病院についてAbout us

院内感染対策

医療関連感染とは

医療関連感染とは、医療と関連して発生する様々な感染症のことをいいます。「院内感染」という言葉が広く知られているとおり、医療の現場では入院患者様をはじめ抵抗力の減弱した方が多く、感染症が発生するリスクが高いといえます。

病院全体での感染対策のとりくみ

医療関連感染を防ぐために、当院には副院長を長とする感染対策委員会が設置されており、感染防止に関する様々な検討がなされています。また、委員会の決定事項を実施するとともに、感染に関する調査、分析、指導などを行なうために感染対策室が設けられています。感染対策室のメンバーは、感染対策チーム(Infection Control Team; ICT)として活動しています。さらに、ICTの下には看護単位ごとのリンクナースが組織され、医療関連感染に関する勉強会や情報交換を行っています。

感染対策室の活動

感染対策室(ICT)

感染対策室の活動を担うICTには、感染症専門医、感染管理認定看護師、感染制御専門薬剤師、感染制御認定臨床微生物検査技師ならびに事務官など多職種の職員が含まれ、主に次のような業務を行ないます。

サーベイランス業務

  • 院内での感染症の発生状況の把握
  • 主要微生物検出状況ならびに耐性化の把握
  • 抗菌薬使用のモニタリングと適正使用の呼びかけ

感染制御の実務

  • 問題となる感染発生時の速やかな調査・対策
  • 現場での感染対策に関するアドバイス
  • 感染対策チェックシートを用いた病棟巡回
  • TDM解析等を通した抗菌薬適正使用の助言と推進

教育・研修活動

  • 感染対策マニュアルの改訂とその普及
  • 職員への教育・研修(新職員オリエンテーション、講演会の開催など)
  • 感染に関する情報収集と発信
  • ワクチン接種支援
  • 針刺し事故対策

医療関連感染を防止するために

医療関連感染を防止するためには、われわれ職員だけでなく、患者の皆様、病院への訪問者の皆様の御理解・御協力も必要です。日頃からの手洗い、せきやクシャミが出るときのマスク着用、風邪などの症状がある方の訪問自粛など、ぜひ御協力お願いいたします。

PAGE TOP
防衛医科大学校