診療科・部門Department

眼科

  • 竹内 大
    診療部長竹内 大
  • 神田 貴之
    常勤医 教官神田 貴之
  • 高山 圭
    常勤医 教官高山 圭
  • 櫻井 裕
    常勤医 教官櫻井 裕
  • 播本 幸三
    常勤医 教官播本 幸三
  • 佐藤 智人
    常勤医 教官佐藤 智人
  • 染谷 秀彬
    常勤医 自衛官 研究科医師染谷 秀彬
  • 菅岡 晋平
    専門研修医菅岡 晋平
  • 島崎 晴菜
    専門研修医島崎 晴菜

全般的な診療内容

前眼部疾患、緑内障、ぶどう膜炎、網膜硝子体疾患、斜視・弱視および神経眼科とほぼ全ての眼科領域の疾患を対象に診療をしております。特にぶどう膜炎、網膜・硝子体疾患は休診日(木曜日)以外のすべての曜日に専門医を配置し、診療を行っております。当校当科は日本眼科学会認定施設です。

疾患別診療内容

前眼部疾患

前眼部疾患外来では感染性角膜疾患、自己免疫性角膜疾患、アレルギー性角結膜疾患、ドライアイ等を対象として治療しております。感染性角膜疾患では、病巣部の菌培養および病巣部擦過後の塗抹標本のグラム染色を行い、原因菌を同定してから治療を行うようにしております。角膜穿孔に対して、緊急処置として結膜被覆および保存角膜の部分移植を行っております。ドライアイ治療では角膜保護点眼や涙点プラグの挿入を行い、シェーグレン症候群等による重度なドライアイ患者に対して自己血清点眼を作成して、処方しております。また、角膜内皮炎やヘルペス性角膜炎の患者さんにおいて治療反応が不良な場合、前房水を採取してPCR検査を行い、原因ウイルスを特定して正確な診断と有効な治療を行っております。モーレン潰瘍等の自己免疫性角膜疾患に対して点眼・全身性ステロイド治療を行い、鎮静化しない場合ではシクロスポリン(免疫抑制剤)点眼を院内作成して処方しております。屈折矯正手術は現在実施しておりませんが、セカンドオピニオンにて他院へ紹介しております。

緑内障

緑内障は本邦における人口の約5 %が罹患しており、かつ本邦の失明原因の第1位の疾患です。そのため将来における失明予防および生涯にわたるQuality of Visionの維持を目的に緑内障もしくは緑内障疑いの患者さんにおいては緑内障の進行程度を早期に診断・評価し、早期に治療方針を立てることが大変重要になります。緑内障外来では細隙灯顕微鏡検査に加え、前眼部および後眼部における光干渉断層計・超音波生体顕微鏡を用いて的確な緑内障の病型診断を行い、患者さんの病状・日常生活・社会的状況に沿った治療管理を心がけています。治療として緑内障点眼薬を中心とした薬物療法やマイトマイシンC併用線維柱帯切除術、アルコンエクスプレス®緑内障フィルトレーションデバイス併用線維柱帯切除術を施行しております。また、血管新生緑内障に対して抗血管内皮増殖因子(VEGF)抗体硝子体内投与やGプローブを用いた半導体レーザーによる毛様体破壊術なども実施しております。

水晶体疾患

白内障は眼内においてレンズの役割をする水晶体が濁ってしまう病気です。白内障の症状は水晶体の濁り方によって異なりますが、モヤがかかったようにぼやけて見える症状や光が拡散して眩しく見える症状等があります。白内障は一般に加齢によって発症しますが早い方だと40歳前後から、60歳を過ぎると80%以上が、80歳を過ぎると100%の患者さんに白内障の症状が認められます。白内障の症状が進行すると視力が徐々に失われ、日常生活が困難になってゆきます。白内障は一度発症すると薬では治りません。そのため視力を回復し、快適な日常生活を取り戻すためには手術をうける必要があります。当科でも視力回復のために白内障手術を実施しており、2018年度には2149件行いました。当院で行う治療は保険診療内のみと制限されているため、白内障手術では主に単焦点・着色眼内レンズを用いております。また乱視矯正用トーリックレンズ、手元保険診療適応の屈折型多焦点眼内レンズ(LENTIS comfort®)も用いております。
当院では麻酔科医師管理のもと中央手術室において白内障手術を実施しておりますので高齢(80歳以上)・全身状態に不安のある・小児の患者さんにおいても安心して手術を受けることができます。

ぶどう膜疾患

ぶどう膜炎は眼のなかにある虹彩、毛様体、脈絡膜とそれに隣接する組織におきる炎症の総称です。ぶどう膜炎の主な自覚症状は眼が赤い、眼が痛い、まぶしい、涙っぽい、視力がおちた、霧がかかったように見えるというものです。ぶどう膜炎の原因はさまざまですが、病原菌による感染や患者さんの免疫異常が原因として考えられています。また、ぶどう膜炎では発症後数ヶ月経ってから確定診断に至る場合や、一度疑われた疾患を症状により見直さなければならないことがしばしばあります。そのためぶどう膜炎専門外来では「診察」、「検査」、「診断」、「治療方針の決定」からなる一連の診療後の「治療効果判定」および「診断の見直し」を行うことを大切にしております。治療としてステロイド薬の点眼・内服治療を実施しておりますが、非感染性難治性ぶどう膜炎に対するヒュミラ®治療、難治性ベーチェット病に対するレミケード®治療も行っております。また、ぶどう膜炎に伴う併発白内障、続発緑内障、硝子体混濁等に対する手術を行っています。ぶどう膜炎に伴う黄斑浮腫に対して、外来にてマキュエイド®(ステロイド懸濁液)のテノン氏嚢下注射を行っております。

