医学科Medicine

麻酔学

沿革

昭和50年4月福島和昭が初代教授として着任し、昭和52年4月麻酔学講座が開設された。平成3年1月佐藤哲雄が二代目教授として就任した。そして、平成15年4月、本学1期生で浜松医科大学麻酔・蘇生学講座助教授だった風間富栄が教授として就任した。開設当初は他大学出身のスタッフがほとんどであったが、現在は多くのスタッフが本学校出身で占められている。

教育の概要

医学科学生に対する講義として第3学年に2回、4時間、第4学年に16回、32時間行っている。内容は麻酔学概論、麻酔学実践編、基礎医学と麻酔、全身麻酔・全静脈麻酔、麻酔と循環、モニター、局所麻酔と腰麻・脊麻、ショック、ICU、麻酔と呼吸、産科麻酔、脳神経外科の麻酔、心・大血管の麻酔、筋弛緩薬、内分泌と麻酔、ペインクリニック、手術室ITシステムである。第4学年あるいは第6学年にはBSLが行われる。BSLにおいて学生は指定された担当医につき、術前評価、麻酔プラン、麻酔手技を実習する。スタンプラリー制度を取っており各実習実技が効率よく取れるよう工夫されている。さらに、毎日スタッフによるクルズスがある。また、麻酔科外来でペインクリニックの実習も組み込まれている。卒後研修に関しては、研修医の自主性を尊重し、個性を伸ばすよう教育している。月曜日から金曜日までは朝一番の手術患者が手術部へ入室する前に術前カンファレンス、それに引き続き最新の海外論文を紹介する抄読会を行っている。臨床で得た疑問点をヒントに積極的に臨床研究を行い、その結果を学会で発表するのみならず国際雑誌へ投稿するよう指導している。

研究の要約

静脈麻酔薬の薬物動態学、薬力学を中心に研究テーマは多岐にわたる。まず、静脈麻酔プロポフォールの微量な呼気中濃度を検出し、血中濃度と相関することを証明した。また、現在麻酔科領域のトピックの一つである幼少期における吸入麻酔薬暴露の神経毒性の研究を多方面から行っている。これらの研究成果は麻酔科領域のトップジャーナルであるAnesthesiology誌へ掲載されている。吸入麻酔薬をエマルション化し静脈内投与する研究もスタートしている。また、埼玉麻酔科専門医会の事務局を本講座に置き、年2回研究会を開催し、埼玉県の麻酔科医の学術交流を行っている。

PAGE TOP
防衛医科大学校病院 防衛医学研究センター English