防衛庁の施設等機関として防衛医科大学校を開設
1974年 4月 航空自衛隊入間基地内の仮校舎で医学科学生の教育を開始
1975年 8月 所沢の本校舎に移転
1975年 9月 高等看護学院を開設し看護学生の教育を開始
1977年12月 病院の開設
1980年 3月 第1期医学科学生卒業
1985年 4月 初の女子学生入校(第12期学生)
1987年 6月 医学研究科を開設
1987年10月 医学研究科学生の教育を開始
1991年 9月 第1期医学研究科学生修了
1992年 3月 医学科卒業生(第13期学生)に学位授与機構から学位授与開始
医学研究科修了生(第1期学生)に学位授与機構から学位授与開始
1996年10月 防衛医学研究センター開設
1999年 5月 武道館落成
2005年 4月 防衛医学講座開設
2007年 8月 防衛医科大学校病院が災害拠点病院として埼玉県より指定受け
2010年 4月 新病棟(西棟)の運用を開始
2014年 4月 看護学科を開設
PAGE TOP
防衛医科大学校病院 防衛医学研究センター English