診療科・部門Department

脳神経外科

  • 和田 孝次郎
    診療部長和田 孝次郎
    • 職位教授
    • 専門分野脳血管障害(血行再建術,未破裂脳動脈瘤),
      脳腫瘍全般,三叉神経痛,顔面痙攣
    • 資格等
      • 日本脳神経外科学会専門医・指導医
      • 日本脳卒中学会専門医・指導医
      • 日本脳卒中の外科学会技術指導医
      • 日本脳神経外科救急学会評議員
      • 日本高気圧環境・潜水医学会専門医
      • 日本高気圧環境・潜水医学会評議員
      • 日本高気圧環境・潜水医学会関東地方会理事
      • 日本臨床高気圧環境・潜水医学会理事
      • 医学博士
  • 富山 新太
    常勤医師富山 新太
    • 職位講師
    • 専門分野脳腫瘍
    • 研究領域脳腫瘍に関する基礎/臨床医学研究
    • 資格等
      • 日本脳神経外科学会専門医・指導医
      • Publons top peer reviewer awards:
      • Top reviewers in Cross-Field - September 2019
      • Top reviewers in Clinical Medicine - September 2019
      • 日本分子脳神経外科学会 学術企画運営委員
      • 東京脳腫瘍治療懇話会 世話人
      • ニューロ・オンコロジイの会 世話人
      • 脳腫瘍の基礎シンポジウム 世話人
      • 医学博士
  • 豊岡 輝繁
    常勤医師豊岡 輝繁
    • 職位講師
    • 専門分野神経内視鏡,間脳・下垂体疾患,
      脳血管障害・脳腫瘍全般
    • 資格等
      • 日本脳神経外科学会専門医・指導医
      • 日本脳卒中学会専門医・指導医
      • 日本神経内視鏡学会技術認定医
      • 医学博士
  • 常勤医師竹内 誠
    • 職位学内講師
    • 専門分野神経外傷,神経救急
      脳血管障害・脳腫瘍全般
    • 研究領域くも膜下出血における脳血管攣縮に関する研究
    • 資格等
      • 日本脳神経外科学会専門医
      • 医学博士
  • 小林 達弥
    常勤医師小林 達弥
    • 職位助教
    • 専門分野脳腫瘍
    • 研究領域グリオーマに関する研究
    • 資格等
      • 日本脳神経外科学会専門医
  • 常勤医師(防衛医学研究センター外傷研究部門)戸村 哲
    • 職位准教授
    • 専門分野神経外傷
    • 資格等
      • 日本脳神経外科学会専門医・指導医
      • 日本脳神経外傷学会学術評議員
      • 日本脳神経外科救急学会評議員
      • 日本脳神経モニタリング学会評議員
      • PNLSインストラクター
      • JATECプロバイダー
      • 医学博士
  • 瀧口 博司
    非常勤医師瀧口 博司
    • 資格等
      • 日本脳神経外科学会専門医
      • 医学博士
    • 医療法人順成会
      陽だまりの丘クリニック院長
  • 田之上 俊介
    非常勤医師田之上 俊介
    • 専門分野脳血管内治療
    • 資格等
      • 日本脳神経外科学会専門医
      • 日本脳神経血管内治療学会専門医
      • 日本脳卒中学会専門医
      • ATLS プロバイダー
      • JATECプロバイダー
      • 医学博士
    • 自衛隊中央病院 脳神経外科
      国会公務員共済組合連合会 三宿病院 脳神経外科
  • 常勤医師大塚 陽平
    • 職位医学研究科
    • 資格等
      • 日本脳神経外科学会専門医
  • 吉浦 徹
    常勤医師吉浦 徹
    • 職位32期 専門研修医
    • 資格等
      • 日本脳神経外科学会専門医
      • 日本脳卒中学会専門医
      • ボトックス施行資格
      • ITB療法ハンズオン講習修了
      • 緩和ケア研修会終了
      • JATECプロバイダー
      • オプチューン講習会修了
  • 常勤医師遠藤 あるむ
    • 職位34期 専門研修医
  • 田邉 宜昭
    常勤医師田邉 宜昭
    • 職位34期 専門研修医
  • 常勤医師中川 政弥
    • 職位34期 専門研修医
  • 常勤医師谷口 尭彦
    • 職位35期 専門研修医
  • 常勤医師萩田 大地
    • 職位35期 専門研修医
  • 常勤医師佐藤 翔
    • 職位36期 専門研修医
  • 常勤医師鈴木 悠平
    • 職位36期 専門研修医

