医学科Medicine

外科学(消化管外科)

沿革

 外科学講座第一講座(消化器外科、乳腺・一般外科)は初代の故岩佐博教授が1974年3月に開講した。1983年に故玉熊正悦教授に引き継がれ、1996年から望月英隆教授が主宰した。2006年4月に外科学第一講座と外科学第二講座(呼吸器外科、心臓血管外科、上部消化器外科)が合併し、外科学講座となり大講座制に移行した。
 2008年4月の防衛医科大学校組織改組に伴い、外科学講座には外科1(消化管外科)、外科2(心臓血管外科、呼吸器外科)、外科3(肝胆膵外科、乳腺外科、小児外科)の臓器別区分が新たに設定され、望月英隆教授の防衛医科大学校病院長就任に伴い、その後任として長谷和生が外科1の教授に就任した。
 2015年4月の長谷和生教授の防衛医科大学校病院長就任に伴い、外科学講座教授の公募、教授選考が行われた。2016年4月に上野秀樹が第5代教授に就任し、長谷前教授の教室運営方針を引き継いだ。現在の本講座の教育・診療・研究の指導は、下部消化管外科を上野秀樹(外科第1部門長 兼 下部消化管科長)、神藤英二、梶原由規、望月早月が、上部消化管外科を辻本広紀(医療安全・感染対策部教授 兼 上部消化管科長)、平木修一、熊野 勲が担当し、上野秀樹教授がふたつの科を統括している。
 これまでの消化管外科の教官の異動に関して、吉住豊(昭和57年9月~平成19年10月:現 入間ハート病院 副院長)、市倉隆(昭和63年12月~平成21年3月:現 宮内庁侍医長)、小野聡(平成7年2月~平成26年5月:現 東京医科大学 教授)、愛甲聡(平成8年7月~平成22年3月:現 永寿病院 副院長)、山本哲久(平成8年10月~平成12年6月:現 川口肛門胃腸クリニック 院長)、橋口陽二郎(平成11年7月~平成24年3月:現 帝京大学外科 教授)、小林宏寿(平成15年8月~平成17年6月:現 都立広尾病院 外科部長)、石黒めぐみ(平成17年7月~平成19年6月:現 東京医科歯科大学 准教授)が本講座に在籍した。

教育の概要

 消化器・一般外科疾患の診療と教育、研究を系統的かつ効率的に行うため、学生、研修医、専門研修医、研究科学生の臨床・研究教育は、山本順司教授が主宰する外科3と合同で行っている。外科1・3の医局会を毎日開催し、臨床カンファレンス、抄読会、学会予演会についても合同で行っている。また外科2(田口眞一教授主宰)を含む外科学講座全体での教官会議を毎月開催し、教育をはじめとする講座運営に関する意見交換を行っている。本校卒業生の日本外科学会専門医の円滑な取得は教官会議開催の大きな目的のひとつである。

1.学生
 当科では消化管疾患の外科治療と外科学総論の教育を担当している。
 第3学年学生の教育:総論は外科的診察・消毒・滅菌・基本的手術手技・損傷と創傷治癒・手術侵襲と生体反応並びに術前術後管理・輸液と栄養管理・ショック・炎症・免疫を、各論は消化管・急性腹症を教育している。
 第5学年学生の教育:4週間ごとにラウンドしてくるBSL学生を4つのグループに分け、教育指導医(スタッフ・研究科学生)、指導医(専門研修医)、初任実務研修医から構成される臨床チームに組み込み、チームと共に行動を共にするCCS方式で実施している。その内容は手術室実習、病棟患者管理実習、内視鏡検査の見学と画像読影、教授回診や術前術後症例検討会への参加、動物実習、クルズスなどで、密度の高い教育を行っている。
 第5学年、第6学年に対する臨床講義では、BSL実習中の学生が自ら受け持った患者のプレゼンテーションを行う学生参加型の教育を行っている。

