医学研究科Medical Research

(2)成人医学系

教授:足立 健(講座等名:内科学)

研究活動等

  循環器病学では、心血管病のTranslational Res-earch を行う。主に(1)代謝性血管病(肥満症、糖尿病、脂肪肝)の分子機構、(2)高血圧症・酸化ストレスによる心血管障害、(3)心不全と臓器連関、(4)大動脈瘤・解離の成因、(5)心血管病の新規マーカー、(6)心房細動の病因等である。臓器特異性遺伝子欠損マウス、心血管機能・電気生理学的手法、分子生物的手法、Gene Chip・Proteo-mics・Metabolome等を組み合わせて、循環器臨床の将来に繋がる研究を目標とする。

教授:池脇 克則(講座等名:内科学)

研究活動等

  高齢者疾患の特徴は、多臓器にわたる複雑な疾患構造を有することである。当老年病科では、老化現象の一つである動脈硬化に着目し、その危険因子である脂質異常症、高血圧、糖代謝異常、メタボリックシンドロームについて分子生物学的手法を使った基礎研究および臨床研究など幅広く研究を行っている。さらに、発生機序や病態生理の研究を通じて、最終的には予防医学、健康寿命の延命に寄与することを目的とする。

教授:田口 眞一(講座等名:外科学)

研究活動等

循環器病学(外科学)では、心臓、血管に関する病変の成因、診断方法、治療方法、術後合併症の治療、疫学、予防等について研究する。弁膜疾患、虚血性心疾患、胸部・腹部大動脈疾患、心臓血管腫瘍、先天性複雑心奇形、不整脈疾患、末梢血管疾患等の病態生理研究、並びに補助循環、人工心臓、ペースメーカー、代用血管等の人工臓器を含めた外科的治療についての基礎的及び臨床的研究を目的とする。

教授:川名 明彦(講座等名:内科学)

研究活動等

呼吸器内科学の分野には、感染症疾患、腫瘍性疾患、びまん性肺疾患、アレルギー性疾患、炎症性疾患などが含まれ多彩である。これらの疾患の原因を探求し、診断・治療の進歩に貢献することが本分野の目的である。このため、生理学的、生化学的、細胞生物学的、微生物学的、疫学的あるいは形態学的な手法を駆使し、また常に実臨床への応用を視野に入れつつ研究を行う。また、関連領域の新知見を常に吸収し、検証を行う。

教授:田口 眞一(講座等名:外科学)

研究活動等

呼吸器病学(外科学)では呼吸器系疾患の形態学的、機能的異常の診断、治療に関する研究を行う。主に外科的治療の適応、方法、術後合併症治療および術前後の補助療法等に関する最新の知識、技能を修得する。また、肺癌、縦隔腫瘍、炎症性肺疾患等を主な対象疾患として病態生理学、病理学、分子生物学等の手法を駆使して生物学的特性を理解すると共に、診断や治療の向上に寄与する研究を行う。

教授:穂苅 量太(講座等名:内科学)

研究活動等

消化管並びに肝臓・胆道・膵臓疾患の診断、病態生理、治療、長期経過、各疾患相互の関連等に関する研究を行っている。特に内視鏡を中心に胃炎、消化性潰瘍、胃癌、炎症性腸疾患、膵胆道疾患の詳細な病状の把握、病態生理の解明を目指し実験を含め追究する。あわせて、肝炎・肝線維化の発症や進展阻止、消化器癌や機能性消化器疾患の病態生理や治療に関する研究を行う。

教授:上野 秀樹(講座等名:外科学)

研究活動等

食道癌、胃癌、大腸癌、消化性潰瘍、炎症性腸疾患等の消化管外科疾患の診断、手術、補助療法、周術期管理、術後QOLの維持等に関する知識や技能を習練するとともに、臨床的並びに実験的研究を行って、消化管外科領域におけるより進化した診断法、治療法、周術期管理法開発に有益な知見を得ることを目的とする。病態生理学、画像診断学、病理学、分子生物学をはじめ種々の手法を駆使して幅広く研究する。

教授:山本 順司(講座等名:外科学)

研究活動等

肝胆膵脾領域の良性、悪性疾患、また小児外科疾患全般の診断、外科的介入を含む治療体系、特に治療技術(戦略その実施(治療技術))について術後のQOLを含めた予後までを考慮し、治療法を立案する能力を修練するとともに、基礎的、臨床的研究を行って、より先進的な診断法、治療法の開発に有用な知見を得ることを目的とする。病態病理学、画像診断学、分子生物学、など種々の手法を習得、駆使して幅広く、より深い研究を行う。

教授:熊谷 裕生(講座等名:内科学)

研究活動等

慢性腎臓病、特に糖尿病性腎症、IgA腎症、ANCA関連腎炎の成因、病態生理、治療に関する臨床研究および動物実験を行っている。樹状細胞、ナチュラルキラーT細胞など免疫的な観点およびエピジェネティックの手法を用いて、糖尿病性腎症などの新しい治療法を探究している。また高血圧、慢性腎臓病の時に交感神経活動が亢進して脳心血管イベントの原因となる。ラット延髄の交感神経中枢の神経細胞にパッチクランプ法を行って交感神経亢進の原因を探究している。

