図書館Library

館長挨拶

ご挨拶

防衛医科大学校図書館は、本校キャンパスの中央に位置し、広さ約3,000m2の館内には、閲覧室・視聴覚室・ブラウジングコーナー・開架書庫・情報検索コーナー等があります。本図書館は、広範かつ高度な医学教育・研究・診療を遂行するために、医学情報の発信センターとしての役割を果しております。
教職員・学生(医学科・研究科・高等看護学院・看護学科)・自衛隊医官を対象に、蔵書約19万冊(医学及び一般教養の図書・雑誌・視聴覚資料)を閲覧に供しております。また「防衛医学コーナー」を特設するなど、本校の特色を生かした閲覧環境が整備されています。一般教養図書等についても、網羅的に収集を行っており、広範な蔵書構築が成されています。
昨今の電子ジャーナルの導入によって、国内外の雑誌がオンラインで閲覧・ダウンロードすることが可能となりました。さらにデータベースとのリンクにより、学術情報を快適に収集することができるようになり、教職員・学生の勉強、研究、論文執筆に大いに貢献しております。
なお、図書館では、常時データベースの利用や他大学図書館からの文献入手等について指導・支援のサービスを行っています。
今後も、図書館利用者のために、時代のニーズに即した図書館の質・量の一層の充実を図って、図書館職員一同努力する所存です。

防衛医科大学校 図書館長 関 修司

PAGE TOP
防衛医科大学校病院 防衛医学研究センター English