病院についてAbout us

院内報告制度

インシデント・アクシデント事例を経験した者または発見者は、インシデントレポートシステムにより速やかに報告する。
医療安全推進室では提出されたレポートをもとに、再発防止及び質向上にむけて対策を検討する。

インシデント(ヒヤリハット・ニアミス)とは

患者には実施されなかった、若しくは実施されたが結果的に影響がなかった事例

アクシデント(医療事故・ミス)とは

医療行為の中で患者に障害や損害が発生したもの(過失の有無を問わない)

医療過誤とは

1.過失が明らかで、2.影響が大きく、1.と2.に因果関係があるもの

インシデント・アクシデント事例

レベル分類と用語の定義

レベル 障害の継続性 障害の程度  
レベル0 なし   エラーや医薬品・医療用具の不具合が見られたが患者へは実施されなかった。
レベル1 なし   患者への実害はなかった。(何らかの影響を与えた可能性は否定できない)
レベル2 一過性 軽度 処置や治療は行わなかった(患者観察の強化、バイタルサインの軽度変化、安全確認のための検査の必要性は生じた)
レベル3A 一過性 中等度 簡単な処置や治療を要した(消毒・湿布・皮膚の縫合、鎮痛剤の投与等)
レベル3B 一過性 高度 濃厚な処置や治療を要した(バイタルサインの高度変化、人工呼吸器の装着、手術、入院日数の延長、外来患者の入院、骨折など)
レベル4 永続的 軽度~中等度 永続的な傷害や後遺症は残ったが、有意な機能障害や美容上の問題は伴わない
永続的 中等度~高度 永続的な傷害や後遺症が残り、有意な機能障害や美容上の問題を伴う
レベル5 死亡    
PAGE TOP
防衛医科大学校