教授:田中 祐司(講座等名:総合臨床部)

研究活動等

糖尿病、糖尿病合併症の発症・進展機構、生活習慣、心理・社会的背景の調査、介入によるそれらの予防、進展防止に関する臨床研究を行う。内分泌腫瘍は、自律的/過剰にホルモンを産生し生命を脅かすが機序は殆ど未解明である。本分野では、これらを、(1)ホルモン産生細胞の腫瘍化、(2)異所性ホルモン産生腫瘍、(3)ホルモン受容体異所性発現に分類し、腫瘍や培養細胞を用いて分泌調節と逸脱機構を分子薬理学的に分析する。
各種体液平衡異常(塩酸基・電解質・水/浸透圧)について新病態生理モデルと測定法を提唱し、その妥当性・応用の研究を進める。

教授:木村 文彦(講座等名:内科学)

研究活動等

アレルギー・膠原病学は、全身性エリテマトーデス、シェーグレン症候群、多発性筋炎、関節リウマチ等の膠原病・血管炎症候群の病因・病態解明と、より効果的な治療法の研究を行なう。現在は膠原病関連間質性肺炎の基礎的・臨床的研究、シェーグレン症候群における各種自己抗体価と臨床病態との関連の研究を行なっている。

教授:木村 文彦(講座等名:内科学)

研究活動等

血液病学及び臨床腫瘍学の樹立に努力しながら、(1)白血病やリンパ腫などの血液悪性疾患の診断及び治療についての研究、(2)サイトカインの基礎及び臨床研究、(3)細胞内情報伝達分子の解析、(4)細胞移植療法、(5)遺伝子治療などの研究を行っている。

教授:池脇 克則(講座等名:内科学)

研究活動等

神経病学は、神経所見のとり方、画像診断、生検処理、電気生理検査、治療法の開発といった臨床面を重視しながら、神経変性疾患、免疫異常の関与した神経疾患、末梢神経筋疾患を中心に研究を行っている。末梢神経組織、シュワン細胞再生時の神経成長因子の役割、筋再生因子・遺伝子の検討を行っている。これをもとに中枢神経細胞変化のメカニズム、神経細胞保護の問題へと応用していく予定がある。免疫異常の関与した疾患群については、多発性硬化症・重症筋無力症の治療、ギラン・バレー症候群と関連したガングリオシドの研究を行っている。

教授:森 健太郎(講座等名:脳神経外科学)

研究活動等

脳神経外科学の研究は、頭蓋内亢進をきたす疾患、特に脳腫瘍、脳血管障害、頭部外傷、水頭症、脳膿瘍などの疾患の病態解明と治療法の確立に集約される。現在、上記疾患に起因する頭蓋内圧亢進、脳浮腫、脳虚血、脳血管攣縮、神経内分泌異常、高次脳機能障害などの病因・病態の解明と治療に関する基礎的・臨床的研究を行っている。主要研究は、頭部外傷及び脳虚血後の神経細胞障害に関する遺伝子・分子生物学的検討、脳腫瘍の悪性度に関する免疫組織学的検討、脳血管攣縮の発生機序と治療に関する検討、水頭症に関する病態解明と新しい治療法の確立などである。

教授:吉野 相英(講座等名:精神科学)

研究活動等

精神医学は、精神障害の病態、治療法を研究し、精神保健を推進する学問である。理科系、文化系にまたがる方法論を駆使する総合的色彩が強いが、最近は、種々の先端技術を応用しての研究が進められ、「脳科学の時代」の中心的存在になりつつある。本講座では、基礎としての臨床精神病理研究班を中心として、認知科学、神経化学の2つの生物学的研究班、災害・海外派遣の精神保健を研究する行動科学班を有している。

教授:千葉 一裕(講座等名:整形外科学)

研究活動等

整形外科学は、骨、軟骨、筋、靱帯、腱、脊髄・末梢神経の外傷と疾患に対して保存的、外科的治療を行い、運動機能を回復・再建する医学領域であり、特に自衛隊医療では外傷に遭遇する機会が多いため、自衛隊医官にとって整形外科学は必須の分野である。
 当講座の研究は、末梢神経障害の病態解明と治療、運動器外傷・障害の疫学、ゲノム解析による椎間板変性機序解明、インプラントによる脊椎固定に関する生体力学的解析、脊椎・関節感染症に対する新たな治療戦略の開発、骨軟部腫瘍に対する新規分子標的治療法の開発、さらにスポーツ医学やストレス医学に関する研究など、整形外科の基礎と臨床のきわめて広い領域にわたる。

教授:佐藤 貴浩(講座等名:皮膚科学)

研究活動等

皮膚は、面積1.6㎡、重量3㎏に及ぶ生命の維持に不可欠な人体最大の臓器で、しばしば内臓病変を反映する。この皮膚の正常及び病的状態、すなわちアレルギー疾患、感染免疫が関与する疾患、腫瘍、結合組織に異常をきたす疾患などの病態について分子生物学的手法等を駆使して研究を行い、また、内科的並びに外科的治療法などについても研究している。