 当教室は、昭和51年に 千ヶ崎 裕夫 初代 脳神経外科学講座教授(現名誉教授)により開設され、島 克司 第2代教授(現名誉教授)、森 健太郎 第3代教授を経て、令和元年より9月より 和田 孝次郎 が第4代 教授に就任致しました。
 私共は、脳・脊髄神経に関連する疾患に対して包括的な外科的治療を行う臨床医療に重点を置き、脳血管障害・脳腫瘍・脊髄疾患・頭部外傷・小児脳疾患・水頭症といった幅広い領域に関わっております。治療方針の決定においては、常に患者さんの立場で将来的な予後を見据え、外科的介入の必要性を多面的に検討しています。実際の治療においては、専門的なトレーニングを受けた医療スタッフが、患者さんとご家族へ生活の質を重視した適切な対応と最善の手段を選択するよう、心がけております。
 手術においては、脳神経外科の各分野における専門医が顕微鏡・内視鏡システムやナビゲーションシステム、頭蓋モニタリングといった、最新の機器を駆使して行い、国際水準の技術を継承できるよう心がけております。下段にその一部を紹介します。
教育面においては、医学生、研修医および脳神経外科専門医育成のための教育や、神経疾患における基礎・臨床医学研究に力を入れています。目標として、 
① 科学的根拠に基づいた適切な医療を実践するための臨床的思考・判断力豊かな医師の育成 
② 脳神経外科分野のみならず防衛医学における独創性豊かな研究 
③ 自衛隊医療・衛生活動に貢献する総合的能力豊かな医官の育成
を掲げ、日々熱く取り組んでおります。

脳血管障害

くも膜下出血
 主に脳動脈瘤の破裂により発症します。破裂した脳動脈瘤は高率に再破裂し生命に危険が及ぶことがありますので、できるだけ早く脳動脈瘤を見つけて再破裂を予防する治療を行う必要があります。治療法には、開頭術による脳動脈瘤頸部クリッピング術と血管内手術による脳動脈瘤コイル塞栓術があります。最近の成績では、80歳以下で重症くも膜下出血でなければ、73.4%の方が予後良好でした。

脳内出血
 多くは高血圧が原因ですが、当科では、患者さんに侵襲の少ない神経内視鏡を用いた脳内血腫除去術を積極的に行なっています。

虚血性脳血管障害(脳梗塞など)
 急性期の脳梗塞に対する血栓溶解療法をいつでも行なえる体制を整えています。また、脳梗塞が切迫している動脈狭窄症の患者さんに対する頸部内頸動脈血栓内膜剥離術や血行再建術(頭蓋内外血管バイパス術)、血管内手術(ステント留置術)なども積極的に行なっています。
また、脳の血管が広範囲に細くなるもやもや病に対する血行再建術も積極的に行なっています。

代表的手術:頸動脈内膜剥離術
 食事の欧米化に伴い、頸動脈の狭窄症の患者さんが増えております。内頸動脈狭窄症治療の第一選択は 頸動脈内膜剥離術とされており 当院では積極的にこの手術に取り組んでおります。

代表的手術:脳動脈瘤頸部クリッピング術
 くも膜下出血の原因の9割以上は脳動脈瘤の破裂によるものです。既に出血を来している場合には、なるべく速やかに外科的治療を行います。当院では確実に止血(脳動脈瘤頸部クリッピング)を行い、かつ頭蓋内に多く血腫のある場合にそれを除去する開頭術を中心に行っております。
また、最近は脳ドックや検査で未破裂状態の脳動脈瘤がみつかることが多くなり、くも膜下出血の予防的治療としての開頭術やカテーテル治療が勧められる機会も増えました。しかし、その発生する場所や大きさ、形状によっては破裂の確率が非常に少ないものも多く、インフォームド・コンセントのうえで経過観察となることも多いです。現在のガイドラインに従い、治療適応に適う未破裂脳動脈瘤については充分なお話のうえで、下記のような治療をお勧めします。

脳腫瘍

 脳腫瘍は、頭蓋腔内に発生する腫瘍の総称ですが、発生母地、腫瘍の発育速度や悪性度により様々な種類があり、大別しても20種類近くあります。当科では、すべての脳腫瘍の治療に取り組んでいますが、そのなかでも、患者さんが多く診療の中心になっている代表的な脳腫瘍の診療について紹介します。


