診療科・部門Department

循環器内科

  • 教授足立 健
  • 講師矢田 浩崇
  • 講師(集中治療部)真崎 暢之
  • 作成中
  • 講師難波 貴之
  • 助教東谷 卓美
  • 助教安田 理紗子
  • 助教井戸 康夫

循環器内科では心臓の病気に対して専門的な検査や治療を行います。

以下のような症状のある方は、心臓病が疑われます。

  • 胸が締めつけられるような感じがする
  • 軽い運動で息が切れる
  • 夜、寝ていて息苦しくて目が覚める
  • 脈が乱れる
  • 急に意識を失い倒れる
  • 健康診断で心臓の異常を指摘された(心雑音、心電図異常、心肥大など)

当診療科では次のような疾患を治療しています。

  • 狭心症・心筋梗塞
  • 心筋症
  • 心不全
  • 弁膜症
  • 不整脈
  • 先天性心疾患
  • 高血圧症
  • 肺塞栓・肺高血圧症

当診療科で行っている検査には以下のものがあります。

心電図

心臓の電気活動を記録します。
心筋梗塞、心肥大、不整脈などを診断します。

トレッドミル運動負荷心電図

心電図をとりながら、ベルトコンベアの上を歩いてもらいます(約5~15分間)。
狭心症や不整脈などを診断します。

24時間ホルター心電図

小型の心電計をつけて、24時間、家にいるときも心電図を記録します。
その間の不整脈や狭心症などを診断します。
検査中、仕事など自由にできますが、入浴はできません。

心臓超音波検査(心エコー)

超音波を用いて、心臓や弁の状態を調べます。15分位横になっているだけで終わります。
更に詳しく心臓病について調べる必要の有る場合には最新の経食道心エコー、三次元心エコー検査も施行できる設備を整えております。

心筋シンチグラフィー

心臓に集まる性質のあるアイソトープを注射し、心臓のどの部分が血液の流れが不足しているか調べます。注射後とその4時間後の2回写真を撮ります。

心臓CT検査

最新鋭のCTが導入されています。従来心臓カテーテル検査でしかわからなかった心臓の血管の状態が外来でわかります。

心臓MRI検査

最新鋭のMRIが導入されています。心臓の動きや心臓の筋肉の状態を診断します。

血管機能検査

血管内皮機能(FMD)を評価しうる最新の機種を備えております。また、血管の固さや動脈硬化を評価する機器も準備中です。(CAVI:平成25年)これにより動脈硬化症等による血管病の進展を評価できます。近年は心不全においても血管機能低下が病気を悪くしている事が解ってきました。このような病態についても患者さんに少ない負担で評価できるように備えております。

心臓カテーテル検査

狭心症、心筋梗塞、弁膜症、心筋症、先天性心疾患などの心臓の病気を診断し、治療方法の決定するために行います。
カテーテルという太さ2~3mmの細い管を、太ももの付け根、肘、または手首の血管から心臓まで進めます。心臓に酸素と栄養を送っている血管(冠動脈)や心臓の動きを写真にとることにより、重要な情報を得ることができます。その情報を元に治療方針を決定します。
心臓に酸素と栄養を送っている血管(冠動脈)に狭いところがあったら、風船や金属(ステント)で広げます。
カテーテルを血管に入れるときは皮膚に局所麻酔をします。また体の中をカテーテルが動いても痛みは感じません。検査時間は約30分から1時間です。
狭心症の患者さんの中には冠攣縮といって、冠動脈の過収縮により狭心症が誘発される方がいらっしゃり、特に日本人では頻度が高いとされています。これが疑われる患者さんでは心臓カテーテル検査中に誘発を行ない、診断精度の向上に務めています。

心臓電気生理学的検査

不整脈を診断し、治療法を決定するために行います。
細い電線を、太ももの付け根や首の血管から心臓の中に入れ、心臓のいろいろな場所の心電図を記録する検査です。この検査により不整脈が心臓のどこから、どのように発生するのか、といった詳しい情報を得ることができます。
最近では薬を使わずに、不整脈のおこる場所をカテーテルで焼いてしまう方法があります。これは高周波カテーテル焼灼術(アブレーション)と呼ばれます。
心臓電気生理学的検査は局所麻酔と必要に応じ静脈麻酔下で行いますので、痛みはあまり感じません。検査に要する時間はおよそ1~3時間で、アブレーションの場合は3~5時間かかります(治療の難易度によって異なります)。入院期間は約1週間です。

冠動脈疾患

狭心症・心筋梗塞といった病気はコレステロールが心臓の血管(冠動脈)にたまり、血管が狭くなる事により発症します。当院では、このような患者さんにカテーテル治療を行なっています。慢性の狭心症の患者さん、急性心筋梗塞の患者さんに対応できるよう設備を整えております。重症心臓病患者さんを集中治療できるCCU(2床)を有し、補助循環装置(IABP:大動脈内バルーンパンピング/PCPS:経皮的心肺補助装置)も備えて、救急部・集中治療部等と協力して救急患者さんに対応しております。

不整脈治療

救急外来では不整脈による失神患者さんも搬送されてきます。当院ではこのような患者さんに、上記カテーテル検査・治療に加え、電気生理学的検査やヘッドアップティルト検査で失神の原因検索を行ない、詳細に原因を追及してより良い治療を心がけております。昨年より、アブレーション治療も再開し、良好な成績を得ております。今後も近隣医療施設と協力しながら更に不整脈治療を推進していきます。

心不全治療

高齢化社会に伴い、高血圧、心筋梗塞、不整脈(心房細動)、心筋症、心筋炎、弁膜症等を基礎疾患として発症する心不全患者さんは増え続けています。当科では地域の心不全治療の推進に務めています。国内外の豊富な臨床データーに基づいた薬物治療(レニン=アンギオテンシン=アンドステロン系阻害剤、β遮断剤)を十分に行なうよう心がけています。重症患者さんでは外来での薬物の調節が困難な場合もあり、入院して再調整を御願いすることもあります。必要に応じて、ペースメーカー、植え込み型徐細動器、心室再同期療法等を近隣医療施設と協力の上で進めています。近年心不全患者さんに睡眠時無呼吸が高率に合併する事が判明してきました。必要に応じて、酸素治療・陽圧換気療法を進めています。

肺高血圧症

当科では急性の肺高血圧症である肺塞栓症、慢性の肺高血圧症についても治療を進めております。特に慢性肺高血圧症では最新の治験に基づいた薬物療法を行なっています。(エボプロステノール等、経静脈薬物投与については他大学へ紹介しています)。この病気は膠原病に合併する事が多いため、当科では膠原病科と緊密な連携を取り、早期診断・治療を心がけています。

その他

虚血性心疾患の二次予防に有効な薬物治療を進めています。糖尿病、高脂血症、高血圧症、腎臓病等は心血管病の原因となる為、必要に応じて他の内科診療科と連携を取り治療を行なっています。二次性高血圧症(特に原発性アルドステロン症)の診断・治療も進めています。

在宅人工呼吸療法

心不全の患者さんは、しばしば睡眠時無呼吸を合併します。このような患者さんに睡眠中の呼吸モニターおよび在宅人工呼吸療法を行っております。

外来患者数 約20,000名/年(循環器内科)
入院患者数 約600名/年(循環器内科)
病床数 29床(循環器内科)
心臓カテーテル検査 426名(平成23年度)
PCI 134名(平成23年度)
アブレーション 110名(平成19年度)
0名/年(平成20~22年度)
9名(平成23年度)
平成23年度より再開
心筋生検 17名(平成23年度)
PAGE TOP
防衛医科大学校