病院についてAbout us

病院長挨拶

防衛医科大学校病院長 塩谷 彰浩

防衛医科大学校病院長 塩谷 彰浩

挨拶

防衛医科大学校病院は、自衛隊医官・看護官等の育成と地域医療への貢献を主たる目的として、1977年に開院いたしました。それ以来、患者さんにとって安全で優しい医療を目指して、地元の皆様と共に歩み続けております。

当院は、病床数800床を有する特定機能病院として高度の医療の提供、高度の医療技術の開発等を行うと共に、医学科、看護学科の学生や研修医の教育・研修も行っており、さらには研究を行って医学の発展にも尽くしております。また、救命救急センターを有し埼玉県西部地区の救急医療の中核を担うと同時に災害拠点病院および埼玉DMAT指定病院として災害時の救急医療の拠点にもなっており、がん診療指定病院としても悪性腫瘍に対する専門的な医療を提供しております。

このような大学病院としての多岐にわたる医療を、高い質を保ちながら安全に患者さんに提供することがわれわれの使命であり、これを実現するために職員一同一丸となって切磋琢磨し、努力を続けていく所存です。防衛医大病院なら安心して自分の家族を診てもらうことができると心から思っていただける病院を目指してまいりますので、どうぞよろしくご支援の程、お願いいたします。

PAGE TOP
防衛医科大学校