診療科・部門Department

救急部  防衛医科大学校病院 救命救急センター          

  • 齋藤 大蔵
    防衛教官
    診療部長 救命救急センター長
    兼 防衛医学研究センター外傷研究部門長
    図書館長
    齋藤 大蔵
    • 職位 教授
    • 専門分野 
       救急医学、外傷学、熱傷学、災害医学
    • 研究領域 
       外傷、熱傷、爆傷、敗血症
    • 資格等
      • 日本救急医学会 指導医 専門医
      • 日本外傷学会 専門医
      • 日本熱傷学会 専門医
      • 日本災害医学会 社会医学系専門医協会指導医、専門医
      • 日本組織移植学会 認定医
    • その他
      • 日本救急医学会評議員、救急AI研究活性化特別委員会委員長
      • 日本外傷学会理事、評議員、トラウマレジストリー検討委員会担当理事
      • 日本熱傷学会理事、評議員、庶務委員会委員長
      • 日本臨床救急医学会評議員、
      • 日本災害医学会評議員、社会医学系専門医協会指導医、専門医
      • 日本組織移植学会理事、評議員、認定医、倫理委員会委員長
      • 日本熱傷学会関東地方会常任幹事
      • 国際熱傷学会編集委員会委員
      • 日本外傷診療研究機構理事
      • 日本スキンバンクネットワーク相談役
      • 防衛医科大学校医師会理事
      • 防衛医科大学校雑誌編集委員会委員長
  • 田中 良弘
    防衛教官                   救命救急部門長田中 良弘
    • 職位 教授
    • 専門分野 
       救急医学、呼吸器外科学、外傷学、再生医療
    • 研究領域 
       肺循環・心不全、出血性ショック、人工代替物(赤血球)
       外傷、気道(化学)熱傷
    • 資格等
      •  日本救急医学会 救急科専門医
      •  呼吸器外科専門医
      •  日本外科学会 外科専門医
      •  救急専門医
    • その他 日米医学医療交流財団フェロー
  • 清住 哲郎
    1等海佐
    一般救急部門長 兼 防衛医学講座
    清住 哲郎
    • 職位教授
    • 専門分野救急医学、外傷学、熱傷学、災害医学、
      航空医学、防衛医学、医学教育
    • 研究領域 創傷治癒、救急システム、教育技法、洋上医療、
      バーチャルリアリティ
    •      
    • 資格等
      • 医学博士
      • 日本救急医学会 救急科専門医・指導医
      • 日本外科学会 外科専門医
      • 日本熱傷学会 熱傷専門医
      • 社会医学系専門医協会 社会医学系専門医・指導医
      • 日本医学教育学会 医学教育専門家
      • 標準化講習(ICLS、ITLS、JATEC、JPTEC、
        MCLS、 MCLS-CBRNE、PBECほか)
    • その他
      • 日本救急医学会 評議員、編集委員、災害医療検討委員
      • 日本臨床救急医学会 評議員、
      • 法執行機関との医療連携のあり方に関する検討委員
      • 日本集団災害医学会 評議員、編集委員
      • 日本熱傷学会 評議員、災害ネットワーク検討委員長、
      • プレホスピタル委員
      • 埼玉県西部第一地域メディカルコントロール協議会 指導委員
      • 埼玉県地域強靭化計画推進専門委員
      • 海上自衛隊メディカルコントロール協議会 メディカルディレクター
  • 霧生 信明
    防衛教官 副部長霧生 信明
    • 職位 助教
    • 専門分野 
       外傷外科
       災害医療
    • 研究領域 
       爆傷
       REBOA
       Emergency Management
    • 資格等
      •  日本救急医学会 救急科専門医
      •  日本救急医学会 指導医
      •  社会医学系専門医協会 認定専門医・指導医
      •  厚生労働省 臨床研修指導医
    • その他
       日本外傷学会 評議員
  • 関根 康雅
    防衛教官  医局長関根 康雅
    • 職位 講師
    • 専門分野 
       救急医学
       外傷学(整形一般)
       災害医療・事態対処医療
    • 研究領域 
       爆傷
       戦傷医学・事態対処医療
       病院前救護
    • 資格等
      •  日本整形外科学会 整形外科専門医
      •  日本救急医学会 救急科専門医
      •  日本救急医学会 指導医
      •  厚生労働省 死体解剖資格認定医
      •  厚生労働省 臨床研修指導医
      •  JATECインストラクター
      •  JPTECインストラクター/世話人
      •  MCLSインストラクター/世話人
      •  日本DMAT隊員
    • その他
  • 朝比奈 はるか
    防衛教官朝比奈 はるか
    • 職位 助教
  • 防衛教官金子 真由子
    • 職位 助教
    • 専門分野 
       救急医学
       集中治療医学
       消化器学
