診療科・部門Department

緩和ケア室

  • 医師藤本 肇
    • 職位専従医師
    • 資格等
      • 日本緩和医療学会暫定指導医
  • 医師山崎 民大
    • 専門分野乳線内分泌外科
  • 医師谷知 知章
    • 専門分野精神科
  • 医師桑原 達郎
    • 専門分野精神科

看護師 緩和ケア認定看護師2名(うち専従1名)、がん化学療法看護認定看護師 1名
薬剤師 2名(うち専任1名)
地域医療連携室 スタッフ3名(看護師1名、ソーシャルワーカー2名)

当院では、入院・外来において緩和ケアを必要とするがん患者さんを対象に、緩和ケアチームがさまざまな形で支援する体制を整えています。病気の時期を問わず、その時々に必要な緩和ケアを提供します。
原則として、当院の診療科が外来もしくは入院管理を行う主治医となっている患者さんを対象とします。

緩和ケアチームの支援図

病気の治療と並行して緩和ケアを提供します

緩和ケアは、すべての治療を終えてから受けるものとは限りません。
どのような病気の時期にあっても、治療と並行して緩和ケアを受けることができます。

心身の痛みに対応します

緩和ケアは痛みに対する薬の調節だけではありません。
患者さんとご家族の生活の質に影響する、あらゆる苦痛・悩みごとに対応し、積極的に生活できるよう支えます。

過ごし方の希望を尊重します

『医療は病院で受けるもの』という固定観念にとらわれず、家で過ごすという選択肢も含めて、患者さんとご家族の希望を踏まえながら、過ごし方について丁寧に話し合います。

多職種で取り組みます

緩和ケアチームのスタッフがそれぞれの専門性を活かして、主治医と力を合わせて取り組みます。

地域連携を重視します

防衛医大の近隣に存在する、緩和ケア病棟、在宅医をはじめとする医療機関との連携を重視します。
また、これらの医療機関と、定期的に意見交換や緩和ケアの技術の向上を図るための会議などを開催し、地域との連携強化に努めます。

PAGE TOP
防衛医科大学校