網膜硝子体疾患

網膜硝子体疾患とは、加齢による網膜変性および眼球内腔を埋める硝子体が加齢等の原因により収縮・変性して接触している網膜が障害されている病態の総称です。代表的な疾患として加齢黄斑変性(AMD)、網膜静脈閉塞症(RVO)に伴う黄斑浮腫および網膜剥離、糖尿病網膜症、硝子体出血、黄斑前膜、黄斑円孔等があります。特に当科では増殖糖尿病網膜症(PDR)症例が多く、年間に実施される硝子体手術の約30%はPDRに対して施行されています。硝子体手術は最新の硝子体手術装置(BIOM®)、3D映像手術システム (NGENUITY® 3D ビジュアルシステム)、 術中OCT装置(EnFocus Ultra-HD OCT)を用いて正確で低侵襲な手術を実施しております。AMD、糖尿病黄斑浮腫、RVOに伴う黄斑浮腫などの疾患はフルオレセイン蛍光眼底造影、インドシアニングリーン蛍光眼底造影、光干渉断層撮影を行い、これらの検査所見を医局カンファレンスにて検討し正確な診断・治療方針を決定しております。治療は外来にて抗VEGF抗体硝子体内注射やマキュエイド®のテノン氏嚢下注射を行っております。

斜視・弱視

斜視・弱視外来では、「先天的または後天的に目の位置がずれている」(斜視)あるいは「はっきりした原因は判らないが視力が弱い」(弱視)という患者さんを対象としています。斜視・弱視を引き起こす可能性のある疾患として強度の屈折異常、先天性眼瞼下垂、重症筋無力症、先天性白内障、先天性緑内障、網膜色素変性症、未熟児網膜症等があげられます。斜視は小児期に発症すると視機能の成長に悪影響を及ぼし、弱視の原因となりえます。また、時に外見上のコンプレックスを感じてしまうなど日常生活に悪影響を及ぼすこともあります。乳幼児や学童等、検査に対する返答がはっきりしないため「見え方に不安がある」お子さまをお持ちの場合は、弱視の予防的観点からの早期受診をおすすめしています。治療として特殊眼鏡処方や訓練指導等を行っており、手術適応のある患者さんに対して斜視手術を実施しています。当科では斜視・弱視専門外来を月(午後)に設定しています。完全予約制ですが、緊急性のある方は随時受け付けております。

神経眼科

神経眼科外来では、視神経疾患(視神経炎、虚血性視神経症、レーベル病等)、複視、甲状腺眼症、重症筋無力症、眼球運動障害、眼瞼けいれん、原因不明の眼痛等の症状をもつ患者さんの診察を行っております。外来では、視野や眼球運動の検査などの精密検査を施行し、必要に応じて採血検査やCTおよびMRIなどの神経画像検査を行い、疾患の原因を特定して治療しています。また、原因が神経内科、内分泌内科や脳神経外科と他科にわたる場合には関連各科と連携して治療を行っております。治療として、視神経疾患に対してはステロイドパルス療法、後天性の麻痺性斜視に伴う複視にプリズム治療等を行っております。眼瞼痙攣に対するボトックス局所注射治療は現在実施していませんが、セカンドオピニオンにて他院へ紹介しております。

外来患者数 19,421名/年
入院患者数 913名/年
総手術件数 3,709件/年
白内障手術 2,149件/年
硝子体手術 507件/年
網膜復位術 16件/年
抗VEGF薬もしくはステロイドの硝子体内注射 2,465件/年
緑内障手術 81件/年
角膜手術 16件/年
結膜手術(翼状片含む) 16件/年
外眼部手術 60件/年
その他 11件/年
病床数 18床

*提携手術室での症例を含む

大型弱視鏡、立体視検査、網膜電図、視覚誘発電位図、暗順応測定装置、ヘスコオルジメーター、中心フリッカー値測定検査、眼球突出度検査、角膜形状解析装置、角膜内皮細胞測定装置、ゴールドマン視野検査装置、ハンフリー自動視野検査装置、IOLマスター、超音波白内障手術装置、ヤグレーザー手術装置、前房蛋白測定装置、眼底三次元画像解析装置、蛍光眼底造影(フルオレセイン・インドシアニングリーン)、超音波診断装置(Aモード・Bモード)、眼科用レーザ光凝固装置、超広角眼底カメラ(Optos California®) 、硝子体手術装置(BIOM®)、3D映像手術システム (NGENUITY® 3D ビジュアルシステム)、 術中OCT装置 (EnFocus Ultra-HD OCT)

診療受付時間について

  • 受付時間 08:30~11:00
  • 診療時間 08:30~17:00
  • 休診日 土曜、日曜、休日
  • 面会時間 13:00~20:00
外来担当医表 アクセスマップ
PAGE TOP
防衛医科大学校