    • 研究領域 
       救急医学
    • 資格等
      •  日本救急医学会 救急科専門医
      •  日本集中治療医学会 集中治療専門医
      •  日本内科学会 認定内科医
      •  日本消化器病学会 消化器病専門医
      •  日本救急医学会 ICLSインストラクター
      •  日本内科学会 JMECCインストラクター
      •  日本DMAT隊員
    • その他
  • 精神科学講座 研究科学生寺山 毅郎
    • 職位 陸上自衛隊 三等陸佐 
    • 専門分野 
       救急医療全般
    • 研究領域 
       精神医学 
    • 資格等
      • 日本救急医学会 救急科専門医
      • ICLSインストラクター
      • 日本DMAT隊員
      • JATECインストラクター
      • 埼玉DMAT隊員
    • 所属学会 日本救急医学会
      日本精神神経医学会
      日本集中治療医学会
      日本外傷学会
      日本腹部救急医学会
      日本臨床救急医学会
      日本中毒学会
    • 出身期別 防衛医科大学校 31期生
  • 山田 浩平
    防衛医官山田 浩平
    • 職位 陸上自衛隊 一等陸尉
    • 専門分野 
       救急医学
       公衆衛生
    • 研究領域 
       救急医学
    • 資格等
      • 公衆衛生学修士
      • ICLSインストラクター
      • JATECインストラクター
      • 埼玉DMAT隊員
      • PHTLSインストラクター
    • 所属学会 日本救急医学会、日本集中治療学会、日本外傷学会、
      日本内科学会
    • その他 米軍 Combat Casualty Care Course 修了
      関東若手医師フェデレーション共同代表
  • 防衛医官寺重  翔
    • 職位 海上自衛隊 1等海尉
    • 専門分野 救急医学
       外傷
    • 研究領域 四肢外傷 熱傷
    • 資格等
      •  日本救急医学会 救急科専門医
    • 所属学会 日本救急医学会、日本内科学会
    • 防衛医科大学校 36期生
  • 長村 龍憲
    防衛医官長村 龍憲
    • 職位 陸上自衛隊 1等陸尉
    • 専門分野 救急医学
    • 研究領域 救急医学
       集中治療
    • 所属学会 日本救急医学会
      日本集中治療医学会
      日本外傷学会
    • 卒業期別 防衛医科大学校 36期生
  • 防衛医官児玉 悠
    • 職位 陸上自衛隊 一等陸尉
    • 防衛医科大学校 36期生
  • 防衛医官峯岸 聖月
    • 職位 陸上自衛隊 一等陸尉
    • 専門分野 救急医学
       外傷学
    • 研究領域 四肢外傷
    • 防衛医科大学校 36期生
  • 藤波 紘平
    防衛医官藤波 紘平
    • 職位 航空自衛隊 一等空尉
    • 専門分野 救急医学
    • 防衛医科大学校 37期生
    • 所属学会 日本救急医学会
      日本航空医学会
  • 亀山 拓永
    防衛医官亀山 拓永
    • 職位 陸上自衛隊 一等陸尉
    • 専門分野 救急医学
    • 資格等
      • 麻酔科標榜医
      • ICLSインストラクター
      • JSBAスノーボードインストラクターC級
    • 所属学会 日本救急医学会
    • 防衛医科大学校 37期生
  • 防衛医官槇野 有紗
    • 職位 海上自衛隊 一等海尉
    • 専門分野 救急医学
    • 資格等
      •  JPTECインストラクター
      •  ICLSインストラクター
    • 所属学会 日本救急医学会、日本集中治療医学会、日本外傷学会
    • その他 防衛医科大学校 37期生
  • 防衛医官谷口 裕亮
    • 職位 陸上自衛隊 二等陸尉
    • 防衛医科大学校 38期生
  • 防衛医官田中 文華
    • 職位 海上自衛隊 二等海尉
    • 資格等
      • ICLSインストラクター
    • 所属学会 日本集中治療医学会
      救急医学会
    • 卒業期別 防衛医科大学校 38期生
  • 防衛医官井尻 篤宏
    • 職位 陸上自衛隊 二等陸尉
    • 防衛医科大学校 39期生
    • 所属学会 日本救急医学会
      日本集中治療医学会
  • 防衛医官杉江 はな子
    • 職位 海上自衛隊 二等海尉
    • 所属学会
    • 防衛医科大学校 39期生
  • 防衛医官山田 誠吾
    • 職位陸上自衛隊 2等陸尉
    • 専門分野救急医学
  • 防衛医官綱島 仁美
    • 職位 海上自衛隊 二等海尉
    • 専門分野救急医学
    • 防衛医科大学校 40期生
  • 吉澤 大
    非常勤医師吉澤 大
    • 職位 防衛技官 兼 厚労技官
  • 加藤 宏
    非常勤医師加藤 宏
    • 専門分野 救急医学
       外傷学
       整形外科
    • 資格等
      • 日本外傷学会 外傷専門医
      • 日本整形外科学会 整形外科専門医
      • 日本救急医学会 救急科専門医・指導医