2.初任実務研修医
 初任実務研修医に対しては、消化器一般外科疾患の知識、外科的基本手術手技、周術期のおける患者全身管理技術、terminal careを中心として教育している。受け持ち患者数は研修医1名あたり常に10名以上であり、特にICU管理が必要な患者を受け持つと極めて濃厚な研修となる。病院内で最多の病床数を保有する消化管外科の研修医は、疾患の特性からも多忙な日々を過ごすことになるが、当講座は伝統的に明るい雰囲気を有しており、指導体制も明確に確立されている臨床チームの一員として臨床に携わることより、研修終了時には全診療科の中でも最も楽しく有意義な研修であったと評価する研修医が多い。

3.専門研修医
 外科専門医を取得し得る知識と技量を身につけ、必要な手術症例数を経験させることを目標として教育しているが、現在までその目標は確実に達成されている。また更に難易度が極めて高い消化器外科専門医の取得の基盤を作ることも目標としている。
 近年専門研修医として本校に戻ってくる卒業生が増加しているため、3年の専門研修医期間の内の一定期間を学外で研修する部外研修システムを設け、部外研修病院の充実も図っている。一般消化器疾患の症例を数多く経験することを目的に近隣の病院(埼玉医大総合医療センター、所沢明生病院、所沢中央病院、所沢肛門病院等)での研修や、また最先端の癌治療の習得を目標として都内病院(がん研有明病院、虎の門病院、帝京大学医学部付属病院、帝京大学付属溝口病院、国際医療研究センター病院、練馬光が丘病院等)での研修を行う制度を設けている。この制度により専門研修医にとっては外科医としての幅が広がるのみならず、他大学の同世代医師と一緒に研修することにより、適切な刺激を受けるメリットがあると考えている。

4.研究科学生
 本講座には研究に関して自由闊達な学風があり、これが学術領域の多様性及びオリジナリティーの創出に貢献してきた。研究科学生は下部消化管外科グループと上部消化管外科グループのいずれかを選択し、教授とグループの教官による研究指導を受ける。実臨床に還元する研究をおこなうことを徹底して指導しており、その研究成果の一部は、実際に治療ガイドライン改定の礎となっている。国際的な感覚を身に着けることは外科医としての成長の大きな糧になると考えており、海外留学を推奨している。これまで多くの研究科学生が、米国、英国、カナダにおける有名研究施設のresearch fellowとして活動している。
 研究科学生には学位取得に向けての指導のみでなく、臨床面での成長ができる環境も提供することも配慮しており、教官の監督下で手術指導の経験も積ませている。また、多施設共同研究に積極的に関わるように指導を行っている。
 これまで消化管外科に在籍した研究科学生は長谷和生(海外留学:Stanford大学)、横山幸生(Stanford大学)、吉村一克、山本哲久(Stanford大学)、冨松総一、木下学(Stanford大学)、大草康(Stanford大学)、青笹季文(Cincinnati大学)、別宮慎也、上野秀樹(St Mark’s Hospital and Academic Institute)、上藤和彦(California大学)、大淵康弘、石川啓一、小川敏也、間嶋崇(Chicago大学)、倉永憲二[免疫微生物学講座]、藤本肇、木村幹彦[病理学第2講座]、辻本広紀(Florida大学)、上野力(Wisconsin大学)、神藤英二(McGill大学)[病理学第2講座]、内田剛史(Florida大学)[免疫微生物学講座]、森田大作(National Cancer Institute/National Institute of Health)[病理学第2講座]、三好正義(Texas Southwestern Medical Center)、前島純典(Wisconsin大学)、松本淳[免疫微生物学講座]、川端利信[免疫微生物学講座]、帖地憲太郎、菅澤英一、相澤亮[病理学第2講座]、識名敦、平木修一、小俣二郎(Wisconsin大学)、梶原由規、坂本直子、矢口義久、熊野勲、高畑りさ、岡本耕一、松本佑介、吉田一路、久保徹、深澤智美、であり、全員が学位授与機構より博士(医学)の学位を授与されている。

