診療科・部門Department

膠原病・アレルギー内科

  • 診療科長/常勤医師伊藤 健司
    • 職位診療科長/常勤医師
    • 専門分野日本リウマチ学会指導医・専門医

関節リウマチをはじめとして膠原病(全身性エリテマトーデス、混合性結合組織病、全身性強皮症、皮膚筋炎/多発性筋炎、ベーチェット病、シェーグレン症候群、大動脈炎症候群などの血管炎症候群など)を対象としています。 当院は日本リウマチ学会教育認定施設です。

疾患診療別内容および治療内容

関節リウマチ
「関節が痛い」を主訴とする関節リウマチと鑑別を要する病気は多岐にわたりますが、速やかに適切な診断・治療を進めます。
関節リウマチは「抗サイトカイン療法」の登場によって、近年その予後が飛躍的に改善致しました。生物学的製剤に加え、今後も効果的な種々の製剤の登場が期待されており、当院でも患者様の予後の改善のために積極的にその治療法を取り入れて参ります。

膠原病(全身性エリテマトーデス、混合性結合組織病、全身性強皮症、皮膚筋炎/多発性筋炎、シェーグレン症候群、ベーチェット病、大動脈炎症候群などの血管炎症候群など)
これらの病気では多臓器にわたる全身的な病変が問題となることも多いですが、主治医が中心となって他診療科と協力して全身を総合的に把握して診断・治療を進めていきます。
膠原病は近年、診断・治療法が劇的に進歩しており、早期発見、適切な治療によって寛解状態を長く維持する事が可能な疾患となりました。しかしながら、難治性病態が未だ存在するのも事実です。当院でも世界最先端の情報を常に取り入れ、患者様一人一人の病態に真摯に向き合い、克服を目指して全力を尽くして参ります。

入院患者数 年間80~90名
外来予約患者数 20~25名/日
外来日 月~金
病床数 9床
PAGE TOP
防衛医科大学校