診療科・部門Department

検査部

  • 中西 邦昭
    検査部長中西 邦昭
    • 職位臨床検査医学講座教授
    • 専門分野航空医学
    • 資格等
      • 検査医学専門医
      • 認定病理専門医
      • 細胞診専門医
    • 卒業 防衛医科大学校1980年卒
  • 島﨑 英幸
    検査部講師島﨑 英幸
    • 職位診断病理部門専従
    • 専門分野外科病理学
    • 資格等
      • 認定病理専門医
      • 細胞診専門医
      • 検査医学専門医
    • 卒業 防衛医科大学校1990年卒
  • 緒方 衝
    検査部講師緒方 衝
    • 職位臨床検査部門専従
    • 専門分野検査医学
    • 資格等
      • 検査医学専門医
      • 認定病理専門医
      • 細胞診専門医
    • 卒業 防衛医科大学校1994年卒
  • 熊澤 文久
    検査部助教熊澤 文久
    • 職位診断病理部門専従
    • 専門分野外科病理学
    • 資格等
      • 認定病理専門医
    • 卒業 藤田保健衛生大学2007年卒
  • 堂本 英治
    海上自衛隊潜水医学実験隊第一部長堂本 英治
    • 職位診断病理部門
    • 専門分野外科病理学
    • 資格等
      • 認定病理専門医
      • 細胞診専門医
      • 検査医学専門医
    • 卒業 防衛医科大学校1992年卒
  • 加藤 圭
    防衛省人事教育局衛生官付医官加藤 圭
    • 職位診断病理部門
    • 専門分野外科病理学
    • 資格等
      • 認定病理専門医
      • 細胞診専門医
      • 検査医学専門医
    • 卒業 防衛医科大学校1994年卒
  • 河野 貴子
    検査部専門研修医河野 貴子
    • 職位診断病理部門
    • 専門分野外科病理学
    • 卒業 防衛医科大学校2009年卒
  • 加藤 貴美
    検査部専門研修医加藤 貴美
    • 職位診断病理部門
    • 専門分野外科病理学
    • 卒業 防衛医科大学校2010年卒
  • 津田 均
    病態病理学講座教授津田 均
    • 職位診断病理部門
    • 専門分野外科病理学、乳腺病理学
    • 資格等
      • 認定病理専門医
      • 細胞診専門医
    • 卒業 防衛医科大学校1984年卒
  • 岩屋 啓一
    病態病理学講座准教授岩屋 啓一
    • 職位診断病理部門
    • 専門分野外科病理学
    • 資格等
      • 認定病理専門医
      • 細胞診専門医
    • 卒業 防衛医科大学校1986年卒
  • 松原 亜季子
    病態病理学講座助教松原 亜季子
    • 職位診断病理部門
    • 専門分野外科病理学
    • 資格等
      • 認定病理専門医
      • 細胞診専門医
    • 卒業 滋賀医科大学2004年卒
  • 桂田 由佳
    病態病理学講座研究科学生桂田 由佳
    • 職位診断病理部門
    • 専門分野外科病理学
    • 資格等
      • 認定病理専門医
      • 細胞診専門医
      • 検査医学専門医
    • 卒業 防衛医科大学校2005年卒
  • 宮居 弘輔
    陸上自衛隊部隊医学実験隊宮居 弘輔
    • 職位診断病理部門
    • 専門分野外科病理学
    • 資格等
      • 認定病理専門医
      • 細胞診専門医
    • 卒業 防衛医科大学校2006年卒
  • 河端 正樹
    検査部技師長河端 正樹
    • 職位臨床検査技師
    • 専門分野免疫血清学
    • 資格等
      • 二級臨床検査士
    • 卒業 北里大学1980年卒

