医学科Medicine

臨床検査医学

沿革

病理学第一講座は初代鈴木実教授が昭和52年3月より米国ベイラー医科大学主任教授から着任して開講し、平成6年3月に定年退官後、同年4月より鳥潟親雄助教授が慶応義塾大学医学部病理学教室から2代目教授として着任した。鳥潟教授は平成8年4月に防衛医大高等看護学院長、平成9年4月に防衛医大副校長(教育担当)に就任し、平成15年4月より防衛医大学校長に着任した。それに伴い平成10年4月より河合俊明助教授が3代目教授に昇任し、現在に至っている。教室のスタッフとして平成15年4月より防衛医学研究センターより中西邦昭講師(1期)がUC転官として着任し、翌年助教授に昇進した。平成18年6月には、病理学第一講座から臨床検査医学講座に名称変更された。同年には、熊木史幸(11期)及び緒方衝(15期)医官が、兼務講師に就任し医学生の教育を受け持った。平成19年に学校教育法の一部を改正する法律により、助教授は准教授に、助手は助教に名称変更された。自衛隊横須賀病院の緒方衝教育部教官がUC転官し、助教として着任したことにより、廣井禎之助教と二人体制になった。平成22年には中西邦昭准教授が病院検査部に転任し、廣井助教は指定講師に昇進した。また平成24年には緒方助教が講師に昇進した。研究科学生として平成18年に大畑裕一郎航空歯科医官、平成21年には徳富智明(19期)陸上医官が、平成25年には亀田光二(26期)陸上医官が加わった。教務職員として2名体制であったが、鈴木亜矢子技師が、平成17年に産婦人科に転出し、冨永晋臨床検査技師が剖検業務及び標本作成業務に携わっている。

教育及び診断業務の概要

平成16年度から各系別の統合型カリキュラムが施行されるようになったので、臨床検査医学講座は、第2学年から第4学年まで病理総論及び各系別の病理各論の講義を担当しており、並びに高等看護学院における病理の講義も行っている。また研究科学生の研究指導を行っている。講義のやり方も、従来の系統的、受動的な座学から飛躍してtutorial制度を導入した能動的な症例検討を医学生自身に課している。
診断業務に関しては剖検及び剖検報告会が病態病理学講座と共に行われており、病院CPCも年3回行われている。更に病院検査部病理において外科病理にも参画している。
平成20年4月から病理診断科が標榜診療科として政令で定められたことにより、病院において、病理外来を行う医科大学が増えた。
開講以来、海外の学会出席と共に他講座・他大学との共同研究を実施して教育・診療・研究レベルの向上に努めている。

研究の要約

主として腫瘍発生及び予後、細胞診断、腸管スピロヘータ症及び環境因子による生体の影響、遺伝子導入による生体の影響について電顕、組織化学、免疫組織化学、in situ hybridization、fluorescence ISH(FISH)、ELISA、Northern blotting、Southern blotting、Western blotting、polymerase chain reaction(PCR)、semiquantitative RT-PCR、共焦点レーザー顕微鏡等の方法で研究している。

ア 前浸潤性病変及び肺癌のテロメア、テロメア長、テロメレース活性の解析
イ 悪性中皮腫の細胞診、発生及び多様性について
ウ 尿路系移行上皮癌の予後因子の解析
エ Elastinと粥腫安定性について
オ ヒト腸管スピロヘータ症の細胞診
カ 低圧低酸素環境で誘発される肺高血圧モデルラットにおけるP2X4受容体

以上の研究結果はいずれもpeer reviewのある英文論文として出版されている。

PAGE TOP
防衛医科大学校病院 防衛医学研究センター English