診療科・部門Department

上部消化管外科

  • 辻本 広紀
    教授・上部消化管外科科長辻本 広紀
    • 専門分野消化器・一般外科、内視鏡外科
    • 資格等
      • 医学博士
      • 日本外科学会専門医・指導医
      • 日本消化器外科学会専門医・指導医
      • 日本がん治療認定医
      • 外科感染症学会 外科周術期感染管理認定医・暫定教育医
      • ICD(外科感染症学会推薦) 日本内視鏡外科学会技術認定医
    • 趣味 ドライブ・音楽鑑賞
    • 卒大/卒年 防衛医科大学校 平成5年卒
    • 外来 火曜日
  • 平木 修一
    講師平木 修一
    • 専門分野消化器・一般外科 内視鏡外科
    • 資格等
      • 医学博士
      • 日本外科学会専門医・指導医
      • 日本消化器外科学会専門医・指導医
      • 消化器がん外科治療認定医
    • 趣味 ゴルフ
    • 卒大/卒年 防衛医科大学校 平成10年卒
    • 外来 木曜日
  • 矢口 義久
    助教矢口 義久
    • 専門分野消化器・一般外科
    • 資格等
      • 日本外科学会専門医
      • 日本消化器外科学会専門医
      • 消化器がん外科治療認定医
      • 日本がん治療認定医
      • 食道科認定医
    • 趣味 早朝のジョギング
    • 卒大/卒年 防衛医科大学校 平成11年卒
    • 外来 金曜日
  • 熊野 勲
    医員熊野 勲
    • 専門分野消化器・一般外科
    • 資格等
      • 日本外科学会専門医
      • 日本消化器外科学会専門医
      • 消化器がん外科治療認定医
      • 日本がん治療認定医
      • 食道科認定医
    • 趣味 鉄道、ゴルフ(いずれも軽め)
    • 卒大/卒年 防衛医科大学校 平成12年卒
    • 外来 水曜日
  • 高畑 りさ
    非常勤高畑 りさ
    • 専門分野消化器・一般外科
    • 資格等
      • 医学博士
      • 日本外科学会専門医
      • ICD(外科感染症学会推薦)
    • 趣味 旅行・子育て
    • 卒大/卒年 防衛医科大学校 平成12年卒
    • 外来 金曜日
  • 堀口 寛之
    研究科堀口 寛之
    • 専門分野消化器・一般外科
    • 資格等
      • 日本外科学会専門医
      • 日本消化器外科学会専門医
    • 趣味 読書
    • 卒大/卒年 防衛医科大学校 平成18年卒
  • 野村 信介
    研究科野村 信介
    • 専門分野消化器・一般外科
    • 資格等
      • 日本外科学会専門医
      • 日本消化器外科学会専門医
      • 消化器がん外科治療認定医
      • 日本がん治療認定医
      • 食道科認定医
      • 緩和ケア研修会修了
    • 趣味 サッカー、読書
    • 卒大/卒年 防衛医科大学校 平成20年卒
    • 外来 月曜日 火曜日

食道疾患

おもに食道がん・食道良性腫瘍・アカラシア・食道裂孔ヘルニアなどの疾患の治療を行っています。食道がんでは、まず進行の程度を正確に診断するため、CT検査やMRI検査、PET検査などを利用し、早期がんには患者さんの生活の質(QOL)の向上のため、内視鏡的治療を積極的に取り入れています。手術が必要な場合でも、安全で術後の後遺症が少しでも少ない方法を選択しています。ある程度進行したがんには、抗がん剤による化学療法や、放射線科との協力により化学放射線療法という有効な治療を組み合わせることで、根治が困難な進行がんにも良好な成績をあげています。
また最近では、胸腔鏡による手術により、患者さんのからだに優しい術式も積極的に取り入れています。良性疾患に対しては、内服による治療や内視鏡的治療など、できるだけ手術以外の治療法を選択し、手術は最終手段として位置づけています。この場合にも胸腔鏡や腹腔鏡を取り入れ、からだに優しい手術を心がけています。

胃・十二指腸疾患

おもに胃がん・胃粘膜下腫瘍・胃悪性リンパ腫・胃十二指腸潰瘍・十二指腸腫瘍などの疾患を扱っています。早期胃がんに対しては、内科との協力のもと内視鏡的切除を行い、内視鏡治療困難例や進行がんには、胃がん治療ガイドラインに沿った適切な手術を行っています。早期胃がんの患者さんの大部分が、手術治療で完治しますので、早期胃がんには、幽門機能・噴門機能温存胃切除、迷走神経温存手術などを取り入れ、術後の生活の質(QOL)を重視したなるべく胃や機能を温存するよう工夫を行っています。しかし進行がんに関しては、必要に応じて拡大リンパ節郭清、肝や膵に浸潤した症例では、浸潤臓器の合併切除などを加えた拡大手術、十二指腸浸潤例や十二指腸がんには、膵頭十二指腸切除などの手術を行っています。また、有効で副作用の少ない最新の抗がん剤治療により、進行がんの再発予防に取り組んでいます。
胃がんや胃粘膜下腫瘍の手術には、腹腔鏡手術を積極的に取り入れ、患者さんのからだに優しい手術を心がけています。

取り扱う疾患の大部分は悪性腫瘍であり、がんの進行度および患者さんの体力に見合った治療法を、患者さんやご家族と一緒に選択しています。早期のがんでは内視鏡治療・胸腔鏡・腹腔鏡手術や、機能温存手術を選択し、治療後の機能温存、QOLを考慮した治療法を選択しています。進行がんでは、手術のほかに、抗がん剤や放射線治療を組み合わせ、再発防止に全力を尽くしています。外科は手術を中心とした治療を行っておりますので、ある程度の危険性を伴います。そのため、患者さん、家族、医師との意思疎通はきわめて重要と考えており、患者さんや家族に理解しやすく、納得のいくまで時間をかけた説明に心がけています。

外来患者数 約5,000名/年(延べ)
入院患者数 約250名/年
手術件数 180名/年
病床数 22床
PAGE TOP
防衛医科大学校