多くの大学病院は現在 anatomical pathology(形態病理学)と clinical pathology(臨床病理学)を分離し、独立した2部門(診断病理部門と臨床検査部門)として業務を行っています。しかし、本検査部は開院以来の anatomical pathologyとclinical pathology を一括して行う基本方針の基に、両方の業務を一部門で行っています。臨床検査部門では血液・尿・便・臓器など生体から採取された材料から種々の検査を行う「検体検査」と心電図・脳波・超音波検査などの「生理機能検査」の大きく2つの検査を行い、診療各科の診断業務に必要な情報を提供しています。診断病理部門(病理診断科)では基礎・臨床の2講座と共に病理診断および病理解剖を分担しています。

診療スタッフ

本業務を行う医師は臨床検査部門と診断病理部門(病理診断科)を担当する医師からなり、診断病理部門(病理診断科)を担当する医師は基礎・臨床の2講座の医師と共に診療業務に従事しています。

一般検査室では尿・便、あるいは、髄液・腹水・胸水などの穿刺液から種々の検査を行っています。尿のスクリーニング検査は尿試験紙の色調変化を自動分析器で分析し、即時に臨床医のもとに報告しています。尿の有形成分(細胞等)は自動分析器でスクリーニングし、機器では判別できない場合には技師が顕微鏡で検査し、最終判定として報告しています。

主な分析装置

尿定性分析装置:UA-ROBO-700i 2台
全自動尿中有形成分分析装置:UF-1000i

検査スタッフ

土屋 貴絵(認定一般検査技師、二級臨床検査士)
中山 智史(緊急臨床検査士)
三吉 恵次郎

臨床化学検査は血液・尿・髄液等に含まれる生化学成分を迅速かつ正確に測定し、疾患の診断や薬物投与の効果・治療の予後のために情報提供を行っています。
特に患者サービスの一環として「診察前検査」に迅速検査システムを導入し、主要な42項目の結果を1時間以内で報告して、診断と治療に重要な情報を提供しています。

主な分析装置

下記にまとめて記載

検査スタッフ

下記にまとめて記載

抗原-抗体反応を測定原理とする免疫学的検査を行います。従来は用手法検査の多かった部門でしたが、現在では化学発光法などの高感度測定系を用いた自動分析が主流となり、臨床化学検査部門と協力して腫瘍マーカーやホルモンの精密測定なども検査しています。
主な測定項目は感染症検査・腫瘍マーカー検査・甲状腺機能ホルモン・婦人科関連ホルモン・糖尿病関連ホルモン・血漿蛋白検査・アレルギー検査・細胞性免疫検査です。
免疫学的検査は一定の反応時間を必要とするため迅速報告は難しいのですが、ほとんどの検査項目において当日報告を実施しています。

主な分析装置

搬送接続:LABOSPECT TS、LABOSPECT 008 2台、ルミパルスPrestoⅡ 2台、ARCHITECTアナライザー i2000SR 2台
緊急検査機器:ARCHITECTアナライザー ci 4100 2台
血液測定ガス装置:ABL825FLEX 2台
HbA1c測定装置:DM-JACK 2台
アレルギー検査装置:Phadia 250

検査スタッフ

寺田 章作(二級臨床検査士、特定化学物質作業主任者)
関塚 久美
鈴木 里依子(細胞検査士、国際細胞検査士、二級臨床検査士)
永井 薫(認定超音波検査士、二級臨床検査士、主任)

免疫血清検査部門

血液検査室では血球算定・網状赤血球数・血液像検査・骨髄検査を行い、感染症・貧血・白血病等の精査を行います。また、凝固・線溶系機能検査を行い、これにより血友病等の出血性疾患、あるいはDICなどの血栓症の検査を行っています。
血液像検査のスクリーニングは機器で行いますが、難治性の貧血や白血病等の検査は標本を作製し、臨床検査技師が顕微鏡を用いて検査しています。
骨髄検査は貧血や白血病等の病名を診断するのに欠かせない検査で、これも標本を作製して臨床検査技師が顕微鏡を用いて検査を行っています。

主な分析装置

搬送接続1:HST-N、XE-5000 2台、SP-1000i、TS-2000
搬送接続2:IDS-880、CA-7000 2台
緊急検査機器:XT-4000i、CS-2100i

検査スタッフ

鵜川 治子(二級臨床検査士、主任)
石井 恵(二級臨床検査士)
佐藤 季香(二級臨床検査士、電子顕微鏡二級技士)