研究の要約

下部消化管外科

 下部消化管外科グループが携わった多くの研究のうち、「大腸癌症例における予後予測に重要な組織学的パラメータの探索」はグループ創設期から現在に至るまで、臨床研究の主たる柱である。特に教室より提唱した簇出(budding)の定義、評価基準は国内で注目され、大腸癌治療ガイドラインや大腸癌取扱い規約に掲載されるに至った。近年では国際的にも注目され、平成28年4月にスイスのBernで開催されたbudding国際コンセンサス会議にて世界の評価基準として採用されることが決定された。現在簇出に関わる分子生物学的なアプローチの一環として、DNAマイクロアレイのデータをもとにbuddingと関連する遺伝子群を同定するとともに、遺伝子発現指標(budding signature)の構築を進めている 。

 簇出以外にも、EXや神経侵襲、低分化胞巣、desmoplastic reaction等、癌浸潤先進部の外科病理学に関する本グループからの報告は外科、病理学、腫瘍学の主要なjournalに掲載されており、その一部はNCCNガイドラインや海外の成書に複数引用されるなど、この方面の研究は着実に国際的にも認められつつある。癌浸潤先進部に特異的な腫瘍形態の分子生物学的背景の解明は、現在複数の医局員が研究テーマとしており、レーザーマイクロダイセクション法等を活用した基礎研究を積極的に行っている。
 一方、多施設臨床研究の重要性に関する意識も高い。外科手術に関する研究に関して、現在結腸癌における切離腸管長を確立することを目的とする国内の多施設研究を主導しており、英国、ドイツ、韓国、ロシア等との国際共同研究の事務局としての業務も担っている。また平成28年に大腸癌研究会にてpT1癌に関する日英共同研究が開始され、本グループが研究責任者を務めている。組織学的研究に関連する分野での近年の新たなる展開は、進行直腸癌症例における術前化学放射線療法あるいは術前化学療法の効果予測指標に関する研究である。この分野の研究は学外からも注目され、現在多施設研究を推進中である。大腸癌研究会やJCOG(日本臨床腫瘍グループ)で行われている多施設研究にも積極的に研究分担施設として参加しており、本邦発のエビデンスの構築に貢献している。

■主な研究
1. 国際共同研究
・『結腸癌の至適腸管切離長に関する前向き研究 (T-REX study)』
(大腸癌研究会プロジェクト研究、プロジェクト委員長:長谷和生)
・『pT1大腸癌のリンパ節転移の国際共同研究 (F1 study)』
(大腸癌研究会プロジェクト研究、プロジェクト委員長:上野秀樹)

2. 国内多施設研究
・大腸癌化学療法プロジェクト(REGOTAS試験)(大腸癌研究会プロジェクト研究)
・大腸癌腹膜播種のGrading(大腸癌研究会プロジェクト研究)
・MRI診断能に関する研究(大腸癌研究会プロジェクト研究)
・臨床病期II/III 肛門管扁平上皮癌に対するS-1+MMC を同時併用する
 根治的化学放射線療法の臨床第I/Ⅱ相試験(JCOG0903)
・大腸癌切除における適切な切除手順に関するランダム化比較試験(JCOG1006)
・治癒切除不能進行大腸癌に対する原発巣切除の意義に関するランダム化比較試験(JCOG1007)
・高齢切除不能進行大腸癌に対する全身化学療法に関するランダム化比較第Ⅲ相試験(JCOG1018)
・側方リンパ節転移が疑われる下部直腸癌に対する術前化学療法の意義に関する
 ランダム化比較第II/III相試験(JCOG1310)
・直腸癌側方リンパ節転移の術前診断能の妥当性に関する観察研究(JCOG1410A)
・多施設共同ランダム化比較試験に参加したStage II/III 進行大腸癌患者を対象とした予後予測および
 術後補助療法の適正化を目的とした大規模バイオマーカー研究(JCOG1506A1)
・再発危険因子を有するStage II大腸癌に対するUFT/LV療法の臨床的有用性に関する研究(JFMC46-1201)

