病院についてAbout us

医療安全推進室について

挨拶

平成31年4月より副院長(医療安全担当)、安全管理委員長を務めております。
よろしくお願いいたします。
 心身の不調を訴えて来院される患者さんに安全な医療を提供することは、病院として最も重要な課題の一つとなっております。ヒューマンエラーをなくすことはできません。医療事故はあってはならない事ですが、交通事故や航空機事故と同様に完全になくす事は不可能であることも現実です。事故が起こった場合には、まずは最善最良の解決策を診療科や職種の垣根を超えて検討し、その後は病院のシステムとしての再発防止策を考えて行くことが重要です。当院の医療安全推進室は、防衛医科大学校病院の安全管理委員会における実働組織として、最前線で実務を担う部門です。安全推進室のメンバーは室長の高畑医師、副室長の澤田看護師に加え、GRMとして看護師、薬剤師などが配属され、多職種がそれぞれの立場から垣根なく意見を言える環境が整っています。感染対策室の活動結果については、月に一度行われる感染対策委員会や診療部長会において、安全管理に関わる問題を病院全体として検討しています。また週に一回、院内で起きた事例を病院長に報告し、情報の共有や迅速な対応に心がけています。
 医療安全に終わりはありません。防衛医科大学校病院を日本一安全な病院にするため日々努力していく所存ですので、今後ともご支援とご指導を賜りたく宜しくお願い申し上げます。

副院長(医療安全担当) 辻本 広紀

令和2年度 医療安全推進室目標

みんなでつくる安全文化

  1. IC.カンファレンスへの積極的な多職種関与の推進
  2. 各種マニュアルの周知
  3. リスクマネージャーの教育と安全文化の醸成

スタッフ紹介・主な役割

医療安全推進室ピラミッド図

スタッフ紹介

  • 医療安全管理責任者・副院長 辻本 広紀(兼任)
  • 医療安全・感染対策部部長 横江 秀隆(兼任)
  • 医療安全推進室室長 髙畑 りさ(医師・専従)
  • 医療安全推進室副室長 村上 理代 看護師長(看護師・専従)
  • GRM 根本 ゆき 副看護師長(看護師・専従)
  • GRM  丸山 利江(薬剤師・専従)
  • 室員 雫石 正明(医師・兼任)
  • 室員 橋本 賢一(医師・兼任)
  • 事務職員 齋藤 悦子
  • 安全管理委員会委員・・・22名
  • 部署別リスクマネージャー・・・55名

リスクマネジャーバッジ

主な役割

  1. インシデントレポートの管理・分析・調査・報告 報告書にもとづき、現状調査及び記録の確認、関係者からの情報収集等を行う。 月別年度別の統計処理と報告により事故防止に役立てる。
  2. 報告内容の検討・改善策の作成・改善案の実施状況の評価事例分析による問題点の抽出と改善策の策定、実施・実施後の評価・見直し
  3. 医療安全講習、ニュース発行などの情報伝達、啓発活動、 部門単位・新人の職員に対する各種講習会の企画運営、安全推進室ニュースの発行
  4. マニュアル作成・整備 全職員に周知すべき安全管理マニュアルの新規改善、マニュアル追加の監修
  5. 安全管理委員会・リスクマネージャー会議等の運営・事務局 各委員会の資料作成、連絡その他の事務
  6. その他安全対策業務全般

防衛医科大学校医療安全監査委員会

リンク

PAGE TOP
防衛医科大学校