ニュース&イベントNews & event

医学科第38期卒業式が執り行われました。

2017年3月8日

隊員に寄り添い、さらには活動する地域の人々に寄り添う医官に

医学科第38期学生卒業式を3月4日(土)、体育館兼講堂で行った。
式典には、稲田防衛大臣、黒江事務次官、真部防衛審議官、統陸海空幕僚長のほかご来賓、在校生、卒業生のご家族など約500人が出席し、学校長から卒業生79名一人一人に卒業証書が手渡され、続いて、福田大学改革支援・学位授与機構長(当時)が学位記を卒業代表学生に授与した。その後、「医師の誓い」を全員で読み上げ、医師としての決意を表した。
稲田防衛大臣は、「わが国を代表して、国際協力の現場でも先頭に立つことが求められている」と訓示。
任命式では、陸・海・空幕僚長から任命を受け、それぞれの代表学生が防衛大臣に宣誓を行い、医官として第一歩を踏み出した。

PAGE TOP
防衛医科大学校病院 防衛医学研究センター English