血液検査部門

患者さんから採取された喀痰・尿・便などの検査材料中に病気の原因となる微生物(MRSA・セラチア菌・腸間出血性大腸菌O-157・結核菌など)がいないかを検査しています。検査は主に細菌が対象となり、病原菌が検出された場合には、どういう菌なのかという「同定検査」、どのような抗菌薬が効くのかという「薬剤感受性検査」を行っています。また、冬季に流行するインフルエンザウイルスなどに対する迅速抗原検査も行っています。その他、治療や院内感染対策に利用される各種統計資料(菌検出状況、抗菌薬感受性など)を定期的に報告しています。

検査スタッフ

結城 篤(認定臨床微生物検査技師、感染制御認定臨床微生物検査技師(ICMT)、二級臨床検査士、主任)
濱本 隆明(認定臨床微生物検査技師、緊急臨床検査士、二級臨床検査士)
直井 健治(二級臨床検査士)
古桑 美香(二級臨床検査士)

学会等による施設認定等

認定臨床微生物検査技師制度協議会 研修施設認定

病理検査は患者さんから採取された検査材料(組織・臓器・尿・喀痰など)の標本を作製し、顕微鏡下にて観察することにより診断を行っています。これらの業務は検査材料や処理法の違いにより、組織診と細胞診に大別されますが、いずれも病態の把握・治療方針・効果を検討する上で非常に重要な役割を担っています。
当部署のスタッフは認定病理専門医・細胞診指導医などの資格を持つ病理医および細胞検査士の資格を持つ臨床検査技師によって構成されており、正確かつ質の高い情報を迅速に提供しています。

検査スタッフ

三鍋 慎也(認定病理検査技師、細胞検査士、二級臨床検査士、主任)
織田 智博(細胞検査士、国際細胞検査士)
高橋 宏美(細胞検査士)
川口 翔(細胞検査士、国際細胞検査士)
道休 美咲(細胞検査士、中級バイオ技術者)

学会等による施設認定等

日本臨床細胞学会 施設認定
日本臨床細胞学会 教育研修施設認定

生理機能検査とは、わたしたちの心臓や脳や筋肉が活動するときの微弱な電気信号を波形として記録したり、超音波診断装置(エコー)を使用して、からだの中にあるさまざまな臓器を画像化して観察することで身体の機能や、病気の診断、治療経過などを調べるために行う検査です。これらの生理機能検査は検査領域の認定資格を取得した検査技師が直接、患者さんに接しながら検査をします。

当院での主な検査項目

心機能検査

  • 安静時12誘導心電図
  • ホルター心電図
  • トレッドミル負荷心電図
  • マスター負荷心電図
  • 血圧脈波検査(ABI/PWV)

超音波検査

  • 経胸壁心エコー
  • 経食道心エコー
  • 血管エコー
  • 腹部エコー
  • 乳腺エコー
  • 造影エコー
  • 皮膚組織灌流圧検査(SPP)
検査機器
検査機器
検査機器

呼吸機能検査

  • 肺活量
  • 努力性肺活量
  • 機能的残気量
  • 肺拡散能
  • 気道抵抗
  • 気道可逆試験

脳神経機能検査

  • 脳波・睡眠脳波
  • 筋電図
  • 神経伝導速度
検査機器
検査機器

安静時12誘導心電図・ホルター心電図・運動負荷心電図検査

心臓は全身に血液を循環させるために一日に約10万回、微弱な電気信号により収縮と拡張を繰り返します。その電気信号をからだの表面で測定した「波形」が心電図です。心電図は手と足と胸に電極を付け心電計で測定します。心肥大・狭心症・心筋梗塞・心筋症など心臓に関わる異常があると心電図に変化がでます。