3. 自施設研究
・消化器癌の治療法決定に資するバイオマーカー探索と癌悪性度を規定する微小環境の病態解明に
 関する研究(上野)
・進行直腸癌症例における術前化学放射線療法あるいは術前化学療法の効果予測指標に関する研究(神藤)
・大腸癌腫瘍浸潤先進部所見の分子生物学的背景の解明と予後予測への応用に関する検討(梶原)
・大腸癌のがん関連線維芽細胞におけるメタロプロテアーゼ(ADAM/MMP)の発現と
 大腸癌細胞増殖・浸潤・転移に関する研究(望月)

上部消化管外科

 グループの研究は、当講座の伝統である「外科侵襲学」に関する研究を継承して、「研究は臨床に根付いたものでなければならない」という信念のもと、悪性腫瘍の進展・転移のメカニズムとその制御、低侵襲手術の客観的評価、侵襲時あるいは重症感染症の病態解明などが主たる研究の目的となっている。胃に関しては、胃癌における見張りリンパ節理論の検証、腹腔鏡下胃切除の有用性や新しい術式の開発といった実臨床に直結する課題を始め、癌幹細胞理論からみた胃癌制御の可能性やc-Met癌原遺伝子制御による基礎的検討など多岐にわたる。Sentinel node navigation surgery研究会や日本臨床腫瘍グループ主催の前向き臨床試験に積極的に参加し、世界で類を見ない新しい術式の開発や、至適リンパ節郭清範囲の決定などのevidence構築に向けてグループ一丸となって活躍している。食道に関しては、近年導入した胸腔鏡下食道切除の低侵襲性を全身性炎症反応症候群診断項目から客観的に示した。一方、「外科侵襲学」と「腫瘍学」の接点として、ヘリコバクターピロリが有するエンドトキシンが胃癌の増殖に大きく関与し、また重症感染症や過大侵襲時に組織修復にとって重要な役割を有するHepatocyte growth factorが、胃癌や食道癌細胞上のc-Metと結合することで腫瘍進展に大きく関与することを示すなど、「侵襲腫瘍学」という新たな学問の概念を内外に示した。また最近ではナノ医学を駆使したドラッグデリバリーシステムを利用して、光線力学療法による悪性腫瘍やヘリコバクターピロリ菌の除菌への臨床応用に向けた基礎的研究を行っている。

■主な研究
1. 国内多施設研究
・高度リンパ節転移を伴う進行胃がんに対する、術前TS-1+CDDP併用療法+外科切除の
 第Ⅱ相臨床試験 (JCOG 0405)
・根治切除可能な大型3型・4型胃癌に対する術前TS-1+CDDP併用療法による第Ⅲ相試験 (JCOG 0501)
・治癒切除不能進行胃癌に対する胃切除術の意義に関するランダム化比較第III相試験 (JCOG 0705)
・深達度SS/SEの切除可能胃癌に対する網嚢切除の意義に関するランダム化比較第III相試験 (JCOG 1001)
・早期胃癌に対するセンチネルリンパ節を指標としたリンパ節転移診断と縮小手術の有用性に関する
 臨床試験 (SNNS研究会)

2. 自施設研究
・周術期合併症が悪性腫瘍の長期予後に及ぼす影響 (辻本)
・超分子デバイスを用いた胃癌の転移診断と光線力学療法の効果に関する研究 (辻本)
・外科侵襲後の免疫不全の病態解明と腫瘍免疫に及ぼす影響に関する研究 (辻本)
・光線力学療法によるHelicobacter pylori除菌に関する研究 (平木)

消化管外科の主な研究業績

■ Journal of Clinical Oncology
・ Tumor deposits in colorectal cancer: improving the value of modern staging–A systematic review
 and meta-analysis (Nagtegaal ID; Ueno H, et al 2017)
・ Sentinel node Mapping for gastric cancer: A prospective multicenter trial in Japan
 (Kitagawa Y; Tsujimoto H, et al. 2013)
・ Optimal colorectal cancer staging criteria in TNM classification (Ueno H, et al. 2012)
・ Actual Status of Distribution and Prognostic Impact of Extramural Discontinuous Cancer Spread
 in Colorectal Cancer (Ueno H, et al. 2011)

