診療科・部門Department

肝・胆・膵外科

  • 山本 順司
    山本 順司
    • 資格等
      • 日本外科学会専門医、指導医
      • 日本消化器外科学会専門医、指導医
      • 日本肝胆膵外科学会高度技能指導医
  • 青笹 季文
    青笹 季文
    • 資格等
      • 日本外科学会専門医、指導医
      • 日本消化器外科学会専門医、指導医
      • 日本肝胆膵外科学会高度技能指導医
      • 日本消化器外科学会消化器がん外科治療認定医
      • 日本消化器内視鏡学会専門医、指導医
      • 日本がん治療認定医機構がん治療認定医
  • 野呂 拓史
    野呂 拓史
    • 資格等
      • 日本外科学会専門医
      • 日本消化器外科学会専門医
      • 日本消化器外科学会消化器がん外科治療認定医
      • 日本内視鏡外科学会技術認定医
      • 日本がん治療認定医機構がん治療認定医
  • 星川 真有美
    • 資格等
      • 日本外科学会専門医
  • 西川 誠
    • 資格等
      • 日本外科学会専門医
  • 永生 高広
    永生 高広
    • 資格等
      • 日本外科学会専門医
      • 日本消化器外科学会専門医、指導医
      • 日本消化器病学会専門医
      • 日本肝臓学会肝臓専門医
      • 日本肝胆膵外科学会評議員
      • 日本乳癌学会専門医
      • 日本がん治療認定医機構がん治療認定医
      • マンモグラフィ読影認定医
      • ECFMG Certification (アメリカ医師免許)

肝胆膵領域のほとんどの良性疾患(肝損傷、肝膿瘍、胆嚢結石・総胆管結石、胆嚢炎・胆管炎、急性・慢性膵炎)、またあらゆる悪性疾患(原発性肝がん、転移性肝腫瘍、胆管がん、胆のうがん、膵がん)の外科的治療を行います。肝胆膵外科は消化器外科の中でも治療に高度の技術を必要とする領域ですが、豊富な経験と確かな技術をもった医師による高品質な医療を提供します。厚生労働省研究班をはじめとする多施設共同研究班にも多数参加しており、日常の臨床経験を将来の診療に役立てるよう努力しています。

当科が外科診療に際して重要と考えるのは、「協調」「高質」「創造」の3つです。つまり、最善の外科治療を行うために、他科、他病院と協力・連携して総合的に診断・治療を行い、正確無比な治療技術を駆使して治療を行い、さらに効率よく同等以上の効果を達成できる方法を模索し取り組む姿勢です。

原発性肝がんに対し、多角的な治療を行います

原発性肝がんのひとつである肝細胞がんはウイルスやアルコールで傷んだ肝臓に発生することがほとんどですが、近年は肥満や糖尿病などを遠因とする非アルコール性脂肪肝炎(NASH)を発生母地とする例も増えています。これらの肝臓は十分な予備力をもたず、また新しい腫瘍が次々に発生しやすいとされています。ですから、治療にあたっては、外科切除、経皮的局所療法(ラジオ波焼灼、エタノール注入)、経肝動脈的化学塞栓療法を適切に組み合わせる必要があります。毎週金曜日に行われる内科・外科・放射線科合同カンファレンスで症例ごとの進行度、肝機能に応じて最も適切な治療法を提案します。

転移性肝腫瘍に対し、積極的で根治的な治療を行います

各種の腫瘍に対する化学療法(抗がん剤治療)は年々進歩し、有効性が高まってきていますが、これらにより腫瘍が消失することは通常ありません。腫瘍を根治(根絶)するためには、外科的に取り除く必要があります。当院では、豊富な経験に基づき、通常では切除されないような高度の肝転移に対しても、積極的に切除治療を行っています。このような方針に基づいた治療により転移性肝腫瘍切除例数は年間50例前後で推移しています。近年、大腸癌肝転移例に対しては、術前に強力な化学療法(抗がん剤治療)を行うことが増えてきており、肝臓が抗がん剤で障害されている(傷んでいる)ことも珍しくありませんが、そのような症例に対しても安全で根治的な外科治療を施行しています。

難治性腫瘍の外科治療を得意としています

難治癌の代表である膵臓がん、切除に高度な技術を要する中部~肝門部胆管がんや進行胆のうがんに対して、積極的な外科治療を行っています。今のところ切除以外にこれらの腫瘍を根治する方法はありません。しかし、切除によってもなかなか根治を得にくく、高難度かつ通常の手術より危険度が高いため、「治療することによるメリット」と「治療に伴うリスク」とのバランスをとることが難しい病態です。当院では、安全性を高めるための手技上の工夫(術前門脈枝塞栓術、3次元画像構築による手術のプランニング)と確かな外科技術によりぎりぎりの手術も安全に施行しています。2008年から2014年までに胆管癌および胆のうがんに対する切除術を136例行いましたが、そのうち上部および肝門部胆管癌、肝臓浸潤胆のうがん計41例中14例(34%)に対して血管合併切除術を施行しました。
難治癌の代表である膵癌症例に対しては、多施設共同研究に参加し手術前に行う化学療法が患者さんにどのくらい役に立つかを検討しており、2013年は43例、2014年は31例の膵腫瘍を外科治療しました。動脈の一部を合併切除することで根治切除を行うことができた症例が3例(10%)含まれています。また、新規の抗癌剤レジメンが登場したことより、局所進行のために根治切除が難しい方への術前化学療法を組み合わせた治療法など積極的な根治を目指しています。

低侵襲手術(腹腔鏡下手術)に積極的に取り組んでいます

腹部外科手術が体に与える影響の相当部分は、「開腹することでの体壁破壊」によるので、まったく同じ結果が得られるのであれば、創(きず)はできるだけ小さいほうが良いことになります。適切な症例に対して適切な術式で、肝腫瘍、良性または潜在的悪性の膵腫瘍に対する腹腔鏡下手術に取り組んでいます。

肝胆膵手術の経験が豊富です

当院では、年間約80例前後の肝切除、30例の膵切除術、20例の胆道悪性腫瘍手術を行っていますが、担当する外科スタッフの経験症例数は肝切除1,000例以上、膵切除300例以上、胆道悪性腫瘍手術100例以上と豊富です。肝切除術の70%は無輸血で行われ、術後10日から14日で退院となります。図に示すように、2009年から、肝胆膵悪性腫瘍切除例数は着実に増加しており、特に2014年は胆道癌(胆嚢癌、胆管癌、乳頭部癌)の割合が増加しました。

全手術件数 134例
肝良性疾患 1例
肝悪性疾患 70例
胆道良性疾患 52例
胆道悪性疾患 28例
膵腫瘍 31例
その他(合流異常など) 3例

肝胆膵悪性腫瘍の切除例数の推移

2009年から2014年まで当科にご紹介いただき外科治療をうけた患者さんは、当院ばかりでなく、自衛隊病院、近隣の研修指定病院の協力を得て、下図のように推移してきています。

肝胆膵悪性腫瘍の切除例数の推移グラフ
PAGE TOP
防衛医科大学校