診療科・部門Department

放射線科

  • 新本 弘
    教授新本 弘
    • 職位教授
    • 専門分野腹部放射線診断学
    • 研究領域拡散MRI
    • 資格等
      • 放射線診断専門医
      • 日本医学放射線学会評議員
      • 日本磁気共鳴学会代議員
      • 日本腹部放射線学会評議員
      • 厚生労働省認定臨床研修指導医
  • 講師岩崎 善衛
    • 職位講師
    • 専門分野画像診断全般
    • 資格等
      • 放射線診断専門医
  • 講師林 克己
    • 職位講師
    • 専門分野放射線治療全般
      心臓核医学
      循環器画像診断
    • 研究領域心臓MRI
      放射線治療
    • 資格等
      • 放射線治療専門医
      • 核医学専門医
      • 循環器専門医
      • がん治療認定医
  • 講師曽我 茂義
    • 職位講師
    • 専門分野IVR(画像下治療)
      腹部画像診断
      血管画像診断
    • 研究領域超高分解能MRI/CTによる微細構造の可視化
      新たな画像技術を用いたIVR
      リンパ管イメージング
    • 資格等
      • 日本IVR学会専門医
      • 日本IVR学会代議員
      • 放射線診断専門医
      • PET核医学認定医
  • 助教金田 朋也
    • 職位助教
    • 専門分野放射線治療全般
    • 研究領域前立腺癌
    • 資格等
      • 放射線治療専門医
      • がん治療認定医
  • 助教須山 陽介
    • 職位助教
    • 専門分野画像診断全般
      IVR(画像下治療)
    • 研究領域T1rhoシークエンスによる肝線維化診断
      運動器カテーテル治療
    • 資格等
      • 放射線診断専門医
      • 日本IVR学会専門医
      • PET核医学認定医
  • 防衛医学講座 助教 (兼 病院放射線科)山田 謙太郎
    • 職位助教
    • 専門分野画像診断全般
      IVR(画像下治療)
    • 研究領域MRI(特に拡散強調画像)
      IVR
    • 資格等
      • 放射線診断専門医
      • 日本IVR学会専門医
      • 腹部大動脈瘤ステントグラフト (EVAR) 実施医
      • 頸動脈ステント (CAS) 実施医
  • 非常勤医師中森 貴俊
    • 職位3等陸佐
    • 専門分野画像診断全般
      IVR(画像下治療)
  • 助教吉川 裕紀
    • 職位助教
    • 専門分野IVR
      腹部画像診断
    • 研究領域新規画像診断機器の開発
  • 常勤医師冨田 浩子
    • 職位研究科
    • 専門分野画像診断全般
    • 資格等
      • 放射線診断専門医
  • 常勤医師濱邊 布美子
    • 職位専門研修医
    • 専門分野画像診断全般
    • 資格等
      • 放射線診断専門医
      • マンモグラフィー読影認定医
  • 常勤医師西田 香織
    • 職位専門研修医
    • 専門分野画像診断全般
    • 資格等
      • 放射線診断専門医
  • 常勤医師村上 和香奈
    • 職位専門研修医
    • 専門分野画像診断全般
    • 研究領域乳腺
  • 常勤医師見越 綾子
    • 職位専門研修医
    • 専門分野画像診断全般
      頭頸部画像診断
    • 資格等
      • 日本医学放射線学会認定医
      • マンモグラフィー読影認定医
  • 常勤医師畑中 勇輝
    • 職位専門研修医
    • 専門分野IVR
      画像診断
  • 常勤医師岡野 孔亮
    • 職位専門研修医
    • 専門分野画像診断 
      IVR

月、火、水、木、金

放射線医学は近年その進歩が著しく、画像診断、放射線治療は臨床医学の中核を担っております。放射線科は中央診療部門の一員として、あらゆる診療科をサポートして、病院の質の向上に貢献していきたいと考えております。
現在の医学においては、画像診断に基いて治療方針が決定されることが多く、全身あらゆる臓器を対象に、より適切な検査方法の選択、より正確なCT、MRI、核医学検査の画像診断を行なうことにより、患者の皆様によりよい医療を提供しております。
また、X線透視やCT、超音波などの画像診断機器を用い、カテーテルや針などを体内や病変部に入れて直接治療するインターベンショナルラジオロジー(IVR: Interventional Radiology)も積極的に行っており、より体に負担の少ない治療を提供しております。
放射線治療部門では、高エネルギーX線を用いて、集学的治療を行っており、体にメスを入れることなく、腫瘍の治療を行っております。
放射線科ではみなさまのご協力のもと、より患者さんに優しい医療を実践していきたいと願っております。

PAGE TOP
防衛医科大学校