日本救急医学会 指導医認定施設
日本救急医学会 専門医認定施設
日本外傷学会 専門医認定施設
日本熱傷学会 専門医認定研修認定施設

作業風景
作業風景

救急隊が搬送、あるいは他病院から転送された重症患者に対し、病院救急部の救急専門医が治療にあたります。蘇生室での初期治療後、救命救急センター集中治療室で全身管理を中心とした治療を行なっています。 

手術画像

ショック
 重症多発外傷
 重症熱傷
 急性薬物中毒
 敗血症・多臓器不全
 心肺停止

作業風景

 救命救急センターの中核として日夜を問わず24時間体制で、高度な3次救急診療を行なっています。年間対応患者数は約1000名、そのうち外傷症例が3~4割を占めています。緊急手術が必要な場合は中央手術室で行ないますが、外傷の初期治療いわゆるResuscitative Surgeryはセンター内手術室も使用します。最近は内科的救急疾患が増加していますが、脳血管障害や急性心筋梗塞・急性大動脈解離など専門性が強い疾患は、当科が初期診療した後に当該診療科が診療を行なっています。埼玉県西部・南西部を中心とした地域のメディカルコントロール(MC)体制の中核となり、心肺停止患者の治療にも深く関与しており、近年の心肺機能停止患者の社会復帰率は4-5%と向上しています。また、所沢市消防局と協力して、ドクターカーの運用に携わっています。

 災害時など多数傷病者が発生している混乱した状況下であっても、迅速かつ正確に応急対応ができるために、所属する科に関係なくすべての防衛医官に対して初動応急対処訓練を行っています。この初動応急対処訓練では、通常の救急対応だけでなく、特殊環境下での医療処置や、メンタルヘルス対応、感染症対応の訓練も同時に教育しています。
 また当院は地域災害拠点病院に指定されており、災害時の重症患者受け入れに対応できるよう訓練しています。救急部の医師が中心となりDMATチームも編成しています。

訓練風景
陸上自衛隊ヘリによる模擬重症患者搬送訓練風景

陸上自衛隊ヘリによる模擬重症患者搬送訓練風景

出血性ショックモデルを用いた実験

出血性ショックモデルを用いた実験

救急診療を充実させるだけでなく、学問的追求を行なうのも大学病院としての使命と考えています。基礎研究では、防衛医科大学校研究センター外傷部門との交流を深めていますが、救急部として年間20編以上の学術論文を発表しています。若手ドクターにも積極的に、日本救急医学会、日本臨床救急医学会、日本外傷学会、アメリカ外傷外科学会(AAST)、Society of Critical Care Medicineなど国内外で学会発表を奨励しています。

2005年以降の主な原著英語論文を示します。
1. Y Yanagawa, T Sakamoto, H Katoh, H Nawashiro, K Shima. Intubation without premedication may worsen outcome for unconsiouness patients with intracranial hemorrhage. Am J Emerg Med. 2005;23:182-185.

2. A Takasu, Y Yanagawa, T Sakamoto, Y Okada. Therapeutic hypothermia limited to the resuscitation period does not prolong survival after severe hemorrhagic shock in rats. Resuscitation. 2005;67:119-126,.

3. Y Yanagawa, Y Unno, T Sakamoto, Y Okada: Cerebral density on CT immediately after a successful resuscitation of cardiopulmonary arrest correlates with outcome.Resuscitation. 2005;64:97-101.

4. Y Yanagawa, D Saitoh, T Sakamoto, Y Okada. Unfavorable outcome of burn patients with neuropshychiatric disorder. Tohoku J Exp Med. 2005;205: 241-245.

5. Y Yanagawa, K Nishi, T Sakamoto, Y Okada. Early diagnosis of hypovolemic shock by sonographic measurement of inferior vena cava in trauma patients. J Trauma. 2005;58:825-829.