頭蓋底腫瘍
 頭蓋内深部にある頭蓋底部には良性や悪性の腫瘍が発生します。この部分の腫瘍の治療は困難な場合が多く、特殊な手術(頭蓋底手術)が必要となります。当院では各種の頭蓋底外科手術法を駆使し、この困難な頭蓋底腫瘍を治療いたします。

悪性神経膠腫(悪性グリオーマ)
 悪性神経膠腫(神経膠芽腫と退形成神経膠腫の2種類をまとめて悪性神経膠腫と言います)は、脳腫瘍のなかでも極めて予後が不良な悪性腫瘍ですが、当科では多剤化学療法を悪性神経膠腫の患者さんを対象に実施し良好な成績を得てきました。特に、最近5年間とそれ以前の5年間を比較した検討では、患者さんの生存期間に統計的に有意な延長を認めています。現在、昨年から保健適応された新化学療法剤テモゾロマイドを用いた多剤化学療法も、大学の倫理委員会の承認を得て行なっています。

下垂体腺腫
 脳腫瘍の約2割に、ホルモンを分泌する脳下垂体組織より発生する下垂体腺腫という疾患があります。これは基本的に良性の腫瘍ですが、視神経の圧迫により目が見えづらくなったり、ホルモン障害を来し体調を崩したりする場合に摘出術を行います。多くの場合には、経鼻的神経内視鏡下手術といって鼻孔から細い内視鏡を挿入し、特殊な器具を用いて取り除くことが出来ますが、腫瘍が非常に大きく上側や外側に拡がっている場合には開頭術で行う、あるいは開頭と経鼻の同時併用アプローチで行うこともあります。私共は、この部位の他の多くの疾患(ラトケ嚢胞、頭蓋咽頭腫、ほか頭蓋底腫瘍など)において経鼻的神経内視鏡下手術を行っています。その他、頻度の高い良性腫瘍に髄膜種や聴神経鞘腫があります。治療の基本はいずれも開頭腫瘍摘出術ですが、県内にあるガンマナイフ治療やサイバーナイフ治療の施設とも提携して、患者さんの機能予後を最優先にした診療を行なっています。

頭部外傷

頭部外傷全般
軽症から重症頭部外傷まで、当院救急部と連携して、24時間いつでも緊急対応できるような体制で診療を行なっています。

水頭症

水頭症には先天性水頭症、脳腫瘍やくも膜下出血に伴う水頭症、高齢者にみられる特発性正常圧水頭症などがあります。特発性正常圧水頭症は、痴呆、歩行障害、尿失禁が主な症状ですが、シャント手術により改善します。閉塞性水頭症の治療に対しては、神経内視鏡による低侵襲手術に積極的に取り組み良好な成績を得ています。

脊椎・脊髄疾患
脊髄腫瘍、脊髄空洞症、変形性頸椎症などがあります。四肢の運動感覚障害、排尿排便障害等の症状があれば、外科的治療が必要になります。手術は、すべて顕微鏡を用いて行ない、患者さんの機能予後を考えた手術法を選択するようにしています。

頚部内頚動脈血栓内剥離術などの脳血管障害の外科治療や頭蓋底外科テクニックを用いた脳腫瘍の治療を専門にしております。各種脳モニタリングを用いたより安全な顕微鏡手術、定位的放射線治療と化学・免疫療法の併用療法、神経内視鏡を用いた低侵襲手術や脳血管内治療など、可能な限り患者さんに負担をかけない医療を目指して診療を行なっています。また、クモ膜下出血などの脳血管障害や重症頭部外傷に対しては、救命救急センターにおいて24時間体制で対応しています。

  1. 悪性神経膠腫に対する多剤化学療法(TAV Feron 療法)
  2. MEPによる術中モニターによる安全な手術
  3. 脳血管障害患者に対する血小板凝集能検査
外来患者数 約9,500名/年
入院患者数 約500名/年
手術件数 約400名/年
病床数 21床(小児、救急病棟を除く)

2018年手術実績

脳腫瘍 89例/年間
脳血管障害 124例/年間
頭部外傷 69例/年間
水頭症シャント手術 51例/年間
微小血管吻合術(三叉神経痛・顔面痙攣) 60例/年間
総手術数 407例/年間

 

 

手術用顕微鏡2台、MRI2台(3.0Tと1.5T)、CT2台、DSA、SPECT、神経内視鏡

診療受付時間について

  • 受付時間 08:30~11:00
  • 診療時間 08:30~17:00
  • 休診日 土曜、日曜、休日
  • 面会時間 13:00~20:00
外来担当医表 アクセスマップ
PAGE TOP
防衛医科大学校