■ Gastroenterology
・ Risk factors for an adverse outcome in early invasive colorectal carcinoma (Ueno H, et al. 2004)

■ Gut
・ Histological categorization of fibrotic cancer stroma in advanced rectal cancer (Ueno H, et al. 2004)

■ Journal of Hepatology
・ A critical role of CpG motifs in a murine peritonitis model by their binding to highly expressed
 Toll-like receptor-9 on liver NKT cells (Tsujimoto H, et al. 2006)
・ Cooperative IFN-gamma production of mouse liver B cells and natural killer cells stimulated
 with lipopolysaccharide (Matsumoto A, et al. 2006)

■ Clinical Cancer Research
・ Helicobacter pylori augments growth of gastric cancers via the lipopolysaccharide-toll-like
 receptor 4 pathway whereas its lipopolysaccharide attenuates antitumor activities of human
 mononuclear cells (Chochi K, et al. 2008)

■ Annals of Surgery
・ Lack of preoperative enteral nutrition reduces gut-associated lymphoid cell numbers
 in colon cancer patients: a possible mechanism underlying increased postoperative infectious
 complications during parenteral nutrition (Okamoto K, et al. 2013)
・ Multicenter Study for Optimal Categorization of Extramural Tumor Deposits for Colorectal
 Cancer Staging (Ueno H, et al. 2012)
・ Prognostic significance of the number of lymph nodes examined in colon cancer surgery:
 clinical application beyond simple measurement (Hashiguchi Y, et al. 2010)
・ Limited gastrectomy with dissection of sentinel node stations for early gastric cancer
 with negative sentinel node biopsy (Ichikura T, et al. 2009)
・ Histological grading of colorectal cancer. A simple and objective method (Ueno H, et al. 2008)
・ Potential prognostic benefit of lateral pelvic node dissection for rectal cancer located
 below the peritoneal reflection (Ueno H, et al. 2007)
・ Extent of mesorectal tumor invasion as a prognostic factor after curative surgery
 for T3 rectal cancer patients (Miyoshi M, et al. 2006)
・ A new prognostic staging system for rectal cancer (Ueno H, et al. 2004)
・ Preoperative parameters expanding the indication of sphincter preserving surgery
 in patients with advanced low rectal cancer (Ueno H, et al. 2004)
・ Prognostic determinants of patients with lateral nodal involvement by rectal cancer
 (Ueno H, et al. 2001)
・ Indicators for treatment strategies of colorectal liver metastases (Ueno H, et al. 2000)

■ British Journal of Surgery
・ Optimal margins and lymphadenectomy in colonic cancer surgery (Hashiguchi Y, et al. 2011)
・ Predictors of extrahepatic recurrence after resection of colorectal liver metastases
 (Ueno H, et al. 2004)
・ Criteria for extramural perineural invasion as a prognostic factor in rectal cancer
 (Ueno H, et al 2001)
・ Autonomic nerve plexus involvement and prognosis in patients with rectal cancer
 (Ueno H, et al. 2000)

■ Cancer
・Histologic indices in biopsy specimens for estimating the probability of extended local spread
 in patients with rectal carcinoma (Ueno H, et al. 2002)

■ British Journal of Cancer
・Prognostic impact of histological categorisation of epithelial-mesenchymal transition
 in colorectal cancer (Ueno H, et al. 2014)

■ International Journal of Cancer
・ Gastric cancer cells exploit CD4+ cell-derived CCL5 for their growth and prevention
 of CD8+ cell-involved tumor elimination (Sugasawa H, et al. 2008)
・ Exploitation of interleukin-18 by gastric cancers for their growth and evasion
 of host immunity (Majima T, et al. 2006)

PAGE TOP
防衛医科大学校病院 防衛医学研究センター English