6. D Saitoh, D Ben, J Huan, K Hatanaka, Y Okada, Z Xia. Differences in the outcomes and treatments of extensive burned patients between a Chinese hospital and a Japanese hospital. Tohoku J Exp Med. 2005;206:283-290

7. T Sakamoto, A Takasu, D Saitoh, N Kaneko, Y Yanagawa, Y Okada. Ionized magnesium in the cverebrospinal fluid of patients with head injuries. J Trauma. 2005;58:1103-1109.

8. Y Yanagawa, A Takasu, T Sakamoto, Y Okada. Indications and limitations of induced hypothermic therapy for out-of-hospital cardiopulmonary arrest. Am J Emerg Med 2006;24:214-216.

9. Y Yanagawa, N Isoi, A Tokumaru, T Sakamoto, Y Okada. Diffusion-weighted MRI predicts prognosis in severe hypoglycemic encephalopathy. J Clinical Neuroscience. 2006;13:696-699.

10. T Kiyozumi, Y Kanatani, M Ishihara, D Saitoh, J Shimizu, H Yura, S Suzuki, Y Okada, M Kikuchi. Medium (DMEM/F12)-containing chitosan hydrogel as an adhesive and dressing for autologous skin graft and accelerator in healing process.J. Biomed. Mater. Res. 2006;79:129-136.

11. A Takasu, Y Yanagawa, T Sakamoto, Y Okada. Effect of induction rate for mild hypothermia on survival time during uncontrolled hemorrhagic shock in rats. J Trauma. 2006;61:1330-1335.

12. Y Yanagawa, T Sakamoto, Y Okada: Persistent intracranial hypertension after severe head injury treated by hypothermic therapy might induce late phase cerebral vasospasm. J Trauma. 2007;54:287-291.

13. A Takasu, T Sakamoto, Y Okada. Arterial base excess after CPR: The relationship to CPR duration and the characteristics related to outcome.Resuscitation. 2007;73:394-399.

14. Y Yanagawa, T Sakamoto, Y Okada: Clinical features of a temporal tip epidural hematoma. J Neurosurg. 2007;107:18-20.

15. T Kiyozumi, Y Kanatani, M Ishihara, D Saitoh, J Shimizu, H Yura, S Suzuki, Y Okada, M Kikuchi. The effect of chitosan hydrogel containing DMEM/F12 medium on full-thickness skin defects after deep dermal burn. BURNS .2007;33:642-648.

16. Y Yanagawa, T sakamoto, Y Okada. Hypovolemic shock evaluated by the sonographic measurement of the inferior vena cava during resuscitation in trauma patients. J Trauma. 2007;63:1245-12458.

17. Y Yanagawa, T Sakamoto, Y Okada Yoshiaki. Abnormal response of the extremities to pain stimulation immediately after the return of spontaneous circulation from cardiopulmonary arrest. Emerg Med J. 2008;25:19-22

18. N Kaneko, Y Kobayashi, Y Okada. Anatomic variations of the renal vessels pertinent to transperitoneal vascular control in the management of trauma.Surgery. 2008;143:616-622.

19. K Hatanaka, Y Yanagawa, T Sakamoto Toshihisa, Y Okada Yoshiaki. Predicting the development of anemia by measuring the diameter of the inferior vena cava of patients with spinal cord injury. Am J Emerg Med. 2008;26:446-9.

20. Y Yanagawa, T Sakamoto. Predicting the development of anemia by measuring the diameter of the inferior vena cava for children with blunt injuries. Pediatric Emerg Med J. 2008;24:351-3.

21. A Hagiwara, Y Yanagawa, N Kanek, A Takasu, K Hatanaka, T Sakamoto, Y Okada. Indications for Transcatheter Arterial Embolization in Persistent Hemothorax caused by Blunt Trauma. J Trauma. 2008;65:589-594.

22. Y Yanagawa, T. Sakamoto. Analysis of Prehospital Care for Cardiac Arrest in an Urban Setting in Japan. I J Emerg Med 2008 Nov.6 [ Epub ahead of print]

23. I Mitsuhara, T Iwai, S Seo, Y Yanagawa, H Kawahigasi, S Hirose, Y Ohkawa, Y Ohashi. Characteristic expression of twelve rice PR1 family genes in response to pathogen infection, wounding, and defense-related signal compounds (121/180). Mol. Genet Genomics 2008;279:415-27.

24. Y Yanagawa, K Nishi, T Sakamoto. Hyperammonemia is associated with genralized convulsion. Intern Med 2008; 47:21-3.

25. Y Yanagawa, T Sakamoto. Characteristics of pediatric trauma in an urban city in Japan. Pediatr Emerg Care 2009; 25:572-4.

26. Y Yanagawa, T Sakamoto H Sato. Relationship between laboratory findings and the outcome of cardiopulmonary arrest. Am J Emerg Med 2009; 27: 308-12.

