教官紹介Faculty
医学教育部医学科

学内講師 大川 晋平 おおかわ しんぺい

所属

医学教育部医学科

部(講座)/診療科

医用工学

担当講義・実習

  • 医学科第1学年  情報技術
  • 医学科第3学年  機能医学系(医用工学)
  • 看護学科第1学年 情報リテラシー

研究内容

  • 生体計測・イメージング技術の研究を行っています.物理や数学を応用して,非侵襲で人に優しい生体機能の計測・イメージング技術の実現・高度化を目指しています.特に1)光音響・近赤外拡散光・蛍光トモグラフィーや2)脳磁場計測における画像再構成アルゴリズムや信号処理などに実績があります.

  • 1) 光を用いた生体内イメージング(拡散光・蛍光・光音響トモグラフィー)
  • 生体表面で光を照射し,生体表面で測定した拡散光や蛍光,光音響のデータから光拡散方程式や光音響波動方程式に基づく逆問題を解き,ヘモグロビンや蛍光色素の濃度分布をイメージングして診断に役立てることを目指しています.脳機能計測や乳がんのスクリーニングなどに応用できる可能性があります.

  • 2) 脳磁場計測
  • 脳内の神経細胞の活動電位によって生じた磁場を非侵襲で測定し,ビオ・サバールの法則に基づいた逆問題を解き,脳内の電流分布をイメージングします.小児てんかんの診断や高次脳機能計測などに応用されています.

最近の論文

  1. S. Okawa, T. Nara, “Localization of current dipole by minimizing entropy of dipole distribution for magnetoencephalography,” International Journal of Applied Electromagnetics and Mechanics, 52(1-2), 73-78 (2016).
  2. S. Okawa, T. Hirasawa, T. Kushibiki, M. Ishihara, “Image reconstruction of the absorption coefficients with l1-norm minimization from photoacoustic measurements,” Quantitative Imaging in Medicine and Surgery, 5(1), 78-85 (2015).
  3. S. Okawa, T. Ikehara, I. Oda, Y. Yamada, “Reconstruction of localized fluorescent target from multi-view continuous-wave surface images of small animal with lp sparsity regularization,” Biomedical Optics Express, 5(6), 1839-1860 (2014).
  4. 大川晋平, 平沢 壮, 櫛引俊宏, 石原美弥, “光音響計測による生体内光学特性値分布の定量的イメージング,” 日本レーザー医学会誌, 35(2), 140-150 (2014).
  5. S. Okawa, T. Hirasawa, T. Kushibiki, M. Ishihara, “Numerical evaluation of linearized image reconstruction based on finite element method for biomedical photoacoustic imaging,” Optical Review, 20(5), 442-451 (2013).
  6. S. Okawa, A. Yano, K. Uchida, Y. Mitsui, M. Yoshida, M. Takekoshi, A. Marjono, F. Gao, Y. Hoshi, I. Kida, K. Masamoto, Y. Yamada, “Phantom and mouse experiments of time-domain fluorescence tomography using total light approach,” Biomedical Optics Express, 4(4), 635-651(2013).
  7. S. Okawa, Y. Endo, Y. Hoshi, Y. Yamada, “Reduction of Poisson noise in measured time-resolved data for time-domain diffuse optical tomography,” Medical and Biological Engineering and Computing, 50(1), 69-78 (2012).
  8. S. Okawa, Y. Hoshi, Y. Yamada, “Improvement of image quality of time-domain optical tomography with lp sparsity regularization,” Biomedical Optics Express, 2(12), 3334-3348 (2012).
  9. 大川晋平, 池原辰弥, 小田一郎, 山田幸生, “蛍光による生体分子イメージングにおける画像再構成の高度化, ” 光学, 8(41), 424-429 (2012).
  10. 大川晋平, 山田幸生, “拡散光トモグラフィーによる生体内の光学特性値分布の再構成,”日本レーザー医学会誌, 32(4), 402-410 (2012).
  11. S. Okawa, Y. Yamada, “Reconstruction of fluorescence/bioluminescence sources in biological medium with spatial filter,” Optics Express, 13(12), 13151-13172 (2010).
  12. S. Okawa, S. Honda, “MEG Analysis with Spatial Filtered Reconstruction,” IEICE Transactions on Fundamentals and Electronics, Communications and Computer Sciences, E89-A(5), 1428- 1436 (2006).
  13. S. Okawa, S. Honda, “Reduction of noise from magnetoencephalography data,” Medical and Biological Engineering and Computing, 43(5), 630-637 (2005).

リンク

PAGE TOP
防衛医科大学校病院 防衛医学研究センター English