医学科Medicine

生物学

沿革

生物学は本校設置にともなって昭和49年に開設され、初代の辻井禎教授が担当した。昭和50年4月に辻井教授の後任として熊谷祐二助教授(昭和52年4月から教授)が着任した。昭和50年から羽賀正代教務職員(平成18年3月まで)が配属された。昭和53年から加世田正和助手(昭和55年まで)が着任した。この時点で教授、助手、教務職員の3名からなる教室となった。加世田助手の転出により、昭和56年に松村秋芳助手(指定講師を経て平成13年講師)が着任した。熊谷教授の定年退官にともない、平成5年4月に四ノ宮成祥助教授(現分子生体制御学講座教授)が着任した。四ノ宮助教授の転任により、平成9年4月に高橋裕助教授(平成19年准教授、現非常勤講師)が解剖学第二講座指定講師から着任した。高橋准教授の定年退官にともない、後任として平成23年4月に松村秋芳講師が准教授に昇任した。平成23年から野口立彦助教が着任した。現在、准教授と助教の2名からなる教室となっている。開設以来、医学進学課程生物学の教育レベルの向上に努めるとともに、生物学、基礎医学分野の幅広い研究を実施している。

教育の概要

生物学実験室(平成18年度改装)

生物学実験室(平成18年度改装)

平成14年度(29期)までは、第1学年の1年間に生物学Ⅰの講義および生物学実験、第2学年の前期に生物学Ⅱの講義が行なわれてきた。平成15年度(30期)から、旧カリキュラムの生物学Ⅰ、生物学Ⅱ、生物学実験が改組統合されて生物学Ⅰ(講義5.5単位)、生物学Ⅱ(実験2.5単位)となり、第1学年を対象とした新カリキュラムを実施した。平成19年度(34期)から生物学Ⅰと生物学Ⅱが統合されて生物学(実験と併せ5単位)となり、第1学年を対象とした新々カリキュラムを実施した。これまでのカリキュラムの改訂によって教育時間数が段階的に短縮していたが、平成25年度から講義期間が2月末までとなり、平成19年度よりも若干増加延長された。
生物学講義では、開設当初から主任教官の専門分野が異なっても教育の目指すところは大筋一貫してきた。すなわち、医学を本格的に学ぶ準備段階として、ヒトの生物学の基礎となる生命現象を形態的、機能的、生化学的に理解すること、生物の普遍性と多様性を知りヒトの特性を理解すること、生物学的な知識および背景にある科学史を通して生命とは何かを理解すること、医師となる自衛官として健全な生命観と生命倫理観を養うことを目標として教育がすすめられてきた。生物学実験では、講義と併行しながら将来医学分野を学習していくための基礎となる科学的な物の見方と技術を実験の体験を通して理解し、習得することを目標としてきた。
具体的には、講義と実験では、準備教育モデル・コア・カリキュラムおよび医学教育モデル・コア・カリキュラムの学習目標に準拠した内容を学生に付与している。生物学講義では、細胞の構造と機能、細胞内代謝と細胞呼吸、細胞周期、減数分裂、遺伝子と染色体、DNAとタンパク質、生物の進化と多様性、生物圏と生態系、動物と行動、等の学習を通して医学の基礎知識の習得をする過程で、生命観と生命倫理が涵養されるよう展開している。生物学実験では、「顕微鏡による細胞の観察」「ウニの受精と卵割」「染色体の観察」「DNAの抽出」等のテーマで、講義と対応させながら、目標の達成につながる体験を個々の学生が直に生物資料に触れることを通して積めるように配慮している。
入試で生物学を選択して入校してくる学生の率は、一般の医学部と同様に少ない傾向にある。生物を選択しなかった学生を対象として、平成19年度から1年生の前期に補講を開講しているが、これらの学生にとって初年度における生物学基礎知識の獲得は、以後の医学知識の習得のために重要と認識して指導している。平成19年度からは、進学課程の各教官に学生が配属される形式で行われる「統合ゼミ」が開講した。その全体テーマは「医官と教養」とされている。担当する学生の数は限られるが、国立科学博物館、目黒寄生虫館などでの校外実習や少人数による生物学実験指導を通して、通常の生物学の講義や実験では経験できない生物学学習の機会を設けている。
昭和50年から使用してきた進学課程校舎(平成26年から1号館と改称)の生物学実験室設備は、平成16年の時点でかなり老朽化が進んできた。この10年間に施設の改修とともに、機器の更新、機器数の充実などの事案に対応した。平成18年度には、進学課程校舎の生物学実験室の全面的改装を行い、新実験台を導入した(写真)。従来単班用の実験室であったが、合班で85名までが使用できる設備に転換した。平成19年以降学生数に相当する生物顕微鏡、実体顕微鏡の増設、実験方法解説のためのWebカメラとスクリーンの設置、ドラフト、遠心機、高圧蒸気滅菌器の更新、電気泳動装置の増設等が行われた。これらにより平成20年代前半の学生採用増に対応することができた。平成25年度までに、顕微鏡格納棚の設置、標本棚の増設と骨格標本、顕微鏡標本の拡充、蛍光顕微鏡の導入が実現し、近年の生物学の多様な発展に見合った学生実験を十分に行うことのできる設備の整備が進行しつつある。

研究の要約

過去10年間はヒトを含む動物の運動行動の進化と遺伝を大テーマとして研究に取り組んだ。

(3)‐1 人類の直立二足歩行能の起源と進化に関する実験機能形態学的研究(松村秋芳)ラット、チンパンジーの大腿骨CT画像の分析から、二足行動と骨の構造力学的特徴、骨強度の特性との関係を明らかにした。ヒト上科における一側優位性(利き手、利き足)と二足行動の運動制御能との関係について分析を進めている。小笠原諸島硫黄島の動物調査を継続している。

(3)‐2 食虫目動物が有する内側足根突起の比較解剖学的研究(高橋裕)霊長類の祖先と系統的に近縁な種を対象として、後肢に発現する特徴と遺伝、生態、進化的適応との関連性を追求した。

(3)‐3 精子の形態形成の分子機構の研究(野口立彦)精子形成の分子基盤を解明するため、ショウジョウバエの遺伝学と独自の精細胞初代培養系を組み合わせて、雄不妊の原因遺伝子の分子細胞生物学的研究を進めている。

PAGE TOP
防衛医科大学校病院 防衛医学研究センター English