安静時12誘導心電図
ベッドに仰向けに寝ていただき、手首と足首に4個、胸に6個の電極をつけ安静時の心電図を測定します。
検査は長くても3分程度で終了します。

ホルター心電図
病院での安静時心電図検査は、長くても3分程度の時間です。
患者さんによっては「駅の階段を登ると胸が痛くなる」、「明け方に胸が痛くなる」など、病院外で自覚症状を感じる方がおられます。そこで、小型軽量の心電図記録装置を身につけそのまま帰宅し、日常生活中の24時間の心電図を測定します。翌日、記録した心電図を詳しく解析をします。2日がかりの検査です。

トレッドミル負荷心電図
安静時には現れない心電図変化を調べるために、トレッドミルと呼ばれる電動のベルトコンベアの上を歩いたり走ったりしながら心電図や血圧の変化を測定します。動きやすい服装で来院してください。

マスター負荷心電図
安静時には現れない心電図変化を調べるために、2段の階段を昇ったり降りたりする運動を一定時間繰り返したあとに、心電図を測定する負荷後検査です。

血圧脈波検査(ABI/PWV)

ABI検査(足関節上腕血圧比)は足首と腕の血圧を測定し、その比をとることで、からだの太い動脈が狭くなったり、詰まりがないか調べます。PWV検査(脈波伝搬速度)は心臓の拍動が手や足に伝わる速度から動脈硬化の程度を調べます。動脈硬化が進行すると血管の弾力性がなくなり、脈波の伝わる速度が速くなります。また硬さの指標CAVI値は年齢とよく相関することから、老化を反映する指標として血管年齢を表示します。

超音波検査(エコー検査)

エコー検査機器

超音波検査は、音が物にぶつかると反射する性質を利用した検査です。
からだの表面に探触子を押しあて、人の耳には聞こえない周波数の超音波をあてると、見たい臓器から反射波(エコー)がはね返ってきます。この反射波を画像化して観察することで、からだの中の臓器や血管の状態を調べることができます。検査する臓器ごとに次のように分かれています。

心エコー検査

心臓はつねに拍動を繰り返しています。心エコーでは心臓の拍動や弁の動き具合や血液の流れる方向や速度をリアルタイムで観察することができます。心筋梗塞・弁膜症・心肥大・心筋症・心不全など心臓疾患の診断や治療効果の評価に有用な検査です。

頸動脈エコー検査

動脈硬化を放っておくと、動脈の弾力性が失われて硬くなり、血管壁の内側にプラークと呼ばれる脂肪やコレステロールがたまることで、血管が狭くなったり、詰まったりして血液の流れが悪くなり、心臓や脳に障害が起こりやすくなります。頸動脈は、からだの血管の中で動脈硬化による変化を観察しやすい血管です。頸動脈エコーでは、脳梗塞の原因となるプラークの有無や血液の流れる速度から血管の詰まりの程度を調べます。

下肢静脈・動脈エコー検査

静脈の中に血液のかたまり(血栓)ができる病気を「深部静脈血栓症」といいます。その血栓が流れて肺の血管で詰まると「静脈血栓塞栓症」といい、呼吸困難や突然死をおこす危険性があります。
この病気は「エコノミークラス症候群」として広く知られていますが、飛行機に乗らなくても長時間、同じ姿勢で足を動かさないでいたり、適切な水分を摂らず脱水になったり、怪我をすることなどがきっかけとなり発症することがあります。深部静脈血栓症になると「急に片足だけが腫れて痛い」「足だけがむくんでだるい」などの自覚症状がでる場合と、まったく自覚症状がなくても血栓ができている場合があります。
太ももの付け根からふくらはぎの静脈の中に、血栓がないかを調べます。そのほか足の静脈の検査では、皮膚の表面に静脈がボコボコと浮き出てくる下肢静脈瘤の検査や、足の動脈の検査では「すこし歩くと足が痛くなり、休み休みでなければ歩けない」や「足が冷たい」などの症状がでる、閉塞性動脈硬化症の診断に有用な末梢動脈エコー検査を行っています。

腹部・乳腺・甲状腺エコー検査

肝臓・胆嚢・脾臓・膵臓・腎臓・前立腺・乳腺・甲状腺などが検査対象です。それぞれの臓器の大きさや形態を観察します。脂肪肝や胆石・胆嚢ポリープやがんの発見などに有用な検査です。腫瘍など、より詳細な検査が必要な場合には造影エコー検査を行う場合もあります。