教授:淺野 友彦(講座等名:泌尿器科学)

研究活動等

泌尿器科学は、泌尿器系、男性の性器、副腎及び後腹膜腔内各種疾患の病態を研究し、治療を行う分野である。現在、本講座は、急性・慢性腎不全の治療としての血液浄化療法や腎移植の研究をはじめ、水腎症の病態生理の検討と新しい治療法の開発、腎細胞癌に対する腫瘍ワクチン療法、腹腔鏡手術そして焼灼術、癌の遺伝子診断や治療、癌や腎疾患の診断と治療におけるサイトカインの意義などに関して基礎的、臨床的研究を行っている。

教授:竹内 大(講座等名:眼科学)

研究活動等

眼は視覚を司る組織であり、他の臓器とは異なる特異なメカニズム、および眼付属器の作用によりその恒常性は維持されている。眼科学教室では、難治性眼疾患の免疫学、分子生物学的手法による病態病因解析、および臨床での実用化を目指したトランスレーショナルリサーチを中心に研究プロジェクトを展開している。(1)角結膜疾患、(2)自己免疫性眼疾患、(3)感染性眼疾患、(4)網膜硝子体疾患、(5)神経眼科の分野では、国際的にも主動的な研究が行われ、多くの業績を上げている。

教授:塩谷 彰浩(講座等名:耳鼻咽喉科学)

研究活動等

耳鼻咽喉科学は、感覚器医学、頭頸部外科学、頭頸部腫瘍学、気管食道科学等を含み、これらに関連する病態や治療の研究を行う分野である。現在は、基礎的研究としては、(1)反回神経麻痺や顔面神経麻痺等の運動神経麻痺、喉頭・気管の再建、内耳圧外傷・感音性難聴に関して、遺伝子治療や再生医学的手法を用いて新しい治療法を開発する研究、(2)頭頸癌に対する遺伝子治療の研究、臨床的研究としては、(1)頭頸癌の機能温存手術に対する新しい手術支援機器の開発、(2)頭頸癌におけるセンチネルリンパ節の研究を行っている。

教授:古谷 健一(講座等名:産科婦人科学)

研究活動等

当講座は小児思春期から成熟・老年期までの女性を対象とした下記の幅広い研究を行っている。
(1)3大分野
a)生殖内分泌学
b)周産期医学
c)婦人科腫瘍学
(2)その他
a)更年期医学
b)泌尿婦人科学
c)腹腔鏡下手術等
生殖医学では不詳な点が多い排卵・受精・胚発生・着床メカニズムや子宮内膜症を免疫・分子レベルで解析し、周産期医学ではウイルス感染症の胎児治療、前置癒着胎盤の集学的治療法を研究している。婦人科腫瘍学では薬剤抵抗性の遺伝子・プロテオミクス解析を行い、JCOG・JGOG・JBiC/NEDO機構などの多施設臨床研究も推進している。
講座は小児思春期から成熟・老年期までの女性を対象とし、
(1)生殖内分泌学
(2)周産期医学
(3)婦人科腫瘍学の3大分野の他に
(4)更年期医学
(5)泌尿婦人科学
(6)腹腔鏡下手術等の幅広い研究
を行っている。

生殖医学では不詳な点が多い排卵・受精・胚発生・着床メカニズムや子宮内膜症を免疫・分子レベルで解析し、周産期医学ではウイルス感染症の胎児治療、前置癒着胎盤の集学的治療法を研究している。婦人科腫瘍学では薬剤抵抗性の遺伝子・プロテオミクス解析を行い、JCOG・JGOG・JBiC/NEDO機構などの多施設臨床研究も推進している。

教授:新本 弘(講座等名:放射線医学)

研究活動等

放射線医学は、画像診断学、interventional radiology(IVR)、放射線治療に分けられるが、いずれも、すべての診療科をサポートし、各診療科の医療の質の向上に貢献をしている。研究内容としては、画像診断においては、画像病理対比、新たなイメージング技術の開発、前立腺癌画像診断における新たなclinical standardの確立、拡散MRIの新たなデータ解釈モデルの臨床応用、超高分解能MRIの皮膚、頭皮への応用、MR lymphographyなどを行っている。IVRではデバイスや塞栓物質の開発、凍結療法の応用、JIVROSG多施設臨床共同研究も行っている。

教授:横江 秀隆(講座等名:歯科 口腔外科)

研究活動等

唾液腺疾患の画像診断的・病理組織学的・免疫組織化学的研究、口腔腫瘍の分野では、診断・治療に結びつく電顕的・免疫組織化学的・遺伝子学的研究を行っている。また、口腔粘膜・顎骨再生の基礎的及び臨床的研究、顎骨々折・顎変形症における骨新接合素材による実験的・臨床的研究、口腔連鎖球菌の口腔疾患・全身疾患との関わりを解明する研究、顎口腔疾患における顎機能・形態学的異常を解析・解明し、臨床に反映させる研究等も行っている。

PAGE TOP
防衛医科大学校病院 防衛医学研究センター English