診療科・部門Department

泌尿器科

  • 診療部長淺野 友彦
  • 常勤医師瀬口 健至
  • 常勤医師伊藤 敬一
  • 常勤医師堀口 明男
  • 常勤医師朝隈 純一
  • 常勤医師佐藤 全伯
  • 常勤医師黒田 健司
  • 常勤医師田崎 新資

泌尿器科は、新生児から超高齢者まで男女を問わずすべての年齢層を対象としています。そのなかで取り扱う疾患は、泌尿生殖器系悪性腫瘍、前立腺肥大症、神経因性膀胱、尿失禁、男性不妊とアンドロロジー、男性性機能障害、小児泌尿器疾患、副腎などの内分泌疾患、尿路結石症、尿路感染症、急性・慢性腎機能障害(腎不全)など多岐に渡っています。診療内容は卒後研修をおこなう関連施設とほぼ同じですが、大学病院の立場から保険診療を一歩越えた先進医療もすすめています。

尿路生殖器系疾患に対する腹腔鏡手術

泌尿器科領域でも、開放性手術に代わって腹腔鏡手術が普及しつつあります。当科では、副腎摘除術、腎摘除術、前立腺摘除術に加えて、腎盂形成術、腎盂尿管切石術など、鏡視下手術の長所を生かした治療を行っています。

膀胱癌や腎癌に対する縮小手術

臓器温存手術や自排尿型人工膀胱造設など患者さんの生活の質(QOL)を考慮した手術を進めています。

進行性前立腺癌、膀胱癌、腎盂尿管癌に対する新規化学療法

当科では、新規抗癌薬を用いて、従来の化学療法とは異なる副作用の少ない新規化学療法を行っております。

慢性腎不全に対する透析管理・腎移植

慢性腎不全に対する透析・移植治療に取り組んでおります。当科では血液透析と腹膜透析の両者への対応が可能です。また、生体腎移植も積極的に行っております。

小さな腎腫瘍(癌)、転移性腫瘍に対するラジオ波焼灼術

小さな腎癌に対してより侵襲の少ない治療法としてラジオ波焼灼術(Radio Frequency Ablation:RFA)を行っております。腹腔鏡手術ないしは経皮的アプローチの2種類の方法で行い、腎機能の保持に努めています。また、癌の再発部位が比較的限定された部位(肺、骨、肝臓など)に存在する場合には、経皮的RFAによって進展を抑制することも試みております。

尿道狭窄症に対する尿道形成手術

尿道狭窄症は外傷や炎症の後遺症によって尿道の内腔が狭くなり、尿が出にくくなる疾患です。軽度の尿道狭窄症では内視鏡を用いて狭いところを切開する内尿道切開術を行いますが、手術後に再狭窄することが多いのが現状です。再狭窄してしまった場合や、狭窄が長く内尿道切開術ができない場合は、狭くなった尿道を作り直す尿道形成手術が必要になります。狭くなった尿道が長い場合には尿道の代用として、頬の粘膜(口腔粘膜)を利用した尿道形成術が欧米で標準的な治療法となっておりますが、日本ではほとんど行われておりません。当施設では形成外科と協力し、いち早く口腔粘膜を利用した尿道形成手術を導入しました。これまでに13人の難治性尿道狭窄症の患者さんに治療を行い、良好な結果を得ております(治療実績は国内最多です)。この治療は通常の尿道形成手術と同様に保険適応が認められている治療法です。もちろん、口腔粘膜を利用しないで形成できる短い尿道狭窄症の手術も行っております。尿道狭窄症と診断され、お悩みの方はお気軽にご相談ください(担当医:堀口明男、毎週木曜日、金曜日)。治療の詳細については堀口明男のホームページをご参照ください。

診療受付時間について

  • 受付時間 08:30~11:00
  • 診療時間 08:30~17:00
  • 休診日 土曜、日曜、休日
  • 面会時間 13:00~20:00
外来担当医表 アクセスマップ
PAGE TOP
防衛医科大学校