皮膚組織灌流圧検査(SPP検査)

SPP検査機器

皮膚の毛細血管レベルの血流を調べます。皮膚にレーザーセンサーを貼り、カフを巻き加圧します。ゆっくり減圧しながら毛細血管の血圧を測定します。閉塞性動脈硬化症(PAD)やバージャー病・膠原病・糖尿病・透析導入・感染など足部虚血性潰瘍の治癒予測・切断術の適応や重症度評価・治療効果の判定に有用な検査です。

呼吸機能検査

肺や気管を出入りする空気の量や速度を調べます。鼻をクリップでつまみ、マウスピースをくわえて大きく息を吸ったり吐いたり、ひと息で思いきり吐きだして調べます。患者さんの理解と努力が検査結果に影響を及ぼしますので、検査技師の指示に合わせてがんばってください。
気管支ぜんそくや慢性閉塞性肺疾患(COPD)・肺気腫(肺胞が拡張して壊れる病気)などの診断や治療効果の判定を行います。また、大きな手術を控えている場合にも呼吸機能が低下していないか調べます。

脳波・睡眠脳波検査

脳が活動しているときには微弱な電流が発生しています。その電流をあたまの表面で測定した「波形」が脳波です。脳波は頭皮に電極を貼り付け、ベッドに横になりリラックスした状態で測定します。検査中に眠くなったら眠って構いません。てんかん・けいれん・意識障害・脳炎・脳梗塞・脳腫瘍・脳挫傷・脳機能低下など脳に関する疾患の診断や治療効果を調べています。また、脳死判定にも使用されます。

筋電図・神経伝導速度検査

検査機器

運動障害や脱力やしびれなど、筋肉や神経障害の程度を調べます。
筋肉が活動する際に発生する微弱な電気信号を波形として記録したり、神経に微弱な電気刺激を加え刺激の伝わる速度を測定します。筋電図検査は筋肉に針を刺したり、神経に電気刺激を加えたりするため痛みを伴う場合もあります。患者さんの理解と協力が必要な検査です。

検査スタッフ

半場康人(認定血管診療技師、認定超音波検査士、二級臨床検査士、副技師長)
竹内由紀子(認定超音波検査士、二級臨床検査士、一般検査士)
佐藤千夏(認定超音波検査士、二級臨床検査士、電子顕微鏡二級技士)
宮﨑未帆(認定血管診療技師、認定超音波検査士、二級臨床検査士)
倉津じゅん(認定超音波検査士、緊急臨床検査士)
喜久川政春(認定超音波検査士、二級臨床検査士)
宮崎和弘(認定心電検査技師、二級臨床検査士)
小宅祐子

検査部では日々の各種内部精度管理と共に、検査結果の前回値チェック・パニックチェック・異常値チェックなどを実施することで、正確かつ迅速な検査結果を提供して臨床各科への診療支援を行っています。
また、CAPサーベイ(College of American Pathology)や日本医師会精度管理・日本臨床検査技師会精度管理などの外部精度管理に参加し、施設間の格差是正にも努めています。

2011年度 2012年度 2013年度 2014年度
総件数 4,239,483 4,421,658 4,421,870 4,243,059
一般検査 441,673 482,464 500,764 457,763
血液学的検査 777,485 783,625 779,757 761,601
細菌学的検査 55,385 47,782 48,037 53,621
血清学的検査 264,706 294,138 293,632 290,566
生化学的検査 2,564,387 2,678,252 2,660,381 2,561,054
病理学的検査 34,697 34,343 34,592 33,757
生理機能 心機能検査 17,091 17,432 18,028 16,612
筋電図検査 145 122 69 130
脳波検査 975 1,061 923 916
超音波検査 5,180 5,096 4,646 4,324
呼吸機能検査 5,114 6,133 6,582 5,822
健診・その他 72,645 71,210 74,459 56,893
PAGE TOP
防衛医科大学校