看護学科Nursing

基礎看護学

沿革

平成26年4月に基礎看護学講座が開設され、現在、村松真千子教授を筆頭に、岩嵜文枝准教授、尾立篤子准教授、宮首由美子講師、山岸智子助教、關美智子助教の6名の教官で構成されている。

教育の概要

基礎看護学は、主に看護の理論と看護技術の2つの面で、看護学の初学者である1年次生や2年次生を対象に、看護職の人材形成に必要な基盤づくりの教育を担っている。また一方で、上級生を対象に、『看護教育』や『看護管理』なども教授し、幅広く学生に関わっている。
看護の理論の面では、1年次生に『看護学原論』と『看護理論』を、2年次生に『看護過程』の教科目を教授している。『看護学原論』では、卒業まで4年間かけて学習する看護学のベースとなる看護の基本的概念の理解を育むことを目的にしている。『看護理論』では、最初に看護理論の歴史的展望を概観したうえで、看護理論の看護への貢献について理解を養うことを目的にしている。これら2つの教科目では、初年次教育として主体的に考える力を向上させるためにアクティブ・ラーニングにも多くの時間を割いている。講義された知識の蓄積だけに終わるのではなく、これらをもとに学生が主体的に課題を決めて問題解決やテーマ探求に取り組み、創造性や分析・解決能力を高める教育を実践している。『看護過程』では、看護の対象(患者や家族など)の看護上の問題(看護診断)を解決するために必要な思考過程である看護過程の基本的知識の理解を育む。また、臨地実習での根拠のある看護の実践に向けて、ペーパー・ペイシェントをもとに看護過程の展開技術を身につけることを目的としている。
看護技術の面では、1年次生に『基礎看護援助論Ⅰ』と『基礎看護援助論Ⅱ』、2年次生に『フィジカルアセスメント』の教育を行っている。『基礎看護援助論Ⅰ』では、患者中心の看護の実践に必要とされる日常生活援助の基礎的知識・技術・態度の理解を図る講義と、日常生活援助の実践に必要な基礎看護技術の修得を図る演習とを有機的につなげて基礎的臨床能力を高める教育を行っている。次に、『基礎看護援助論Ⅱ』では、患者中心の看護の実践において、患者の安全・安心・安樂に配慮し、科学的根拠にもとづいた診療の補助に必要な看護技術に関する知識の理解と実践に必要な基礎看護技術の修得を図っている。また診療の補助が、患者の命とプライバシーに深く関わっていることを理解し、常に意識する倫理観を身につけることも念頭に置いている。『フィジカルアセスメント』では、問診、聴診、打診、触診、聴診を用いて全身状態を的確に系統的に把握するための測定及び評価方法を理解し、看護を実践する基盤になるよう教育を行っている。
以上の看護の理論と看護技術を統合し基礎的臨床能力を養うことを目的に、1年次生の終わりに『基礎看護学実習Ⅰ』を、2年次生の終わりに『基礎看護学実習Ⅱ』を行っている。『基礎看護学実習Ⅰ』では、受け持ち患者や看護師とのかかわりを通してコミュニケーション能力を高め、また患者への看護を見学して看護の必要性や意味について理解を深めることを目的にしている。『基礎看護学実習Ⅱ』では、看護過程を展開し、科学的根拠のある個別性を大事にした患者中心の看護を実践するための基礎的臨床能力を育むことを目的とし、また看護専門職者としての倫理的態度を養う大事な機会としている。

研究の要約

新設の看護学科として講座開設と同時に始まった1年次生、続けて2年次生の基礎看護学の教育を重視しているため、基礎看護学講座として共同の研究は行ってはいない。しかし、学科が完成したのちには、基礎看護学講座としての共同研究を開始したいと考えている。個別には、看護教育に関する研究を行っている教官が多いが、基礎看護学の研究領域は広いため、看護理論、看護技術、感染看護、医療安全、看護教育、看護管理、看護倫理、看護歴史、家族看護、看護・医療政策、国際看護、災害看護など様々な関心領域で個々に研究を行っている。

PAGE TOP
防衛医科大学校病院 防衛医学研究センター English