27. Y Yanagawa, T Sakamoto, A Takasu, Y Okada. Relationship between maximum intracranial pressure and traumatic lesions detected by T2*-weighted imaging in diffuse axonal injury. J Trauma 2009;66:162-5.

28. A Takasu, S Iwamoto, S Ando, Y Minagawa, M Kashiba, Y Yamamoto, T Sakamoto. Effects of various concentration of inhaled oxygen on tissue dysoxia, oxidative stress, and survival in a rat hemorrhagic shock model. Resuscitation. 2009;80:826-831.

29. A Hagiwara, T Sakamoto. Clinical significance of plasma ammonia in patients with traumatic hemorrhage. J Trauma. 2009;67:115-120.

30. S Iwamoto, A Takasu, T Sakamoto. Therapeutic mild hypothermia: Effects on coagulopathy and survival in a rat hemorrhagic shock model. J Trauma.2010;68:669-675.

31. A Takasu, Y Minagawa, S Ando, Y Yamamoto, T Sakamoto. Improved survival time with combined early blood transfusion and fluid administration in uncontrolled hemorrhagic shock in rats. J Trauma .2010;68:312-316.

32. Y Yanagawa,T lmamura,S lwamoto.A case of cerebral amyloid angiopathy mimicking diffuse axonal injury.Am J Emerg Med.2010;646e1‐3.

33. K Nishikawa,A Takasu,K Morita,H Tsumori,T Sakamoto. Deposits on the intraluminal surface and bacterial growth in central venous catheters.J Hosp lnfect.2010;75:19-22.

34.Y Yanagawa, K Koyama, C Ogawara, T Sakamoto. Educational efforts help prehospital providers get stroke patients to the appropriate destinations and treatment.2010 Emergency Medical System Magazine 39(1), 61-65.

35. Y Yanagawa, M Miyazaki, T Sakamoto. Relationship between abnormal pupillary reactivity and the outcome of a psychotropic drug overdose. American Journal of Emergency Medicine 2010; 28(7):703-707.

36. T Imamura, Y Yanagawa, K Nishikawa N Matsumoto, T Sakamoto. Two cases of acute poisoning with acetamiprid in humans. Clin Toxicol (Phila). 2011;48(8): 110-114.

37. A Takasu, M Shibata, S Uchino, K Nishi, Y Yamamoto, T Sakamoto. Effects of arterial oxygen content on oxidative stress during resuscitation in a rat hemorrhagic shock model. Resuscitation 2011;82(1):110-114.

38. Y Yanagawa, K Nishi, T Imamura, T Sakamoto. Usefulness of computed tomography in the diagnosis of an overdose. Acta Medica Okayama 2011; 65(1):33-39.

39. Y Yanagawa, T Sakamoto. Significance of minor traumatic lesions in focal head injuries. Journal of Clinical Neuroscience. 2011; 18(4):520-523.

40. Y Yanagawa, C Suzuki, T Imamura. Recovery of paralysis in association with an improvement of hypomagnesemia due to alcoholism. American Journal of Emergency Medicine. 2011;29 (2):242.e1-2.

41. Y Yanagawa, S Nishiada, Y Takihata, H Miyawaki. Successful Treatment for a case of near fatal secondary adrenal insufficiency. West indian med J. 2011; 60 (2): 225-228.

42. T Tanaka, A Takasu, A Yoshino, K Terazumi, M Ide, S Nomura, and T Sakamoto. Diphenhydramine overdose mimicking serotonin syndrome. Psychiatry and Clinical Neurosciences. 2011; 65:533-538.

43. K Nishikawa, A Takasu, K Nishi, H Tsumori, T Sakamoto. Detection of bacteria on central venous catheters in a trauma care unit (prospective study). Journal of National Defense Medical College. 2011; 36 (1); 8-14.

44. K Nishi, A Takasu, M Shibata, S Uchino, Y Yamamoto, T Sakamoto. Hypothermia reduces resuscitation fluid volumes required to maintain blood pressure in a rat hemorrhagic shock model. The Journal of Trauma and Acute Care Surgery. 2012 ; 72 (1):130-135

45. K Terasumi, Y Yanagawa, S Isoda. A successful treatment of cardiac tamponade due to an aortic dissection using open-chest massage. American Journal of Emergency Medicine. 2012; 30 (4): 634.e1-2.

46. Y Tanaka, B Takase, T Yao, M Ishihara. Right Ventricular Electrical Remodeling and Arrhythmogenic Substrate in Rat Pulmonary Hypertension. Am J Respir Cell Mol Biol 2013; 49 (3):426-436.

PAGE TOP
防衛医科大学校